System.Windows.Media.Animation 名前空間

タイムライン、ストーリーボード、キー フレームなど、プロパティのアニメーション機能をサポートする型を提供します。

クラス

Animatable

アニメーション サポートを提供する抽象クラス。

AnimationClock

AnimationTimeline の実行時の状態を維持し、その出力値を処理します。

AnimationException

プロパティをアニメーション化するときにエラーが発生するとスローされる例外。

AnimationTimeline

出力値を生成する時間のセグメントを定義します。 これらの値は、ターゲット プロパティのアニメーション化に使用されます。

BackEase

指定されたパスのアニメーションを開始する直前に、逆の動きを与えるイージング関数を表します。

BeginStoryboard

Storyboard を開始して、そのアニメーションを対象となるオブジェクトとプロパティに配布するトリガー アクション。

BooleanAnimationBase

実装されている場合、Boolean 値をアニメーション化する抽象クラス。

BooleanAnimationUsingKeyFrames

指定された Duration に対する一連の KeyFrames に沿って Boolean を受け取るプロパティの値をアニメーション化します。

BooleanKeyFrame

実装される場合に、独自のターゲット値と BooleanAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドを使ってセグメントを定義する抽象クラス。

BooleanKeyFrameCollection

BooleanKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

BounceEase

バウンド効果のアニメーションを作成するイージング関数を表します。

ByteAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Byte プロパティの値をアニメーション化します。

ByteAnimationBase

実装されている場合、Byte 値をアニメーション化する抽象クラス。

ByteAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Byte プロパティの値をアニメーション化します。

ByteKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と ByteAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

ByteKeyFrameCollection

ByteKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

CharAnimationBase

実装されている場合、Char 値をアニメーション化する抽象クラス。

CharAnimationUsingKeyFrames

指定された Duration に対する一連の KeyFrames に沿って Char プロパティの値をアニメーション化します。

CharKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と CharAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

CharKeyFrameCollection

CharKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

CircleEase

円関数を使って加速と減速のアニメーションを作成するイージング関数を表します。

Clock

Timeline の実行時のタイミング状態を維持します。

ClockCollection

Clock オブジェクトの順序付きコレクションを表します。

ClockController

Clock を対話的に制御します。

ClockGroup

TimelineGroup に基づく動作を持つ Clock 型の集合体。

ColorAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Color プロパティの値をアニメーション化します。

ColorAnimationBase

実装されている場合、Color 値をアニメーション化する抽象クラス。

ColorAnimationUsingKeyFrames

指定された Duration に対する一連の KeyFrames に沿って Color プロパティの値をアニメーション化します。

ColorKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と ColorAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

ColorKeyFrameCollection

ColorKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

ControllableStoryboardAction

BeginStoryboard アクションによって適用された Storyboard を操作します。

CubicEase

数式 f(t) = t3 を使用して、加速したり減速したりするアニメーションを作成するイージング機能を表します。

DecimalAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Decimal プロパティの値をアニメーション化します。

DecimalAnimationBase

実装されている場合、Decimal 値をアニメーション化する抽象クラス。

DecimalAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Decimal プロパティの値をアニメーション化します。

DecimalKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と DecimalAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

DecimalKeyFrameCollection

DecimalKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

DiscreteBooleanKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Boolean 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteByteKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Byte 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteCharKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Char 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteColorKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Color 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteDecimalKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Decimal 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteDoubleKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Double 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteInt16KeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Int16 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteInt32KeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Int32 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteInt64KeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Int64 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteMatrixKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Matrix 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteObjectKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Object 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscretePoint3DKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Point3D 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscretePointKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Point 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteQuaternionKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Quaternion 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteRectKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Rect 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteRotation3DKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Rotation3D 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteSingleKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Single 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteSizeKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Size 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteStringKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの String 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteThicknessKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Thickness 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteVector3DKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Vector3D 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DiscreteVectorKeyFrame

離散補間を使って、前のキー フレームの Vector 値からそれ自体の Value にアニメーション化します。

DoubleAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Double プロパティの値をアニメーション化します。

DoubleAnimationBase

実装されている場合、Double 値をアニメーション化する抽象クラス。

DoubleAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Double プロパティの値をアニメーション化します。

DoubleAnimationUsingPath

PathGeometry を使用して 2 つ以上のターゲット値を指定し、それらのターゲット値の間で Double プロパティの値をアニメーション化します。 このアニメーションを使用してビジュアル オブジェクトをパスに沿って移動できます。

DoubleKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と DoubleAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

DoubleKeyFrameCollection

DoubleKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

EasingByteKeyFrame

イージング関数と ByteAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingColorKeyFrame

イージング関数と ColorAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingDecimalKeyFrame

DecimalAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションにイージング関数を関連付けできるようにする抽象クラス。

EasingDoubleKeyFrame

イージング関数と DoubleAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingFunctionBase

すべてのイージング関数の基本クラスを提供します。

EasingInt16KeyFrame

イージング関数と Int16AnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingInt32KeyFrame

イージング関数と Int32AnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingInt64KeyFrame

イージング関数と Int64AnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingPoint3DKeyFrame

イージング関数と Point3DAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingPointKeyFrame

イージング関数と PointAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingQuaternionKeyFrame

イージング関数と QuaternionAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingRectKeyFrame

イージング関数と RectAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingRotation3DKeyFrame

イージング関数と Rotation3DAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingSingleKeyFrame

イージング関数と SingleAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingSizeKeyFrame

イージング関数と SizeAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingThicknessKeyFrame

イージング関数と ThicknessAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingVector3DKeyFrame

イージング関数と Vector3DAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

EasingVectorKeyFrame

イージング関数と VectorAnimationUsingKeyFrames キー フレーム アニメーションの関連付けを可能にするクラスです。

ElasticEase

スプリングが伸び縮みしながら最終的に停止するまでの動きを模したアニメーションを作成するイージング関数を表します。

ExponentialEase

指数式を使用して加速または減速するアニメーションを作成するイージング関数を表します。

Int16Animation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Int16 プロパティの値をアニメーション化します。

Int16AnimationBase

実装されている場合、Int16 値をアニメーション化する抽象クラス。

Int16AnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Int16 プロパティの値をアニメーション化します。

Int16KeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と Int16AnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

Int16KeyFrameCollection

Int16KeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

Int32Animation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Int32 プロパティの値をアニメーション化します。

Int32AnimationBase

実装されている場合、Int32 値をアニメーション化する抽象クラス。

Int32AnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Int32 プロパティの値をアニメーション化します。

Int32KeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と Int32AnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

Int32KeyFrameCollection

Int32KeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

Int64Animation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Int64 プロパティの値をアニメーション化します。

Int64AnimationBase

実装されている場合、Int64 値をアニメーション化する抽象クラス。

Int64AnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Int64 プロパティの値をアニメーション化します。

Int64KeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と Int64AnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

Int64KeyFrameCollection

Int64KeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

KeySpline

このクラスは、アニメーションの進行状況を定義するためにスプライン キー フレームによって使用されます。

LinearByteKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Byte 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearColorKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Color 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearDecimalKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Decimal 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearDoubleKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Double 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearInt16KeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Int16 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearInt32KeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Int32 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearInt64KeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Int64 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearPoint3DKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Point3D 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearPointKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Point 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearQuaternionKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Quaternion 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearRectKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Rect 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearRotation3DKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Rotation3D 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearSingleKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Single 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearSizeKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Size 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearThicknessKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Thickness 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearVector3DKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Vector3D 値から独自の Value にアニメーション化します。

LinearVectorKeyFrame

線状補間を使用して、前のキー フレームの Vector 値から独自の Value にアニメーション化します。

MatrixAnimationBase

実装されている場合、Matrix 値をアニメーション化する抽象クラス。

MatrixAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Matrix プロパティの値をアニメーション化します。

MatrixAnimationUsingPath

PathGeometry を使用して Matrix プロパティの値をアニメーション化し、アニメーション値を生成します。 このアニメーションを使用してビジュアル オブジェクトをパスに沿って移動できます。

MatrixKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と MatrixAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

MatrixKeyFrameCollection

MatrixKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

ObjectAnimationBase

実装されている場合、Object 値をアニメーション化する抽象クラス。

ObjectAnimationUsingKeyFrames

指定された Duration に対する一連の KeyFrames に沿って Object プロパティの値をアニメーション化します。

ObjectKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と ObjectAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

ObjectKeyFrameCollection

ObjectKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

ParallelTimeline

子の Timeline オブジェクトを含む時間セグメントを定義します。 子タイムラインは、それぞれの BeginTime プロパティに従ってアクティブになります。 また、子タイムラインは相互の重複 (並列実行) が可能です。

PauseStoryboard

Storyboard を一時停止するトリガー アクション。

Point3DAnimation

2 つの値の線状補間を使用して、Point3D プロパティの値をアニメーション化します。

Point3DAnimationBase

実装されている場合、Point3D 値をアニメーション化する抽象クラス。

Point3DAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Point3D プロパティの値をアニメーション化します。

Point3DKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と Point3DAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

Point3DKeyFrameCollection

Point3DKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

PointAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Point プロパティの値をアニメーション化します。

PointAnimationBase

実装されている場合、Point 値をアニメーション化する抽象クラス。

PointAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Point プロパティの値をアニメーション化します。

PointAnimationUsingPath

PathGeometry を使用して 2 つ以上のターゲット値を指定し、それらのターゲット値の間で Point プロパティの値をアニメーション化します。 このアニメーションを使用してビジュアル オブジェクトをパスに沿って移動できます。

PointKeyFrame

独自のターゲット値と PointAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドを使ってアニメーションのセグメントを定義します。

PointKeyFrameCollection

PointKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

PowerEase

f(t) = tp という数式を使って加速と減速のアニメーションを作成するイージング関数を表します (p = Power プロパティ)。

QuadraticEase

f(t) = t2 という数式を使って加速と減速のアニメーションを作成するイージング関数を表します。

QuarticEase

数式 f(t) = t4 を使用して、加速したり減速したりするアニメーションを作成するイージング機能を表します。

QuaternionAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Quaternion プロパティの値をアニメーション化します。

QuaternionAnimationBase

実装されている場合、Quaternion 値をアニメーション化する抽象クラス。

QuaternionAnimationUsingKeyFrames

指定された Duration に対する一連の KeyFrames に沿って Quaternion プロパティの値をアニメーション化します。

QuaternionKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と QuaternionAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

QuaternionKeyFrameCollection

QuaternionKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

QuinticEase

数式 f(t) = t5 を使用して、加速したり減速したりするアニメーションを作成するイージング機能を表します。

RectAnimation

2 つのターゲット値の間で線形補間を使用して、Rect プロパティの値をアニメーション化します。

RectAnimationBase

実装されている場合、Rect 値をアニメーション化する抽象クラス。

RectAnimationUsingKeyFrames

一連のキー フレームに沿って Rect を受け取るプロパティの値をアニメーション化します。

RectKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と RectAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

RectKeyFrameCollection

RectKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

RemoveStoryboard

Storyboard を削除するトリガー アクション。

RepeatBehaviorConverter

RepeatBehavior のインスタンスと他のデータ型との相互変換を行います。

ResumeStoryboard

一時停止した Storyboard を再開するトリガー アクションをサポートします。

Rotation3DAnimation

アニメーションに設定されている FromTo、または By のプロパティの組み合わせによって決定される 2 つの値の間の線状補間を使用して、Rotation3D プロパティの値をアニメーション化します。

Rotation3DAnimationBase

実装されている場合、Rotation3D 値をアニメーション化する抽象クラス。

Rotation3DAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Rotation3D プロパティの値をアニメーション化します。

Rotation3DKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と Rotation3DAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

Rotation3DKeyFrameCollection

Rotation3DKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

SeekStoryboard

Storyboard のアクティブ期間内で指定時刻をシーク (指定時刻にスキップ) する機能を提供するトリガー アクション。

SetStoryboardSpeedRatio

Storyboard の速度を変更するトリガー アクション。

SineEase

正弦公式を使用して加速または減速するアニメーションを作成するイージング関数を表します。

SingleAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Single プロパティの値をアニメーション化します。

SingleAnimationBase

実装されている場合、Single 値をアニメーション化する抽象クラス。

SingleAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Single プロパティの値をアニメーション化します。

SingleKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と SingleAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

SingleKeyFrameCollection

SingleKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

SizeAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Size プロパティの値をアニメーション化します。

SizeAnimationBase

実装されている場合、Size 値をアニメーション化する抽象クラス。

SizeAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Size プロパティの値をアニメーション化します。

SizeKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と SizeAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

SizeKeyFrameCollection

SizeKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

SkipStoryboardToFill

Storyboard をその保留期間の最後に進めるトリガー アクション。

SplineByteKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Byte 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineColorKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Color 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineDecimalKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Decimal 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineDoubleKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Double 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineInt16KeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Int16 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineInt32KeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Int32 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineInt64KeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Int64 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplinePoint3DKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Point3D 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplinePointKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Point 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineQuaternionKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Quaternion 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineRectKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Rect 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineRotation3DKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Rotation3D 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineSingleKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Single 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineSizeKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Size 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineThicknessKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Thickness 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineVector3DKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Vector3D 値から独自の Value にアニメーション化します。

SplineVectorKeyFrame

スプライン補間を使用して、前のキー フレームの Vector 値から独自の Value にアニメーション化します。

StopStoryboard

Storyboard を停止するトリガー アクション。

Storyboard

子アニメーションのオブジェクトやプロパティの対象化情報を提供するコンテナ タイムライン。

StringAnimationBase

実装されている場合、String 値をアニメーション化する抽象クラス。

StringAnimationUsingKeyFrames

指定された Duration に対する一連の KeyFrames に沿って String プロパティの値をアニメーション化します。

StringKeyFrame

独自のターゲット値と StringAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドを使ってアニメーションのセグメントを定義します。

StringKeyFrameCollection

StringKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

ThicknessAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Thickness プロパティの値をアニメーション化します。

ThicknessAnimationBase

実装されている場合、Thickness 値をアニメーション化する抽象クラス。

ThicknessAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Thickness プロパティの値をアニメーション化します。

ThicknessKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と ThicknessAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

ThicknessKeyFrameCollection

ThicknessKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

Timeline

時間のセグメントを定義します。

TimelineCollection

Timeline オブジェクトのコレクションを表します。

TimelineGroup

実装されている場合に、子 Timeline オブジェクトのコレクションが含まれる可能性のある Timeline を表す抽象クラス。

Vector3DAnimation

2 つの値の間で線形補間を使用して、Vector3D プロパティの値をアニメーション化します。

Vector3DAnimationBase

アニメーション化された Vector3D 値を表す抽象クラス。

Vector3DAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Vector3D プロパティの値をアニメーション化します。

Vector3DKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と Vector3DAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

Vector3DKeyFrameCollection

Vector3DKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

VectorAnimation

指定した Duration に対する線形補間を使用して、2 つのターゲット値の間の Vector プロパティの値をアニメーション化します。

VectorAnimationBase

実装されている場合、Vector 値をアニメーション化する抽象クラス。

VectorAnimationUsingKeyFrames

一連の KeyFrames に沿って Vector プロパティの値をアニメーション化します。

VectorKeyFrame

実装される場合、独自のターゲット値と VectorAnimationUsingKeyFrames の補間メソッドでアニメーションのセグメントを定義する抽象クラス。

VectorKeyFrameCollection

VectorKeyFrame オブジェクトのコレクションを表します。

構造体

KeyTime

アニメーションの相対的な処理において、KeyTime インスタンスは、特定のキー フレームが発生する正確なタイミングを指定します。

RepeatBehavior

Timeline が、その継続時間を単に繰り返す方法について説明します。

TimelineCollection.Enumerator

TimelineCollection のメンバーを列挙します。

インターフェイス

IAnimatable

この型は、WPF インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 クラスをアニメーション化できるようにするには、UIElementContentElement、または Animatable から派生させる必要があります。

IAnimation

プロパティ値をアニメーション化するためのサポートを提供します。

IEasingFunction

イージング関数の基本的な機能を定義します。

IKeyFrame

IKeyFrame インターフェイスの実装により、KeyTime プロパティへの型指定のないアクセスが可能になります。

IKeyFrameAnimation

IKeyFrameAnimation インターフェイスの実装により、キー フレーム コレクション メンバーへの型指定のないアクセスが可能になります。

列挙型

ClockState

タイムラインの Clock オブジェクトが取りうる状態について説明します。

EasingMode

EasingFunctionBase から派生したクラスがイージングを実行するモードを定義します。

FillBehavior

Timeline はアクティブ期間外だが、その親はアクティブ期間または保留期間内にある場合の、 の動作を指定します。

HandoffBehavior

プロパティに既に適用されている既存のアニメーションと新しいアニメーションが相互作用する方法を指定します。

KeyTimeType

KeyTime インスタンスを表すさまざまな種類を表します。

PathAnimationSource

アニメーションの実行に使用するパスの出力プロパティの値を指定します。

SlipBehavior

1 つ以上の Timeline 子がずれた場合の ParallelTimeline の動作を示します。

TimeSeekOrigin

シーク操作の基点を示します。 シーク操作のオフセットは、この基点に対する相対値です。