Timeline クラス

定義

時間のセグメントを定義します。Defines a segment of time.

public ref class Timeline abstract : System::Windows::Media::Animation::Animatable
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None, Readability=System.Windows.Readability.Unreadable)]
[System.Windows.Markup.RuntimeNameProperty("Name")]
public abstract class Timeline : System.Windows.Media.Animation.Animatable
type Timeline = class
    inherit Animatable
Public MustInherit Class Timeline
Inherits Animatable
継承
派生
属性

注釈

タイムラインは、時間のセグメントを表します。A timeline represents a segment of time. 用意されているプロパティを使用して、そのセグメントの長さ、開始時間、繰り返し回数、時間の進行の速度などを指定できます。It provides properties that enable you to specify the length of that segment, when it should start, how many times it will repeat, how fast time progresses in that segment, and more.

Timeline クラスを継承するクラスには、アニメーションやメディアの再生などの追加機能が用意されています。Classes that inherit from the timeline class provide additional functionality, such as animation and media playback. 次に、さまざまな種類の特殊なタイムラインの使用例を示します。The following are examples of some of the different types of specialized timelines available.

  • アニメーション:AnimationTimelineは、出力値を生成するタイムラインの一種です。Animations: An AnimationTimeline is a type of timeline that produces output values. アニメーションをプロパティに関連付けると、アニメーションは再生時にプロパティの値を更新し、それによって "アニメーション化" されます。When you associate an animation with a property, the animation updates the property's value as it plays, thereby "animating" it. アニメーションの概要については、「アニメーションの概要」を参照してください。For an introduction to animations, see Animation Overview. アニメーションを適用するさまざまな方法の詳細については、「プロパティアニメーションの手法の概要」を参照してください。For information about the different ways to apply animations, see the Property Animation Techniques Overview.

  • Medimライン:MediaTimelineは、メディアファイルの再生を制御するタイムラインの一種です。MediaTimelines: A MediaTimeline is a type of timeline that controls the playback of a media file.

  • Paralleltimelines ライン:はParallelTimeline 、他のタイムラインをグループ化するタイムラインの一種です。ParallelTimelines: A ParallelTimeline is a type of timeline that groups other timelines.

  • ストーリーボード:は、それに含まれるParallelTimelineタイムラインのオブジェクトとプロパティのターゲット情報を提供するの特殊な型です。 StoryboardStoryboards: A Storyboard is a special type of ParallelTimeline that provides object and property targeting information for the timelines it contains. Storyboardオブジェクトの詳細については、「ストーリーボードの概要」を参照してください。For more information about Storyboard objects, see the Storyboards Overview.

タイムラインの使用方法の詳細については、「アニメーションの概要」を参照してください。For more information about using timelines, see the Animation Overview. タイムラインのタイミング機能の概要については、「タイミング動作の概要」を参照してください。For an introduction to the timing features of timelines, see the Timing Behaviors Overview.

データバインディングとアニメーション化のタイムラインData Binding and Animating Timelines

ほとんどのタイムラインプロパティは、データのバインドまたはアニメーション化が可能です。ただし、タイミングシステムの動作により、データバインドまたはアニメーション化されたタイムラインは、他のデータバインドオブジェクトやアニメーションオブジェクトと同様に動作しません。Most timeline properties can be data bound or animated; however, because of the way the timing system works, data bound or animated timelines do not behave like other data bound or animated objects. その動作を理解するために、タイムラインをアクティブ化する意味を理解することができます。To understand their behavior, it helps to understand what it means to activate a timeline.

タイムラインが適用されると、タイムラインとその子タイムラインからコピーが作成されます。When a timeline is applied, copies are made of the timeline and its child timelines. これらのコピーは固定され (読み取り専用にClockなり)、オブジェクトからオブジェクトが作成されます。These copies are frozen (made read-only) and Clock objects are created from them. これは、ターゲットプロパティをアニメーション化する実際の作業を行うクロックです。It's these clocks that do the actual work of animating the targeted properties. タイムラインがデータバインドまたはアニメーション化されている場合、そのクロックの作成時に現在の値のスナップショットが作成されます。If a timeline was data bound or animated, a snapshot of its current values was made when its clock was created. 元のタイムラインは引き続き変更される可能性がありますが、クロックは変わりません。Even though the original timeline might continue to change, its clock does not.

タイムラインでデータバインディングまたはアニメーションの変更を反映するには、そのクロックを再生成する必要があります。For a timeline to reflect data binding or animation changes, its clock must be regenerated. クロックは、自動的には再生成されません。Clocks are not regenerated for you automatically. タイムラインの変更を適用するいくつかの方法を次に示します。The following are several ways to apply timeline changes:

  • タイムラインがまたはにStoryboard属している場合は、 BeginStoryboardまたBeginはメソッドを使用してストーリーボードを再適用することで、変更を反映させることができます。If the timeline is or belongs to a Storyboard, you can make it reflect changes by reapplying its storyboard using a BeginStoryboard or the Begin method. これには、アニメーションが再起動されるという副作用があります。This has the side effect of also restarting the animation. コードでは、 Seekメソッドを使用して、ストーリーボードを前の位置に進めることができます。In code, you can use the Seek method to advance the storyboard back to its previous position.

  • BeginAnimationメソッドを使用してプロパティにアニメーションを直接適用した場合はBeginAnimation 、メソッドを再度呼び出し、変更されたアニメーションを渡します。If you applied an animation directly to a property using the BeginAnimation method, call the BeginAnimation method again and pass it the animation that's been modified.

  • クロック レベルで直接操作している場合は、新しいクロック セットを作成して適用し、それらを使って、生成されたクロックの以前のセットを置換します。If you are working directly at the clock level, create and apply a new set of clocks and use them to replace the previous set of generated clocks.

データバインドされたアニメーションの例については、「キースプラインアニメーションのサンプル」を参照してください。For an example of a data bound animation, see the Key Spline Animation Sample .

タイムラインをタイマーとして使用するUsing a Timeline as a Timer

タイムラインのクロックは、関連付けられているイベントハンドラーがある場合、または ( AnimationClockオブジェクトの場合) プロパティに関連付けられている場合にのみ実行されます。A timeline's clock will only progress when there's an event handler associated with it or (in the case of an AnimationClock object) it is associated with a property. そのため、をTimelineタイマーとして使用することはお勧めしません。For this reason (and others), it's not recommended that you use a Timeline as a timer.

コンストラクター

Timeline()

Timeline クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Timeline class.

Timeline(Nullable<TimeSpan>)

Timeline を指定して、BeginTime クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Timeline class with the specified BeginTime.

Timeline(Nullable<TimeSpan>, Duration)

指定された TimelineBeginTime を使用して、Duration クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Timeline class with the specified BeginTime and Duration.

Timeline(Nullable<TimeSpan>, Duration, RepeatBehavior)

指定した TimelineBeginTime、および Duration を使用して、RepeatBehavior クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Timeline class with the specified BeginTime, Duration, and RepeatBehavior.

フィールド

AccelerationRatioProperty

AccelerationRatio 依存関係プロパティを識別します。Identifies the AccelerationRatio dependency property.

AutoReverseProperty

AutoReverse 依存関係プロパティを識別します。Identifies the AutoReverse dependency property.

BeginTimeProperty

BeginTime 依存関係プロパティを識別します。Identifies the BeginTime dependency property.

DecelerationRatioProperty

DecelerationRatio 依存関係プロパティを識別します。Identifies for the DecelerationRatio dependency property.

DesiredFrameRateProperty

DesiredFrameRate 添付プロパティを識別します。Identifies the DesiredFrameRate attached property.

DurationProperty

Duration 依存関係プロパティを識別します。Identifies the Duration dependency property.

FillBehaviorProperty

FillBehavior 依存関係プロパティを識別します。Identifies the FillBehavior dependency property.

NameProperty

Name 依存関係プロパティを識別します。Identifies the Name dependency property.

RepeatBehaviorProperty

RepeatBehavior 依存関係プロパティを識別します。Identifies the RepeatBehavior dependency property.

SpeedRatioProperty

SpeedRatio 依存関係プロパティを識別します。Identifies for the SpeedRatio dependency property.

プロパティ

AccelerationRatio

時間の経過を 0 から最大速度に加速する場合に、費やされるタイムラインの Duration の比率を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value specifying the percentage of the timeline's Duration spent accelerating the passage of time from zero to its maximum rate.

AutoReverse

順方向の反復の完了後にタイムラインを逆方向に再生するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the timeline plays in reverse after it completes a forward iteration.

BeginTime

この Timeline を開始する時間を取得または設定します。Gets or sets the time at which this Timeline should begin.

CanFreeze

オブジェクトを変更不可能にできるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the object can be made unmodifiable.

(継承元 Freezable)
DecelerationRatio

時間の経過を最大速度から 0 に減速する場合に費やされるタイムラインの Duration の比率を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value specifying the percentage of the timeline's Duration spent decelerating the passage of time from its maximum rate to zero.

DependencyObjectType

このインスタンスの CLRCLR 型をラップする DependencyObjectType を取得します。Gets the DependencyObjectType that wraps the CLRCLR type of this instance.

(継承元 DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。Gets the Dispatcher this DispatcherObject is associated with.

(継承元 DispatcherObject)
Duration

繰り返しをカウントせずに、このタイムラインの再生に要する時間を取得または設定します。Gets or sets the length of time for which this timeline plays, not counting repetitions.

FillBehavior

アクティブな期間の末尾に到達した後の Timeline の動作を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies how the Timeline behaves after it reaches the end of its active period.

HasAnimatedProperties

1 つ以上の AnimationClock オブジェクトが、このオブジェクトの任意の依存関係プロパティに関連付けられているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets a value that indicates whether one or more AnimationClock objects is associated with any of this object's dependency properties.

(継承元 Animatable)
IsFrozen

オブジェクトが変更可能かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the object is currently modifiable.

(継承元 Freezable)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this instance is currently sealed (read-only).

(継承元 DependencyObject)
Name

この Timeline の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of this Timeline.

RepeatBehavior

このタイムラインの繰り返し動作を取得または設定します。Gets or sets the repeating behavior of this timeline.

SpeedRatio

この Timeline の時間の進行の速度 (親に対する相対的な速度) を取得または設定します。Gets or sets the rate, relative to its parent, at which time progresses for this Timeline.

添付プロパティ

DesiredFrameRate

このタイムラインとその子タイムラインの目的のフレーム レートを取得または設定します。Gets or sets the desired frame rate for this timeline and its child timelines.

メソッド

AllocateClock()

この ClockTimeline を作成します。Creates a Clock for this Timeline.

ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。Applies an AnimationClock to the specified DependencyProperty. プロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。If the property is already animated, the SnapshotAndReplace handoff behavior is used.

(継承元 Animatable)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。Applies an AnimationClock to the specified DependencyProperty. プロパティが既にアニメーション化されている場合は、指定した HandoffBehavior が使用されます。If the property is already animated, the specified HandoffBehavior is used.

(継承元 Animatable)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。Applies an animation to the specified DependencyProperty. アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。The animation is started when the next frame is rendered. 指定されたプロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。If the specified property is already animated, the SnapshotAndReplace handoff behavior is used.

(継承元 Animatable)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。Applies an animation to the specified DependencyProperty. アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。The animation is started when the next frame is rendered. 指定したプロパティが既にアニメーション化されている場合は、指定した HandoffBehavior が使用されます。If the specified property is already animated, the specified HandoffBehavior is used.

(継承元 Animatable)
CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。Determines whether the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。Clears the local value of a property. クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。The property to be cleared is specified by a DependencyProperty identifier.

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。Clears the local value of a read-only property. 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。The property to be cleared is specified by a DependencyPropertyKey.

(継承元 DependencyObject)
Clone()

この Timeline の変更可能な複製を作成し、このオブジェクトの値の詳細コピーを作成します。Creates a modifiable clone of this Timeline, making deep copies of this object's values.

CloneCore(Freezable)

基本 (アニメーション化されていない) プロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の複製 (詳細コピー) にします。Makes the instance a clone (deep copy) of the specified Freezable using base (non-animated) property values.

(継承元 Freezable)
CloneCurrentValue()

この Timeline オブジェクトの変更可能な複製を作成し、このオブジェクトの現在値の詳細コピーを作成します。Creates a modifiable clone of this Timeline object, making deep copies of this object's current values.

CloneCurrentValueCore(Freezable)

現在のプロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の変更可能な複製 (詳細コピー) にします。Makes the instance a modifiable clone (deep copy) of the specified Freezable using current property values.

(継承元 Freezable)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。Coerces the value of the specified dependency property. これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。This is accomplished by invoking any CoerceValueCallback function specified in property metadata for the dependency property as it exists on the calling DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
CreateClock()

この Clock から新しい制御可能な Timeline を作成します。Creates a new, controllable Clock from this Timeline. この Timeline に子がある場合は、この Timeline をルートとするクロックのツリーが作成されます。If this Timeline has children, a tree of clocks is created with this Timeline as the root.

CreateClock(Boolean)

この Clock から新しい Timeline を作成し、その新しい Clock が制御可能かどうかを指定します。Creates a new Clock from this Timeline and specifies whether the new Clock is controllable. この Timeline に子がある場合は、この Timeline をルートとするクロックのツリーが作成されます。If this Timeline has children, a tree of clocks is created with this Timeline as the root.

CreateInstance()

Freezable クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Freezable class.

(継承元 Freezable)
CreateInstanceCore()

派生クラスで実装された場合、Freezable 派生クラスの新しいインスタンスを作成します。When implemented in a derived class, creates a new instance of the Freezable derived class.

(継承元 Freezable)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。Determines whether a provided DependencyObject is equivalent to the current DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
Freeze()

現在のオブジェクトを変更不可能にし、その IsFrozen プロパティを true に設定します。Makes the current object unmodifiable and sets its IsFrozen property to true.

(継承元 Freezable)
FreezeCore(Boolean)

この Timeline を変更不可能な状態にするか、変更不可能な状態にできるかどうかを判断します。Makes this Timeline unmodifiable or determines whether it can be made unmodifiable.

GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

指定した DependencyProperty のアニメーション化されていない値を返します。Returns the non-animated value of the specified DependencyProperty.

(継承元 Animatable)
GetAsFrozen()

基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、Freezable の 固定されたコピーを作成します。Creates a frozen copy of the Freezable, using base (non-animated) property values. コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。Because the copy is frozen, any frozen sub-objects are copied by reference.

(継承元 Freezable)
GetAsFrozenCore(Freezable)

このインスタンスを、指定した Timeline オブジェクトの複製にします。Makes this instance a clone of the specified Timeline object.

GetCurrentValueAsFrozen()

現在のプロパティ値を使用して、Freezable の固定されたコピーを作成します。Creates a frozen copy of the Freezable using current property values. コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。Because the copy is frozen, any frozen sub-objects are copied by reference.

(継承元 Freezable)
GetCurrentValueAsFrozenCore(Freezable)

このインスタンスを、指定された Timeline の凍結された複製にします。Makes this instance a frozen clone of the specified Timeline. リソース参照、データ バインディング、アニメーションはコピーされませんが、それらの現在値はコピーされます。Resource references, data bindings, and animations are not copied, but their current values are.

GetDesiredFrameRate(Timeline)

指定した Timeline の目的のフレーム レートを取得します。Gets the desired frame rate of the specified Timeline.

GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。Gets a hash code for this DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。Creates a specialized enumerator for determining which dependency properties have locally set values on this DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetNaturalDuration(Clock)

この Timeline の 1 回の反復の長さを返します。Returns the length of a single iteration of this Timeline.

GetNaturalDurationCore(Clock)

この Timeline の 1 回の反復の長さを返します。Returns the length of a single iteration of this Timeline. このメソッドは、GetNaturalDuration(Clock) の実装を提供します。This method provides the implementation for GetNaturalDuration(Clock).

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。Returns the current effective value of a dependency property on this instance of a DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。Re-evaluates the effective value for the specified dependency property.

(継承元 DependencyObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnChanged()

現在の Freezable オブジェクトの変更時に呼び出されます。Called when the current Freezable object is modified.

(継承元 Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject)

設定されたばかりの DependencyObjectType データ メンバーに対して、適切なコンテキスト ポインターが確立されていることを確認します。Ensures that appropriate context pointers are established for a DependencyObjectType data member that has just been set.

(継承元 Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject, DependencyProperty)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports the Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

(継承元 Freezable)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)DependencyObject 実装をオーバーライドして、さらに型 Freezable の変化する依存関係プロパティへの応答として任意の Changed ハンドラーも呼び出します。Overrides the DependencyObject implementation of OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) to also invoke any Changed handlers in response to a changing dependency property of type Freezable.

(継承元 Freezable)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。Returns the local value of a dependency property, if it exists.

(継承元 DependencyObject)
ReadPreamble()

Freezable が有効なスレッドからアクセスされていることを確認します。Ensures that the Freezable is being accessed from a valid thread. Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーを読み取る任意の API の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。Inheritors of Freezable must call this method at the beginning of any API that reads data members that are not dependency properties.

(継承元 Freezable)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。Sets the value of a dependency property without changing its value source.

(継承元 DependencyObject)
SetDesiredFrameRate(Timeline, Nullable<Int32>)

指定した Timeline の目的のフレーム レートを設定します。Sets the desired frame rate of the specified Timeline.

SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a dependency property, specified by its dependency property identifier.

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a read-only dependency property, specified by the DependencyPropertyKey identifier of the dependency property.

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether serialization processes should serialize the value for the provided dependency property.

(継承元 DependencyObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。Enforces that the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)
WritePostscript()

FreezableChanged イベントを発生させ、その OnChanged() メソッドを呼び出します。Raises the Changed event for the Freezable and invokes its OnChanged() method. Freezable から派生するクラスは、依存関係プロパティとして格納されていないクラス メンバーを変更するすべての API の終了時に、このメソッドを呼び出す必要があります。Classes that derive from Freezable should call this method at the end of any API that modifies class members that are not stored as dependency properties.

(継承元 Freezable)
WritePreamble()

Freezable が固定されておらず、有効なスレッド コンテキストからアクセスされていることを確認します。Verifies that the Freezable is not frozen and that it is being accessed from a valid threading context. Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーに書き込む任意の API の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。Freezable inheritors should call this method at the beginning of any API that writes to data members that are not dependency properties.

(継承元 Freezable)

イベント

Changed

Freezable、またはこれに含まれているオブジェクトが変更されると発生します。Occurs when the Freezable or an object it contains is modified.

(継承元 Freezable)
Completed

このタイムラインの再生が完全に終了したときに発生します。このタイムラインは、もうアクティブ期間に入りません。Occurs when this timeline has completely finished playing: it will no longer enter its active period.

CurrentGlobalSpeedInvalidated

タイムラインのクロックの時間の進行の速度が変化すると発生します。Occurs when the rate at which time progresses for the timeline's clock changes.

CurrentStateInvalidated

タイムラインの ClockCurrentState プロパティが更新されたときに発生します。Occurs when the CurrentState property of the timeline's Clock is updated.

CurrentTimeInvalidated

タイムラインの ClockCurrentTime プロパティが更新されたときに発生します。Occurs when the CurrentTime property of the timeline's Clock is updated.

RemoveRequested

このタイムラインのために作成されたクロックか、親タイムラインのクロックが削除された場合に発生します。Occurs when the clock created for this timeline or one of its parent timelines is removed.

適用対象

こちらもご覧ください