Timeline.FillBehavior プロパティ

定義

アクティブ期間の終わりに達した後の Timeline の動作を指定する値を取得または設定します。

public:
 property System::Windows::Media::Animation::FillBehavior FillBehavior { System::Windows::Media::Animation::FillBehavior get(); void set(System::Windows::Media::Animation::FillBehavior value); };
public System.Windows.Media.Animation.FillBehavior FillBehavior { get; set; }
member this.FillBehavior : System.Windows.Media.Animation.FillBehavior with get, set
Public Property FillBehavior As FillBehavior

プロパティ値

FillBehavior

アクティブ期間の終わりに達した後 (ただし親はアクティブ期間内または保留期間内にある) のタイムラインの動作を指定する値。 既定値は HoldEnd です。

注釈

FillBehavior HoldEnd アニメーションがアクティブな期間の終わりに達した後に値を保持する場合は、アニメーションのプロパティをに設定します。 の設定がであるアクティブな期間の最後に達したアニメーション FillBehavior は、 HoldEnd その塗りつぶし期間に含まれていると言います。 アクティブな期間の終わりに達した後にアニメーションがその値を保持しないようにするには、その値を設定します。

FillBehavior プロパティをに Stop します。

塗りつぶし期間のアニメーションは引き続きターゲットプロパティの値をオーバーライドするので、他の方法でターゲットプロパティの値を設定しようとすると、効果がないように見えることがあります。 アニメーション化した後にプロパティ値を設定する方法を示す例については、「 方法: ストーリーボードを使用してアニメーション化した後にプロパティを設定する」を参照してください。

子タイムラインは、親タイムラインが停止したときに再生と塗りつぶしを停止します。子タイムラインを設定する場合は、その親タイムラインのがのであることを確認し FillBehavior HoldEnd ます。

依存プロパティ情報

識別子フィールド FillBehaviorProperty
メタデータプロパティがに設定される true なし

適用対象