SetStoryboardSpeedRatio クラス

定義

Storyboard の速度を変更するトリガー アクション。A trigger action that changes the speed of a Storyboard.

public ref class SetStoryboardSpeedRatio sealed : System::Windows::Media::Animation::ControllableStoryboardAction
public sealed class SetStoryboardSpeedRatio : System.Windows.Media.Animation.ControllableStoryboardAction
type SetStoryboardSpeedRatio = class
    inherit ControllableStoryboardAction
Public NotInheritable Class SetStoryboardSpeedRatio
Inherits ControllableStoryboardAction
継承

注釈

EventTrigger または TriggerSetStoryboardSpeedRatio アクションを使用して、ストーリーボードの速度比率を対話的に制御します。Use a SetStoryboardSpeedRatio action with an EventTrigger or a Trigger to interactively control a storyboard's speed ratio.

SetStoryboardSpeedRatioSpeedRatio プロパティを使用して、古いアニメーション速度の比率として新しい Storyboard アニメーション速度を指定します。Use the SpeedRatio property of SetStoryboardSpeedRatio to specify a new Storyboard animation speed as a ratio of the old animation speed. たとえば、SpeedRatio を2に設定した場合、Storyboard アニメーションの速度が2倍になります。また、0.5 の値を設定した場合は、速度が50% 低下します。For example, if you set the SpeedRatio to 2, you double the speed of the Storyboard animations and if you set a value of 0.5, you reduce the speed by 50 percent.

このオブジェクトは、Storyboard が開始された後、いつでも Storyboard に影響します。This object affects the Storyboard at anytime after the Storyboard begins. たとえば、Storyboard を一時停止し、SetStoryboardSpeedRatioを使用した場合、Storyboardを再開すると、新しい速度比率が使用されます。For example, if you pause the Storyboard and use the SetStoryboardSpeedRatio, when you resume the Storyboard, it uses the new speed ratio.

PauseStoryboardStoryboard を直接制御しません。PauseStoryboard does not control a Storyboard directly. 代わりに、PauseStoryboard は、Storyboardを制御する BeginStoryboardName を参照する必要があります。Rather, PauseStoryboard must reference the Name of the BeginStoryboard, which controls the Storyboard.

ストーリーボードを対話的に一時停止、再開、停止、または制御するPause, Resume, Stop, or Otherwise Control a Storyboard Interactively

Storyboard を対話的に一時停止、再開、または制御できるようにするには、その BeginStoryboardName プロパティを設定し、ControllableStoryboardAction オブジェクト (PauseStoryboardResumeStoryboardStopStoryboardなど) を使用して、その Nameを参照して制御します。To be able to pause, resume, or otherwise control a Storyboard interactively, set the Name property of its BeginStoryboard and use a ControllableStoryboardAction object (such as PauseStoryboard, ResumeStoryboard, or StopStoryboard) to control it by referencing its Name. BeginStoryboardName が指定されていない場合、開始後に Storyboard を対話的に制御することはできません。If the Name of BeginStoryboard is unspecified, the Storyboard cannot be interactively controlled after it is begun. 詳細については、「方法: イベントトリガーを使用してストーリーボードを制御する」を参照してください。See How to: Use Event Triggers to Control a Storyboard After It Starts for more information.

コンストラクター

SetStoryboardSpeedRatio()

SetStoryboardSpeedRatio クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SetStoryboardSpeedRatio class.

プロパティ

BeginStoryboardName

対話的に制御する Storyboard を開始した BeginStoryboardName を取得または設定します。Gets or sets the Name of the BeginStoryboard that began the Storyboard you want to interactively control.

(継承元 ControllableStoryboardAction)
DependencyObjectType

このインスタンスの CLRCLR 型をラップする DependencyObjectType を取得します。Gets the DependencyObjectType that wraps the CLRCLR type of this instance.

(継承元 DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。Gets the Dispatcher this DispatcherObject is associated with.

(継承元 DispatcherObject)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this instance is currently sealed (read-only).

(継承元 DependencyObject)
SpeedRatio

Storyboard の新しいアニメーション速度を古いアニメーション速度に対する比率で取得または設定します。Gets or sets a new Storyboard animation speed as a ratio of the old animation speed.

メソッド

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。Determines whether the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。Clears the local value of a property. クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。The property to be cleared is specified by a DependencyProperty identifier.

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。Clears the local value of a read-only property. 消去するプロパティは、 DependencyPropertyKeyで指定します。The property to be cleared is specified by a DependencyPropertyKey.

(継承元 DependencyObject)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。Coerces the value of the specified dependency property. これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。This is accomplished by invoking any CoerceValueCallback function specified in property metadata for the dependency property as it exists on the calling DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。Determines whether a provided DependencyObject is equivalent to the current DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。Gets a hash code for this DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。Creates a specialized enumerator for determining which dependency properties have locally set values on this DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。Returns the current effective value of a dependency property on this instance of a DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。Re-evaluates the effective value for the specified dependency property.

(継承元 DependencyObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この DependencyObject の依存関係プロパティの有効値が更新されると、そのたびに呼び出されます。Invoked whenever the effective value of any dependency property on this DependencyObject has been updated. 変更された特定の依存関係プロパティは、イベント データで報告されます。The specific dependency property that changed is reported in the event data.

(継承元 DependencyObject)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。Returns the local value of a dependency property, if it exists.

(継承元 DependencyObject)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。Sets the value of a dependency property without changing its value source.

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a dependency property, specified by its dependency property identifier.

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a read-only dependency property, specified by the DependencyPropertyKey identifier of the dependency property.

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether serialization processes should serialize the value for the provided dependency property.

(継承元 DependencyObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。Enforces that the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)

適用対象

こちらもご覧ください