BitmapCacheBrush クラス

定義

領域をキャッシュされたコンテンツで塗りつぶします。Paints an area with cached content.

public ref class BitmapCacheBrush sealed : System::Windows::Media::Brush
public sealed class BitmapCacheBrush : System.Windows.Media.Brush
type BitmapCacheBrush = class
    inherit Brush
Public NotInheritable Class BitmapCacheBrush
Inherits Brush
継承

をに関連付ける方法を次のコード例に示し BitmapCache BitmapCacheBrush ます。The following code example shows how to associate a BitmapCache with a BitmapCacheBrush. BitmapCacheBrush複数の要素に対してリソースを使用し、優れたパフォーマンスを実現できます。You can use the BitmapCacheBrush resource on multiple elements and achieve good performance. 完全なコードリストについては、「 方法: キャッシュされた要素をブラシとして使用する」を参照してください。For the complete code listing, see How to: Use a Cached Element as a Brush.

<Window.Resources>
    <RichTextBox x:Key="cachedRichTextBox"  >
        <RichTextBox.CacheMode>
            <BitmapCache EnableClearType="True" RenderAtScale="1" SnapsToDevicePixels="True" />
        </RichTextBox.CacheMode>
    </RichTextBox>

    <BitmapCacheBrush x:Key="cachedRichTextBoxBrush" Target="{StaticResource cachedRichTextBox}">
        <BitmapCacheBrush.BitmapCache>
            <BitmapCache EnableClearType="False" RenderAtScale="0.4" SnapsToDevicePixels="False" />
        </BitmapCacheBrush.BitmapCache>
    </BitmapCacheBrush>        
</Window.Resources>

注釈

BitmapCacheBrush クラスを使用し、キャッシュされた要素を効率良く再利用します。Use the BitmapCacheBrush class to reuse a cached element efficiently. これは、複雑なコンテンツを複数の要素に描画する必要がある場合に便利です。This is useful when you need to paint complex content onto multiple elements. クラスを使用して、 BitmapCache 複合要素をキャッシュします。Use the BitmapCache class to cache a complex element.

Visualプロパティにを割り当て Target 、必要に応じて、を BitmapCache プロパティに割り当て BitmapCache ます。Assign a Visual to the Target property and optionally assign a BitmapCache to the BitmapCache property. CacheModeブラシとターゲットのが Visual 相互作用してさまざまな動作を生成します。The CacheMode of the brush and the target Visual interact to produce different behaviors. 次の表では、この相互作用について説明します。The following table describes this interaction.

ターゲットに CacheMode がありませんTarget has no CacheMode ターゲットに CacheMode があるTarget has CacheMode
ブラシに CacheMode がありませんBrush has no CacheMode ターゲットビジュアルは正常にレンダリングします。ブラシは、既定のキャッシュ動作を使用します。Target visual renders normally; brush uses default cache behavior. ターゲットビジュアルは独自のキャッシュにレンダリングします。ブラシは、レンダリング時にターゲットのキャッシュを使用します。Target visual renders into its own cache; brush uses target's cache when rendering.
ブラシに CacheMode がありますBrush has CacheMode ターゲットビジュアルは正常にレンダリングします。ブラシはターゲットを独自のキャッシュにレンダリングし、これを使用してレンダリングします。Target visual renders normally; brush renders target into its own cache and uses this to render. ターゲットビジュアルは独自のキャッシュにレンダリングします。ブラシはターゲットをブラシの独自のキャッシュにレンダリングし、これを使用してレンダリングします。Target visual renders into its own cache; brush renders target into brush's own cache and uses this to render.

BitmapCacheBrushクラスはクラスに似ていますが、 VisualBrush BitmapCacheBrush ターゲット要素のキャッシュ、またはプロパティで定義されているキャッシュから常にレンダリングされ BitmapCache ます。The BitmapCacheBrush class is similar to the VisualBrush class, but BitmapCacheBrush always renders from a cache on the target element, or from a cache defined by the BitmapCache property. クラスは、 BitmapCacheBrush ダーティ領域もサポートします。The BitmapCacheBrush class also supports dirty regions.

次の表は、クラスの既定のビットマップキャッシュ設定を示して BitmapCacheBrush います。The following table shows the default bitmap cache settings for the BitmapCacheBrush class.

"ビットマップキャッシュ" プロパティBitmap Cache Property 既定の設定Default Setting
SnapsToDevicePixels false
EnableClearType false
RenderAtScale 11

SnapsToDevicePixelsプロパティは、クラスによって無視され BitmapCacheBrush ます。The SnapsToDevicePixels property is ignored by the BitmapCacheBrush class.

クラスは、 BitmapCacheBrush ルートの次のプロパティを無視し Visual ます。The BitmapCacheBrush class ignores the following properties on the root Visual. この動作は、クラスとは異なり VisualBrush ます。This behavior differs from the VisualBrush class.

コンストラクター

BitmapCacheBrush()

BitmapCacheBrush クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the BitmapCacheBrush class.

BitmapCacheBrush(Visual)

BitmapCacheBrush を指定して、Visual クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the BitmapCacheBrush class with the specified Visual.

フィールド

AutoLayoutContentProperty

AutoLayoutContent 依存関係プロパティを識別します。Identifies the AutoLayoutContent dependency property.

BitmapCacheProperty

BitmapCache 依存関係プロパティを識別します。Identifies the BitmapCache dependency property.

TargetProperty

Target 依存関係プロパティを識別します。Identifies the Target dependency property.

プロパティ

AutoLayoutContent

このブラシのコンテンツにレイアウトを適用するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether layout is applied to the contents of this brush.

BitmapCache

キャッシュされたコンテンツを表す CacheMode を取得または設定します。Gets or sets a CacheMode that represents cached content.

CanFreeze

オブジェクトを変更不可能にできるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the object can be made unmodifiable.

(継承元 Freezable)
DependencyObjectType

DependencyObjectTypeこのインスタンスの CLR 型をラップするを取得します。Gets the DependencyObjectType that wraps the CLR type of this instance.

(継承元 DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。Gets the Dispatcher this DispatcherObject is associated with.

(継承元 DispatcherObject)
HasAnimatedProperties

1 つ以上の AnimationClock オブジェクトが、このオブジェクトの任意の依存関係プロパティに関連付けられているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets a value that indicates whether one or more AnimationClock objects is associated with any of this object's dependency properties.

(継承元 Animatable)
IsFrozen

オブジェクトが変更可能かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the object is currently modifiable.

(継承元 Freezable)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this instance is currently sealed (read-only).

(継承元 DependencyObject)
Opacity

Brush の不透明度を取得または設定します。Gets or sets the degree of opacity of a Brush.

(継承元 Brush)
RelativeTransform

相対座標を使用して、ブラシに適用される変換を取得または設定します。Gets or sets the transformation that is applied to the brush using relative coordinates.

(継承元 Brush)
Target

キャッシュの対象となるビジュアルを取得または設定します。Gets or sets the target visual to cache.

Transform

ブラシに適用される変換を取得または設定します。Gets or sets the transformation that is applied to the brush. ブラシの出力をマップして配置した後に、この変換が適用されます。This transformation is applied after the brush's output has been mapped and positioned.

(継承元 Brush)

メソッド

ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。Applies an AnimationClock to the specified DependencyProperty. プロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。If the property is already animated, the SnapshotAndReplace handoff behavior is used.

(継承元 Animatable)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

AnimationClock を指定した DependencyProperty に適用します。Applies an AnimationClock to the specified DependencyProperty. プロパティが既にアニメーション化されている場合は、指定した HandoffBehavior が使用されます。If the property is already animated, the specified HandoffBehavior is used.

(継承元 Animatable)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。Applies an animation to the specified DependencyProperty. アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。The animation is started when the next frame is rendered. 指定されたプロパティが既にアニメーション化されている場合は、SnapshotAndReplace ハンドオフ動作が使用されます。If the specified property is already animated, the SnapshotAndReplace handoff behavior is used.

(継承元 Animatable)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

指定された DependencyProperty にアニメーションを適用します。Applies an animation to the specified DependencyProperty. アニメーションは、次のフレームがレンダリングされるときに開始されます。The animation is started when the next frame is rendered. 指定したプロパティが既にアニメーション化されている場合は、指定した HandoffBehavior が使用されます。If the specified property is already animated, the specified HandoffBehavior is used.

(継承元 Animatable)
CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。Determines whether the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。Clears the local value of a property. クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。The property to be cleared is specified by a DependencyProperty identifier.

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。Clears the local value of a read-only property. 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。The property to be cleared is specified by a DependencyPropertyKey.

(継承元 DependencyObject)
Clone()

BitmapCacheBrush の変更可能な複製を作成し、オブジェクトの値の詳細コピーを作成します。Creates a modifiable clone of the BitmapCacheBrush, making deep copies of the object's values. このメソッドは、オブジェクトの依存関係プロパティをコピーするときに式をコピーしますが (コピーされた式は解決されなくなる場合があります)、アニメーションやその現在の値はコピーしません。When copying the object's dependency properties, this method copies expressions (which might no longer resolve) but not animations or their current values.

CloneCore(Freezable)

基本 (アニメーション化されていない) プロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の複製 (詳細コピー) にします。Makes the instance a clone (deep copy) of the specified Freezable using base (non-animated) property values.

(継承元 Freezable)
CloneCurrentValue()

BitmapCacheBrush の現在の値を使用して、変更可能な複製 (詳細コピー) を作成します。Creates a modifiable clone (deep copy) of the BitmapCacheBrush using its current values.

CloneCurrentValueCore(Freezable)

現在のプロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の変更可能な複製 (詳細コピー) にします。Makes the instance a modifiable clone (deep copy) of the specified Freezable using current property values.

(継承元 Freezable)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。Coerces the value of the specified dependency property. これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。This is accomplished by invoking any CoerceValueCallback function specified in property metadata for the dependency property as it exists on the calling DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
CreateInstance()

Freezable クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Freezable class.

(継承元 Freezable)
CreateInstanceCore()

派生クラスで実装された場合、Freezable 派生クラスの新しいインスタンスを作成します。When implemented in a derived class, creates a new instance of the Freezable derived class.

(継承元 Freezable)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。Determines whether a provided DependencyObject is equivalent to the current DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
Freeze()

現在のオブジェクトを変更不可能にし、その IsFrozen プロパティを true に設定します。Makes the current object unmodifiable and sets its IsFrozen property to true.

(継承元 Freezable)
FreezeCore(Boolean)

Animatable オブジェクトを変更不可能な状態にするか、変更不可能な状態にできるかどうかを判断します。Makes this Animatable object unmodifiable or determines whether it can be made unmodifiable.

(継承元 Animatable)
GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

指定した DependencyProperty のアニメーション化されていない値を返します。Returns the non-animated value of the specified DependencyProperty.

(継承元 Animatable)
GetAsFrozen()

基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、Freezable の 固定されたコピーを作成します。Creates a frozen copy of the Freezable, using base (non-animated) property values. コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。Because the copy is frozen, any frozen sub-objects are copied by reference.

(継承元 Freezable)
GetAsFrozenCore(Freezable)

基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の固定された複製にします。Makes the instance a frozen clone of the specified Freezable using base (non-animated) property values.

(継承元 Freezable)
GetCurrentValueAsFrozen()

現在のプロパティ値を使用して、Freezable の固定されたコピーを作成します。Creates a frozen copy of the Freezable using current property values. コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。Because the copy is frozen, any frozen sub-objects are copied by reference.

(継承元 Freezable)
GetCurrentValueAsFrozenCore(Freezable)

現在のインスタンスを、指定した Freezable の固定された複製にします。Makes the current instance a frozen clone of the specified Freezable. オブジェクトに、アニメーション化された依存関係プロパティが存在する場合、現在アニメーション化されている値がコピーされます。If the object has animated dependency properties, their current animated values are copied.

(継承元 Freezable)
GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。Gets a hash code for this DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。Creates a specialized enumerator for determining which dependency properties have locally set values on this DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。Returns the current effective value of a dependency property on this instance of a DependencyObject.

(継承元 DependencyObject)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。Re-evaluates the effective value for the specified dependency property.

(継承元 DependencyObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnChanged()

現在の Freezable オブジェクトの変更時に呼び出されます。Called when the current Freezable object is modified.

(継承元 Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject)

設定されたばかりの DependencyObjectType データ メンバーに対して、適切なコンテキスト ポインターが確立されていることを確認します。Ensures that appropriate context pointers are established for a DependencyObjectType data member that has just been set.

(継承元 Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject, DependencyProperty)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports the Windows Presentation Foundation (WPF) infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

(継承元 Freezable)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)DependencyObject 実装をオーバーライドして、さらに型 Freezable の変化する依存関係プロパティへの応答として任意の Changed ハンドラーも呼び出します。Overrides the DependencyObject implementation of OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) to also invoke any Changed handlers in response to a changing dependency property of type Freezable.

(継承元 Freezable)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。Returns the local value of a dependency property, if it exists.

(継承元 DependencyObject)
ReadPreamble()

Freezable が有効なスレッドからアクセスされていることを確認します。Ensures that the Freezable is being accessed from a valid thread. Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーを読み取る任意の API の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。Inheritors of Freezable must call this method at the beginning of any API that reads data members that are not dependency properties.

(継承元 Freezable)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。Sets the value of a dependency property without changing its value source.

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a dependency property, specified by its dependency property identifier.

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。Sets the local value of a read-only dependency property, specified by the DependencyPropertyKey identifier of the dependency property.

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether serialization processes should serialize the value for the provided dependency property.

(継承元 DependencyObject)
ToString()

この Brush の文字列表現を返します。Return string representation of this Brush.

(継承元 Brush)
ToString(IFormatProvider)

指定したカルチャ固有の書式設定情報に基づいて、このオブジェクトの文字列表現を作成します。Creates a string representation of this object based on the specified culture-specific formatting information.

(継承元 Brush)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。Enforces that the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)
WritePostscript()

FreezableChanged イベントを発生させ、その OnChanged() メソッドを呼び出します。Raises the Changed event for the Freezable and invokes its OnChanged() method. Freezable から派生するクラスは、依存関係プロパティとして格納されていないクラス メンバーを変更するすべての API の終了時に、このメソッドを呼び出す必要があります。Classes that derive from Freezable should call this method at the end of any API that modifies class members that are not stored as dependency properties.

(継承元 Freezable)
WritePreamble()

Freezable が固定されておらず、有効なスレッド コンテキストからアクセスされていることを確認します。Verifies that the Freezable is not frozen and that it is being accessed from a valid threading context. Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーに書き込む任意の API の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。Freezable inheritors should call this method at the beginning of any API that writes to data members that are not dependency properties.

(継承元 Freezable)

イベント

Changed

Freezable、またはこれに含まれているオブジェクトが変更されると発生します。Occurs when the Freezable or an object it contains is modified.

(継承元 Freezable)

明示的なインターフェイスの実装

IFormattable.ToString(String, IFormatProvider)

指定された書式を使用して現在のインスタンスの値を書式設定します。Formats the value of the current instance using the specified format.

(継承元 Brush)

適用対象

こちらもご覧ください