XmlnsDictionary クラス

定義

WPF での XAML 名前空間に対する xmlns のマッピングを格納するディクショナリを表します。

public ref class XmlnsDictionary : System::Collections::IDictionary
public ref class XmlnsDictionary : System::Collections::IDictionary, System::Xaml::IXamlNamespaceResolver
public class XmlnsDictionary : System.Collections.IDictionary
public class XmlnsDictionary : System.Collections.IDictionary, System.Xaml.IXamlNamespaceResolver
type XmlnsDictionary = class
    interface IDictionary
    interface ICollection
    interface IEnumerable
type XmlnsDictionary = class
    interface IDictionary
    interface ICollection
    interface IEnumerable
    interface IXamlNamespaceResolver
type XmlnsDictionary = class
    interface ICollection
    interface IEnumerable
    interface IDictionary
    interface IXamlNamespaceResolver
Public Class XmlnsDictionary
Implements IDictionary
Public Class XmlnsDictionary
Implements IDictionary, IXamlNamespaceResolver
継承
XmlnsDictionary
実装

注釈

XmlnsDictionary は、XAML 名前空間プレフィックスを完全な XAML 名前空間 URI にマップします。 アプリケーションと XAML 名前空間での XAML の一般的な使用方法の場合、URI は、多くの場合、含まれる http://スキーマ スタイルの URI ではありません。 代わりに、CLR 名前空間とアセンブリへのユーザー定義マッピングです。 そのアセンブリには、参照されるバッキング型が含まれています。 詳細については、「 WPF XAML の XAML 名前空間と名前空間マッピング」を参照してください。

XAML XmlnsDictionary 名前空間のスコープの概念を追加します。 既定値 IDictionary には、プレフィックス キーと XML 名前空間 URI 値が含まれる場合があります。 スコープの概念は、 XmlnsDictionary プレフィックスが再定義される可能性がある XML の概念と並行しています。 その場合、再定義は XML の DOM ビューでそのレベル以下でのみ適用されます (前の定義は DOM の上位レベルで適用されます)。 スコープの概念は主に API で XmlnsDictionary 抽象化されているため、スコープを気にすることなく API を LookupNamespace 呼び出すことができます。 ただし、XmlnsDictionaryスコープPushScopePopScopeを変更XmlnsDictionaryするカスタムParserContext実装が.

コンストラクター

XmlnsDictionary()

XmlnsDictionary クラスの新しいインスタンスを初期化します。

XmlnsDictionary(XmlnsDictionary)

指定したディクショナリをコピー元として使用して、XmlnsDictionary クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Count

XmlnsDictionary 内の項目の数を取得します。

IsFixedSize

XmlnsDictionary のサイズが固定されているかどうかを示す値を取得します。

IsReadOnly

XmlnsDictionary が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

IsSynchronized

この XmlnsDictionary へのアクセスがスレッド セーフかどうかを示す値を取得します。

Item[Object]

指定されたプレフィックスに関連付けられている XAML 名前空間 URI を取得または設定します。

Item[String]

指定されたプレフィックスに関連付けられている XAML 名前空間 URI を取得または設定します。

Keys

XmlnsDictionary のすべてのキーのコレクションを取得します。

Sealed

XmlnsDictionary がシールされているかどうかを示す値を取得します。

SyncRoot

XmlnsDictionary へのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。

Values

XmlnsDictionary のすべての値のコレクションを取得します。

メソッド

Add(Object, Object)

この XmlnsDictionary にプレフィックス URI ペアを追加します。

Add(String, String)

この XmlnsDictionary にプレフィックス URI ペアを追加します。

Clear()

この XmlnsDictionary からすべてのエントリを削除します。

Contains(Object)

指定したプレフィックス キーがこの XmlnsDictionary 内に存在するかどうかを示す値を返します。

CopyTo(Array, Int32)

指定した配列に、XmlnsDictionary 内のエントリをコピーします。

CopyTo(DictionaryEntry[], Int32)

指定した XmlnsDictionary 配列に、DictionaryEntry 内のエントリをコピーします。

DefaultNamespace()

既定の XAML 名前空間に対応する XAML 名前空間を検索します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetDictionaryEnumerator()

この XmlnsDictionary を反復処理するディクショナリ列挙子を返します。

GetEnumerator()

この XmlnsDictionary を反復処理する列挙子を返します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetNamespace(String)

提供されたプレフィックス文字列に対応する XAML 名前空間を取得します。

GetNamespacePrefixes()

アクティブなスキーマ コンテキストで使用できる可能性のあるすべてのプレフィックス-XAML 名前空間のマッピング (NamespaceDeclaration の値) を返します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
LookupNamespace(String)

指定した XAML 名前空間プレフィックスに対応する XML 名前空間 URI を返します。

LookupPrefix(String)

指定した XAML 名前空間 URI に対応するプレフィックスを返します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
PopScope()

XmlnsDictionary のスコープをポップします。

PushScope()

XmlnsDictionary のスコープをプッシュします。

Remove(Object)

指定されたプレフィックス キーを持つ項目を XmlnsDictionary から削除します。

Remove(String)

指定されたプレフィックス キーを持つ項目を XmlnsDictionary から削除します。

Seal()

変更できないようにディクショナリをロックします。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDictionary.GetEnumerator()

このメンバーの詳細については、「GetEnumerator()」をご覧ください。

IEnumerable.GetEnumerator()

このメンバーの詳細については、「GetEnumerator()」をご覧ください。

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

適用対象

こちらもご覧ください