XamlSetMarkupExtensionEventArgs クラス

定義

XAML オブジェクト ライターがマークアップ拡張機能を使用して値を設定するときに呼び出されるコールバックのデータを提供します。Provides data for callbacks that are invoked when a XAML object writer sets a value using a markup extension.

public ref class XamlSetMarkupExtensionEventArgs : System::Windows::Markup::XamlSetValueEventArgs
public class XamlSetMarkupExtensionEventArgs : System.Windows.Markup.XamlSetValueEventArgs
type XamlSetMarkupExtensionEventArgs = class
    inherit XamlSetValueEventArgs
Public Class XamlSetMarkupExtensionEventArgs
Inherits XamlSetValueEventArgs
継承
XamlSetMarkupExtensionEventArgs

注釈

クラスは、マークアップ拡張XamlSetMarkupExtensionAttribute機能を使用して値を設定するすべての試行を処理することを示す場合がありますが、そのために複数のマークアップ拡張機能を使用する場合もあります。Although a class might indicate with XamlSetMarkupExtensionAttribute that it handles all attempts to set a value through a markup extension, it might also use more than one markup extension to do so. したがって、各設定操作は、最終的にサポートコード内の個別のマークアップ拡張機能の実装に解決されます。Thus each set operation ultimately resolves to a separate markup extension implementation in the supporting code. クラスXamlSetMarkupExtensionEventArgsは、試行された各マークアップ拡張機能のセット操作の詳細を報告しますMarkupExtension 。これにより、コールバックがそれぞれのケースに応じて分岐できるようになります。The XamlSetMarkupExtensionEventArgs class reports the specifics of each attempted markup extension set operation so that the callback can branch accordingly for different MarkupExtension cases.

コンストラクター

XamlSetMarkupExtensionEventArgs(XamlMember, MarkupExtension, IServiceProvider)

XamlSetMarkupExtensionEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XamlSetMarkupExtensionEventArgs class.

プロパティ

Handled

XamlSetValueEventArgs を使用している呼び出し元が CallBase() を呼び出さずに値を使用できるかどうかを確認する値を取得または設定します。Gets or sets a value that determines whether a caller that is using the XamlSetValueEventArgs can use the values without having to call CallBase().

(継承元 XamlSetValueEventArgs)
MarkupExtension

この MarkupExtension に関連する XamlSetMarkupExtensionEventArgs の参照を取得します。Gets the MarkupExtension reference that is relevant to this XamlSetMarkupExtensionEventArgs.

Member

設定されているメンバーの XAML 型システムおよび XAML スキーマ情報を取得します。Gets XAML type system and XAML schema information for the member being set.

(継承元 XamlSetValueEventArgs)
ServiceProvider

マークアップ拡張機能に渡されたサービス プロバイダー情報を取得します。Gets service provider information that was passed to the markup extension.

Value

設定されているメンバーに提供する値を取得します。Gets the value to provide for the member being set.

(継承元 XamlSetValueEventArgs)

メソッド

CallBase()

現在機能している型の基本クラスで定義されるコールバックを呼び出す方法を提供します。Provides a way to invoke a callback as defined on a base class of the current acting type.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください