ClockController クラス

定義

Clock を対話的に制御します。

public ref class ClockController sealed : System::Windows::Threading::DispatcherObject
public sealed class ClockController : System.Windows.Threading.DispatcherObject
type ClockController = class
    inherit DispatcherObject
Public NotInheritable Class ClockController
Inherits DispatcherObject
継承
ClockController

注釈

を使用すると、を ClockController 対話的に開始、一時停止、再開、シーク、スキップ、停止、および削除 Clock できます。 ルートレベルのクロックを対話的に制御することはできません。

プロパティ

Clock

この Clock によって制御される ClockController を取得します。

Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
SpeedRatio

対象の Clock の対話速度を取得または設定します。

メソッド

Begin()

対象の Clock を次のタイマー刻みで開始するように設定します。

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Pause()

ターゲットの Clock の進行を停止します。

Remove()

この Clock に関連付けられた ClockController を、アニメーション化するプロパティから削除します。 クロックとその子クロックは、これらのプロパティに対して影響を及ぼさなくなります。

Resume()

一時停止されている Clock を有効にして、進行を再開します。

Seek(TimeSpan, TimeSeekOrigin)

次のティックが発生した時点で、ターゲット Clock を指定された量だけシークします。 対象のクロックが停止している場合は、このシークによって再びアクティブになります。

SeekAlignedToLastTick(TimeSpan, TimeSeekOrigin)

対象の Clock を指定した量だけ直ちにシークします。 対象のクロックが停止している場合は、このシークによって再びアクティブになります。

SkipToFill()

ターゲット Clock の現在の時間をそのアクティブ期間の最後まで進めます。

Stop()

ターゲットの Clock を停止します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)

適用対象

こちらもご覧ください