Storyboard.TargetName Storyboard.TargetName Storyboard.TargetName Attached Property

定義

アニメーション化するオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the object to animate. オブジェクトは FrameworkElementFrameworkContentElement、または Freezable である必要があります。The object must be a FrameworkElement, FrameworkContentElement, or Freezable.

see GetTargetName, and SetTargetName
see GetTargetName, and SetTargetName
see GetTargetName, and SetTargetName

注釈

このプロパティの設定は省略可能です。Setting this property is optional. TargetNameが指定されていない場合、ストーリーボードのアニメーションは次のいずれかに適用されます。If the TargetName is not specified, a storyboard's animations are applied to one of the following:

  • アニメーションが属するストーリーボードがをBeginStoryboard使用して開始された場合、ストーリーボードをトリガーするBeginStoryboardアクションを所有する要素が対象となります。If the storyboard to which the animation belongs was started using a BeginStoryboard, the element that owns the BeginStoryboard action that triggers the storyboard is targeted.

  • ストーリーボードがBeginメソッドFrameworkElementを使用して開始されFrameworkContentElementた場合は、 Beginメソッドを使用してストーリーボードを開始したときに指定されたまたはが対象になります。If the storyboard was started using the Begin method, the FrameworkElement or FrameworkContentElement specified when the storyboard was started with the Begin method is targeted.

このプロパティが子を持つタイムラインに設定されている場合、子タイムラインはTargetName 、自身を指定しない限り、親を "継承" します。When this property is set on a timeline with children, those child timelines "inherit" the parent's TargetName unless they specify their own.

オブジェクトの Targetable を作成するMaking an Object Targetable

を使用XAMLXAMLする場合は、次の2つの操作のいずれかを実行して、オブジェクトの不要をストーリーボードで作成します。When using XAMLXAML, you perform one of the following two actions to make an object targetable by a storyboard:

コードを使用する場合は、 RegisterNameメソッドを使用してオブジェクトに名前を割り当てることによって、オブジェクトの不要を作成します。When using code, you make an object targetable by using the RegisterName method to assign the object a name.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field TargetNameProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象