BeginStoryboard クラス

定義

Storyboard を開始して、そのアニメーションを対象となるオブジェクトとプロパティに配布するトリガー アクション。A trigger action that begins a Storyboard and distributes its animations to their targeted objects and properties.

public ref class BeginStoryboard sealed : System::Windows::TriggerAction
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Storyboard")]
[System.Windows.Markup.RuntimeNameProperty("Name")]
public sealed class BeginStoryboard : System.Windows.TriggerAction
type BeginStoryboard = class
    inherit TriggerAction
Public NotInheritable Class BeginStoryboard
Inherits TriggerAction
継承
属性

注釈

EventTrigger または TriggerBeginStoryboard アクションを使用して、アニメーションを対象のプロパティに適用して開始します。Use a BeginStoryboard action with an EventTrigger or a Trigger to apply animations to their target properties and start them. BeginStoryboard は、トリガーされたときに Storyboard 参照に対して Begin を呼び出すことによって、Storyboard を開始します。BeginStoryboard begins a Storyboard by calling Begin on its Storyboard reference when triggered.

既に別の Storyboardによってアニメーション化されているプロパティに対して Storyboard を開始すると、BeginStoryboardHandoffBehavior プロパティによって、アニメーションの進行状況が決まります。When you begin a Storyboard on a property that is already being animated by another Storyboard, the HandoffBehavior property of BeginStoryboard determines how the animation proceeds.

ストーリーボードを対話的に一時停止、再開、停止、または制御するPause, Resume, Stop, or Otherwise Control a Storyboard Interactively

マークアップで宣言された Storyboard を一時停止、再開、または制御できるようにするには、その BeginStoryboardName プロパティを設定する必要があります。To be able to pause, resume, or otherwise control a Storyboard that was declared in markup interactively, you must set the Name property of its BeginStoryboard. その後、ControllableStoryboardAction オブジェクト (PauseStoryboardResumeStoryboardStopStoryboardなど) を使用して、その Nameを参照することによって、Storyboard を制御できます。You can then control the Storyboard by using a ControllableStoryboardAction object (such as PauseStoryboard, ResumeStoryboard, or StopStoryboard) to control it by referencing its Name. BeginStoryboardName が指定されていない場合、開始後に Storyboard を対話的に制御することはできません。If the Name of BeginStoryboard is unspecified, the Storyboard cannot be interactively controlled after it is begun. 詳細については、「方法: イベントトリガーを使用してストーリーボードを制御する」を参照してください。See How to: Use Event Triggers to Control a Storyboard After It Starts for more information.

注意

コードでは、Storyboard クラスの対話型メソッドを使用して、BeginStoryboardを使用して適用された Storyboard を制御できます。In code, you may use the interactive methods of the Storyboard class to control a Storyboard that was applied using a BeginStoryboard. ControllableStoryboardAction オブジェクトを使用する場合と同様に、Storyboard を対話的に制御できるように、BeginStoryboard の名前を指定する必要があります。As is the case when using ControllableStoryboardAction objects, you must give the BeginStoryboard a name for its Storyboard to be interactively controllable.

コンストラクター

BeginStoryboard()

BeginStoryboard クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the BeginStoryboard class.

フィールド

StoryboardProperty

Storyboard 依存関係プロパティを識別します。Identifies the Storyboard dependency property.

プロパティ

DependencyObjectType

このインスタンスの CLRCLR 型をラップする DependencyObjectType を取得します。Gets the DependencyObjectType that wraps the CLRCLR type of this instance.

(継承元 DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。Gets the Dispatcher this DispatcherObject is associated with.

(継承元 DispatcherObject)
HandoffBehavior

このストーリー ボードのアニメーション クロックを開始するための適切なハンドオフ動作を取得または設定します。Gets or sets the proper hand-off behavior to start an animation clock in this storyboard.

IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this instance is currently sealed (read-only).

(継承元 DependencyObject)
Name

BeginStoryboard オブジェクトの名前を取得します。値の設定も可能です。Gets or sets the name of the BeginStoryboard object. BeginStoryboard オブジェクトに名前を付けると、Storyboard を開始後に制御できます。By naming the BeginStoryboard object, the Storyboard can be controlled after it is started.

Storyboard

この Storyboard が開始する BeginStoryboard を取得または設定します。Gets or sets the Storyboard that this BeginStoryboard starts.

メソッド

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。Determines whether the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。Clears the local value of a property. クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。The property to be cleared is specified by a DependencyProperty identifier.

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。Clears the local value of a read-only property. 消去するプロパティは、 DependencyPropertyKeyで指定します。The property to be cleared is specified by a DependencyPropertyKey.

(継承元 DependencyObject)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。Coerces the value of the specified dependency property. これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。This is accomplished by invoking any CoerceValueCallback function specified in property metadata for the dependency property as it exists on the calling DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。Determines whether a provided DependencyObject is equivalent to the current DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。Gets a hash code for this DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。Creates a specialized enumerator for determining which dependency properties have locally set values on this DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。Returns the current effective value of a dependency property on this instance of a DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。Re-evaluates the effective value for the specified dependency property.

(継承元 DependencyObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この DependencyObject の依存関係プロパティの有効値が更新されると、そのたびに呼び出されます。Invoked whenever the effective value of any dependency property on this DependencyObject has been updated. 変更された特定の依存関係プロパティは、イベント データで報告されます。The specific dependency property that changed is reported in the event data.

(継承元 DependencyObject)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。Returns the local value of a dependency property, if it exists.

(継承元 DependencyObject)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。Sets the value of a dependency property without changing its value source.

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a dependency property, specified by its dependency property identifier.

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a read-only dependency property, specified by the DependencyPropertyKey identifier of the dependency property.

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether serialization processes should serialize the value for the provided dependency property.

(継承元 DependencyObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。Enforces that the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)

適用対象

こちらもご覧ください