MatrixKeyFrameCollection.GetEnumerator MatrixKeyFrameCollection.GetEnumerator MatrixKeyFrameCollection.GetEnumerator MatrixKeyFrameCollection.GetEnumerator Method

定義

このコレクションを反復処理できる列挙子を返します。Returns an enumerator that can iterate through the collection.

public:
 virtual System::Collections::IEnumerator ^ GetEnumerator();
public System.Collections.IEnumerator GetEnumerator ();
abstract member GetEnumerator : unit -> System.Collections.IEnumerator
override this.GetEnumerator : unit -> System.Collections.IEnumerator
Public Function GetEnumerator () As IEnumerator

戻り値

コレクションを反復処理できる IEnumeratorAn IEnumerator that can iterate through the collection.

実装

注釈

列挙子は、コレクション内のデータの読み取りのみ許可します。Enumerators only allow reading the data in the collection. 列挙子を使用して、基になるコレクションを変更することはできません。Enumerators cannot be used to modify the underlying collection.

最初に、列挙子は、コレクションの最初の項目の前に配置されます。Initially, the enumerator is positioned before the first item in the collection. Reset を実行した場合も、列挙子はこの位置に戻されます。Reset also brings the enumerator back to this position. この位置で、呼び出すCurrent例外をスローします。At this position, calling Current throws an exception. そのため、呼び出す必要があるMoveNextの値を読み取る前に、コレクションの最初の項目に、列挙子を進めるCurrentします。Therefore, you must call MoveNext to advance the enumerator to the first item of the collection before reading the value of Current.

Current は、MoveNext または Reset が呼び出されるまでは同じオブジェクトを返します。Current returns the same object until either MoveNext or Reset is called. MoveNext 設定Current次の項目にします。MoveNext sets Current to the next item.

列挙子は、コレクションの最後の項目の後ろに配置し、呼び出し元のコレクションの末尾が渡されると、MoveNext返しますfalseします。After the end of the collection is passed, the enumerator is positioned after the last item in the collection, and calling MoveNext returns false. 最後の呼び出し場合MoveNext返されるfalseを呼び出すと、Current例外をスローします。If the last call to MoveNext returned false, calling Current throws an exception. 設定するCurrent再度、コレクションの最初の項目を呼び出すことができますReset続けてMoveNextします。To set Current to the first item of the collection again, you can call Reset followed by MoveNext.

コレクションが変更されない限り、列挙子は有効です。An enumerator remains valid as long as the collection remains unchanged. など、追加、変更、または項目を削除、列挙子は回復不可能と次の呼び出しの場合は、コレクションには、変更が加えられた、MoveNextまたはResetスロー、InvalidOperationExceptionします。If changes are made to the collection, such as adding, modifying or deleting items, the enumerator is irrecoverably invalidated and the next call to MoveNext or Reset throws an InvalidOperationException. 間に、コレクションが変更された場合MoveNextCurrentCurrentは列挙子が既に無効になった場合でもに設定されている項目を返します。If the collection is modified between MoveNext and Current, Current will return the item that it is set to, even if the enumerator is already invalidated.

列挙子にはコレクションへの排他アクセス権限はないため、コレクションの列挙処理は本質的にスレッド セーフな処理ではありません。The enumerator does not have exclusive access to the collection; therefore, enumerating through a collection is intrinsically not a thread-safe procedure. コレクションが同期されている場合でも、他のスレッドがコレクションを変更するが例外をスローする列挙子。Even when a collection is synchronized, other threads could still modify the collection, which causes the enumerator to throw an exception. 列挙処理を確実にスレッド セーフに行うには、列挙中にコレクションをロックするか、他のスレッドによって行われた変更によってスローされる例外をキャッチします。To guarantee thread safety during enumeration, you can either lock the collection during the entire enumeration or catch the exceptions resulting from changes made by other threads.

適用対象