XmlnsDictionary クラス

定義

WPF での XAML 名前空間に対する xmlns のマッピングを格納するディクショナリを表します。Represents a dictionary that contains xmlns mappings for XAML namespaces in WPF.

public ref class XmlnsDictionary : System::Collections::IDictionary, System::Xaml::IXamlNamespaceResolver
public class XmlnsDictionary : System.Collections.IDictionary, System.Xaml.IXamlNamespaceResolver
type XmlnsDictionary = class
    interface IDictionary
    interface ICollection
    interface IEnumerable
    interface IXamlNamespaceResolver
Public Class XmlnsDictionary
Implements IDictionary, IXamlNamespaceResolver
継承
XmlnsDictionary
実装

注釈

XmlnsDictionary XAML 名前空間プレフィックスを完全な XAML 名前空間 URI にマップします。XmlnsDictionary maps XAML namespace prefixes to the complete XAML namespace URI. 一般に、アプリケーションと XAML 名前空間での XAML の使用については、URI は http://を含むスキーマ形式の URI ではありません。For XAML usage in applications and XAML namespaces in general, the URI is often not a schema-style URI that includes http://. 代わりに、CLR 名前空間とアセンブリに対するユーザー定義のマッピングになります。It is instead a user-defined mapping to a CLR namespace and assembly. このアセンブリには、参照されているバッキング型が含まれています。That assembly contains the backing types being referred to. 詳細については、「 WPF xaml の Xaml 名前空間と名前空間のマッピング」を参照してください。For details, see XAML Namespaces and Namespace Mapping for WPF XAML.

XmlnsDictionary は、XAML 名前空間のスコープの概念を追加します。The XmlnsDictionary adds the concept of scope for a XAML namespace. 既定の IDictionary には、プレフィックスキーと XML 名前空間 URI 値を含めることができます。A default IDictionary might contain prefix keys and XML namespace URI values. XmlnsDictionary のスコープの概念は、プレフィックスが再定義される可能性がある XML の概念に似ています。The scope concept in XmlnsDictionary parallels the XML concept that a prefix might be redefined. その場合、再定義は XML の DOM ビュー内でのみ適用されます (前の定義は DOM の上位レベルで適用されます)。If so, the redefinition only applies at that level or below in a DOM view of the XML (the previous definition applies at higher level in the DOM). スコープの概念は、ほとんどの場合 XmlnsDictionary API で抽象化されているので、スコープを気にすることなく LookupNamespace などの Api を呼び出すことができます。The scope concept is mostly abstracted away in the XmlnsDictionary API, such that you can call APIs such as LookupNamespace without being concerned about scope. ただし、XmlnsDictionary では PushScopePopScope が公開されるため、スコープを変更するカスタム ParserContext 実装では、XmlnsDictionaryのスコープと同期できます。However, XmlnsDictionary does expose PushScope and PopScope so that a custom ParserContext implementation that changes scope can synchronize with the scope for the XmlnsDictionary.

コンストラクター

XmlnsDictionary()

XmlnsDictionary クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlnsDictionary class.

XmlnsDictionary(XmlnsDictionary)

指定したディクショナリをコピー元として使用して、XmlnsDictionary クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XmlnsDictionary class by using the specified dictionary as a copy source.

プロパティ

Count

XmlnsDictionary 内の項目の数を取得します。Gets the number of items in the XmlnsDictionary.

IsFixedSize

XmlnsDictionary のサイズが固定されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the size of the XmlnsDictionary is fixed.

IsReadOnly

XmlnsDictionary が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the XmlnsDictionary is read-only.

IsSynchronized

この XmlnsDictionary へのアクセスがスレッド セーフかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether access to this XmlnsDictionary is thread safe.

Item[Object]

指定されたプレフィックスに関連付けられている XAML 名前空間 URI を取得または設定します。Gets or sets the XAML namespace URI associated with the specified prefix.

Item[String]

指定されたプレフィックスに関連付けられている XAML 名前空間 URI を取得または設定します。Gets or sets the XAML namespace URI associated with the specified prefix.

Keys

XmlnsDictionary のすべてのキーのコレクションを取得します。Gets a collection of all the keys in the XmlnsDictionary.

Sealed

XmlnsDictionary がシールされているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the XmlnsDictionary is sealed.

SyncRoot

XmlnsDictionary へのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。Gets an object that can be used to synchronize access to the XmlnsDictionary.

Values

XmlnsDictionary のすべての値のコレクションを取得します。Gets a collection of all the values in the XmlnsDictionary.

メソッド

Add(Object, Object)

この XmlnsDictionary にプレフィックス URI ペアを追加します。Adds a prefix-URI pair to this XmlnsDictionary.

Add(String, String)

この XmlnsDictionary にプレフィックス URI ペアを追加します。Adds a prefix-URI pair to this XmlnsDictionary.

Clear()

この XmlnsDictionary からすべてのエントリを削除します。Removes all entries from this XmlnsDictionary.

Contains(Object)

指定したプレフィックス キーがこの XmlnsDictionary 内に存在するかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether the specified prefix key is in this XmlnsDictionary.

CopyTo(Array, Int32)

指定した配列に、XmlnsDictionary 内のエントリをコピーします。Copies the entries in the XmlnsDictionary to the specified array.

CopyTo(DictionaryEntry[], Int32)

指定した XmlnsDictionary 配列に、DictionaryEntry 内のエントリをコピーします。Copies the entries in the XmlnsDictionary to the specified DictionaryEntry array.

DefaultNamespace()

既定の XAML 名前空間に対応する XAML 名前空間を検索します。Looks up the XAML namespace that corresponds to the default XAML namespace.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetDictionaryEnumerator()

この XmlnsDictionary を反復処理するディクショナリ列挙子を返します。Returns a dictionary enumerator that iterates through this XmlnsDictionary.

GetEnumerator()

この XmlnsDictionary を反復処理する列挙子を返します。Returns an enumerator that iterates through this XmlnsDictionary.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetNamespace(String)

提供されたプレフィックス文字列に対応する XAML 名前空間を取得します。Retrieves a XAML namespace for the provided prefix string.

GetNamespacePrefixes()

アクティブなスキーマ コンテキストで使用できる可能性のあるすべてのプレフィックス-XAML 名前空間のマッピング (NamespaceDeclaration の値) を返します。Returns all possible prefix-XAML namespace mappings (NamespaceDeclaration values) that are available in the active schema context.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
LookupNamespace(String)

指定した XAML 名前空間プレフィックスに対応する XML 名前空間 URI を返します。Returns the XAML namespace URI that corresponds to the specified XML namespace prefix.

LookupPrefix(String)

指定した XAML 名前空間 URI に対応するプレフィックスを返します。Returns the prefix that corresponds to the specified XAML namespace URI.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
PopScope()

XmlnsDictionary のスコープをポップします。Pops the scope of the XmlnsDictionary.

PushScope()

XmlnsDictionary のスコープをプッシュします。Pushes the scope of the XmlnsDictionary.

Remove(Object)

指定されたプレフィックス キーを持つ項目を XmlnsDictionary から削除します。Removes the item with the specified prefix key from the XmlnsDictionary.

Remove(String)

指定されたプレフィックス キーを持つ項目を XmlnsDictionary から削除します。Removes the item with the specified prefix key from the XmlnsDictionary.

Seal()

変更できないようにディクショナリをロックします。Locks the dictionary so that it cannot be changed.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDictionary.GetEnumerator()

このメンバーの詳細については、「GetEnumerator()」をご覧ください。For a description of this member, see GetEnumerator().

IEnumerable.GetEnumerator()

このメンバーの詳細については、「GetEnumerator()」をご覧ください。For a description of this member, see GetEnumerator().

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。Casts the elements of an IEnumerable to the specified type.

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。Filters the elements of an IEnumerable based on a specified type.

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。Enables parallelization of a query.

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。Converts an IEnumerable to an IQueryable.

適用対象

こちらもご覧ください