DisableDpiAwarenessAttribute クラス

定義

WPF アプリケーションですべてのユーザー インターフェイス要素のドット/インチ (dpi) 対応を無効にできるようにします。Allows WPF applications to disable dots per inch (dpi) awareness for all user interface elements.

public ref class DisableDpiAwarenessAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly, AllowMultiple=false)]
public sealed class DisableDpiAwarenessAttribute : Attribute
type DisableDpiAwarenessAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class DisableDpiAwarenessAttribute
Inherits Attribute
継承
DisableDpiAwarenessAttribute
属性

次の例は、アセンブリレベルで DisableDpiAwarenessAttribute を宣言することによって、WPFWPF アプリケーションの Dpi 認識を無効にする方法を示しています。The following example shows how to disable Dpi awareness for the WPFWPF application by declaring DisableDpiAwarenessAttribute at the assembly level.

// Disable Dpi awareness in the application assembly.
[assembly: System.Windows.Media.DisableDpiAwareness]
' Disable Dpi awareness in the application assembly.
<Assembly: DisableDpiAwareness>

注釈

既定では、WPFWPF アプリケーションは dpi 対応であり、ユーザーインターフェイスのレイアウトの計算方法に影響します。By default, WPFWPF applications are dpi aware, which affects how user interface layout is calculated. ただし、アプリケーションアセンブリに DisableDpiAwarenessAttribute を追加することによって、dpi 認識を無効にすることができます。However, an application can disable dpi awareness by adding the DisableDpiAwarenessAttribute to the application assembly.

注意事項

アプリケーションのすべてのユーザーインターフェイス要素が dpi 非対応である必要がない限り、この属性をアプリケーションに設定することはお勧めしませんIt is not recommended that you set this attribute for your application, unless you need all user interface elements of your application to be non-dpi aware.

コンストラクター

DisableDpiAwarenessAttribute()

DisableDpiAwarenessAttribute の新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of DisableDpiAwarenessAttribute.

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子にマップします。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象