Color 構造体

定義

アルファ、赤、緑、および青のチャネルで色を記述します。

public value class Color : IEquatable<System::Windows::Media::Color>, IFormattable
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Media.ColorConverter))]
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None, Readability=System.Windows.Readability.Unreadable)]
public struct Color : IEquatable<System.Windows.Media.Color>, IFormattable
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Media.ColorConverter))>]
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None, Readability=System.Windows.Readability.Unreadable)>]
type Color = struct
    interface IFormattable
Public Structure Color
Implements IEquatable(Of Color), IFormattable
継承
属性
実装

この例では、sRGB、ScRGB、およびカラー プロファイルの値を使用して青色を作成する方法を示します。

<Page xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" 
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" >
<StackPanel Margin="20">
  
  <!-- This rectangle fill uses a Color with ScRGB values to
       create a completely opaque blue. -->
  <Rectangle Width="50" Height="50"  Margin="10">
     <Rectangle.Fill>
       <SolidColorBrush>
         <SolidColorBrush.Color>

           <!-- Describes the brush's color using
                ScRGB values. Each value has a range of 0-1.  -->
           <Color ScA="1.0" ScR="0.0" ScG="0.0" ScB="1.0" />
        </SolidColorBrush.Color>
      </SolidColorBrush>
    </Rectangle.Fill>
  </Rectangle>

  <!-- This rectangle fill uses a Color with sRGB values to
       create a completely opaque blue. -->
  <Rectangle Width="50" Height="50"  Margin="10">
     <Rectangle.Fill>
       <SolidColorBrush>
         <SolidColorBrush.Color>

           <!-- Describes the brush's color using
                sRGB values. Each value is a byte with range of 0-255.  -->
           <Color A="255" R="0" G="0" B="255" />
        </SolidColorBrush.Color>
      </SolidColorBrush>
    </Rectangle.Fill>
  </Rectangle>

  <!-- This rectangle fill uses the sRGB color profile and values to
       create a complete opaque blue. -->
  <Rectangle Width="50" Height="50"  Margin="10">
    <Rectangle.Fill>
      <SolidColorBrush Color="ContextColor 
       file://C:/WINDOWS/system32/spool/drivers/color/sRGB%20Color%20Space%20Profile.icm
       1.0,0.0,0.0,1.0"/>
    </Rectangle.Fill>
  </Rectangle>

</StackPanel>
</Page>

注釈

XAML 属性の使用方法

<object property="predefinedColor"/>  
- or -  
<object property="#rgb"/>  
- or -  
<object property="#argb"/>  
- or -  
<object property="#rrggbb"/>  
- or -  
<object property="#aarrggbb"/>  
- or -  
<object property="sc# scA,scR,scG,scB"/>  
- or -  
<object property="ContextColor profileUri alphaValue,colorValue"/>  

XAML 値

predefinedColor
クラスによって定義済みの色 Colors の 1 つ。

Rgb
3 桁の 16 進数。 最初の数字は色の値を指定し、2 番目の数字は値を指定し、3 番目の数字は R G 値を指定 B します。 たとえば、「 00F 」のように入力します。

Argb
4 桁の 16 進数です。 最初の数字は色の値を指定し、2 番目の数字は値を指定し、次の数字は値を指定し、最後の数字は値 A R G を指定 B します。 たとえば、「 F00F 」のように入力します。

rrggbb
6 桁の 16 進数。 最初の 2 桁の数字は色の値を指定し、次の 2 桁は値を指定し、最後の 2 桁は値 R G を指定 B します。 たとえば、「 0000FF 」のように入力します。

aarrggbb
8 桁の 16 進数。 最初の 2 桁の数字は色の値を指定し、次の 2 桁は値を指定し、次の 2 桁は値を指定し、最後の 2 桁は値 A R G を指定 B します。 たとえば、「 FF0000FF 」のように入力します。

Sca
System.Single

色の ScA 値。

Scr
System.Single

色の ScR 値。

Scg
System.Single

色の ScG 値。

Scb
System.Single

色の ScB 値。

profileUri
System.Uri

International Color Consortium (INTERNATIONAL Color Consortium) または Image Color Management (ICM) カラー プロファイル。

alphaValue
System.Single

アルファ チャネルの色の値。 値の範囲は 0.0 ~ 1.0 です。

colorValue
System.Single

カラー プロファイルのカラー チャネルを表す 3 ~ 8 個の値のコンマ区切りのリスト。 値の範囲は 0.0 ~ 1.0 です。

プロパティ

A

色の sRGB アルファ チャネルの値を取得または設定します。

B

色の sRGB 青チャネルの値を取得または設定します。

ColorContext

色の International Color Consortium (INTERNATIONAL Color Consortium) または Image Color Management (ICM) カラー プロファイルを取得します。

G

色の sRGB 緑チャネルの値を取得または設定します。

R

色の sRGB 赤チャネルの値を取得または設定します。

ScA

色の ScRGB アルファ チャネルの値を取得または設定します。

ScB

色の ScRGB 青チャネルの値を取得または設定します。

ScG

色の ScRGB 緑チャネルの値を取得または設定します。

ScR

色の ScRGB 赤チャネルの値を取得または設定します。

メソッド

Add(Color, Color)

2 つの Color 構造体を加算します。

AreClose(Color, Color)

2 つの Color 構造体を比較し、ほぼ等しいかどうかを確認します。

Clamp()

色の ScRGB チャネルが 0 から 1 までの色域に含まれていない場合、それらのチャネルをこの色域内に設定します。

Equals(Color)

指定した Color 構造体が、この色と等しいかどうかをテストします。

Equals(Color, Color)

2 つの Color 構造体が同じかどうかをテストします。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが Color 構造体かどうか、またこの色と等価かどうかをテストします。

FromArgb(Byte, Byte, Byte, Byte)

指定した sRGB アルファ チャネル値およびカラー チャネル値を使用して新しい Color 構造体を作成します。

FromAValues(Single, Single[], Uri)

指定したアルファ コンポーネント チャネル、カラー チャネル値、およびカラー プロファイルを使用して新しい Color 構造体を作成します。

FromRgb(Byte, Byte, Byte)

指定した sRGB カラー チャネル値を使用して新しい Color 構造体を作成します。

FromScRgb(Single, Single, Single, Single)

指定した ScRGB アルファ チャネル値およびカラー チャネル値を使用して新しい Color 構造体を作成します。

FromValues(Single[], Uri)

指定したカラー チャネル値およびカラー プロファイルを使用して新しい Color 構造体を作成します。

GetHashCode()

この Color 構造体のハッシュ コードを取得します。

GetNativeColorValues()

色のカラー チャネル値を取得します。

Multiply(Color, Single)

指定した Color 構造体のアルファ、赤、青、緑の各チャネルを、指定した値で乗算します。

Subtract(Color, Color)

Color 構造体を Color 構造体から減算します。

ToString()

sRGB チャネルを使用して、色の文字列表現を作成します。

ToString(IFormatProvider)

sRGB チャネルおよび指定した書式プロバイダーを使用して、色の文字列表現を作成します。

演算子

Addition(Color, Color)

2 つの Color 構造体を加算します。

Equality(Color, Color)

2 つの Color 構造体が同じかどうかをテストします。

Inequality(Color, Color)

2 つの Color 構造体が異なるかどうかをテストします。

Multiply(Color, Single)

指定した Color 構造体のアルファ、赤、青、緑の各チャネルを、指定した値で乗算します。

Subtraction(Color, Color)

Color 構造体を Color 構造体から減算します。

明示的なインターフェイスの実装

IFormattable.ToString(String, IFormatProvider)

指定された書式を使用して現在のインスタンスの値を書式設定します。

適用対象