Geometry.StrokeContains メソッド

定義

指定した Point がジオメトリのストロークに含まれているかどうかを判断します。Determines whether the geometry's stroke contains the specified Point.

オーバーロード

StrokeContains(Pen, Point)

特定の Point をジオメトリに対して適用することにより生成されるストローク内に、指定した Pen が含まれているかどうかを判断します。Determines whether the specified Point is contained in the stroke produced by applying the specified Pen to the geometry.

StrokeContains(Pen, Point, Double, ToleranceType)

指定した許容誤差を前提として、特定の Point をジオメトリに対して適用することにより生成されるストローク内に、指定した Pen が含まれているかどうかを判断します。Determines whether the specified Point is contained in the stroke produced by applying the specified Pen to the geometry, given the specified margin of error.

StrokeContains(Pen, Point)

特定の Point をジオメトリに対して適用することにより生成されるストローク内に、指定した Pen が含まれているかどうかを判断します。Determines whether the specified Point is contained in the stroke produced by applying the specified Pen to the geometry.

public:
 bool StrokeContains(System::Windows::Media::Pen ^ pen, System::Windows::Point hitPoint);
public bool StrokeContains (System.Windows.Media.Pen pen, System.Windows.Point hitPoint);
member this.StrokeContains : System.Windows.Media.Pen * System.Windows.Point -> bool
Public Function StrokeContains (pen As Pen, hitPoint As Point) As Boolean

パラメーター

pen
Pen

ジオメトリのストロークの領域を決定するオブジェクト。An object that determines the area of the geometry's stroke.

hitPoint
Point

コンテインメントのテスト対象の点。The point to test for containment.

戻り値

指定した true をジオメトリに対して適用することにより生成されるストローク内に、hitPoint が含まれている場合は Pen。それ以外の場合は falsetrue if hitPoint is contained in the stroke produced by applying the specified Pen to the geometry; otherwise, false.

注釈

指定した点がジオメトリのストローク内にあるかどうかを判断するときに、既定の許容範囲 (StandardFlatteningTolerance プロパティによって指定) が使用されます。The default tolerance factor (specified by the StandardFlatteningTolerance property) is used when determining whether the specified point is located in the geometry's stroke. 独自の許容係数を指定するには、StrokeContains オーバーロードを使用します。To specify your own tolerance factor, use the StrokeContains overload.

一部の Geometry メソッド (StrokeContainsなど) では、ジオメトリの多角形近似が生成または使用されます。Some Geometry methods (such as StrokeContains) produce or use a polygonal approximation of the geometry. 許容要素は、この多角形近似の点の間の最大距離を指定します。The tolerance factor specifies the maximum distance between points in this polygonal approximation. 許容範囲の値を小さくすると、近似が向上しますが、大きな許容範囲を持つ近似よりも多くの処理が必要になります。Smaller tolerance values produce better approximations, but require more processing than an approximation with a large tolerance factor.

StrokeContains(Pen, Point, Double, ToleranceType)

指定した許容誤差を前提として、特定の Point をジオメトリに対して適用することにより生成されるストローク内に、指定した Pen が含まれているかどうかを判断します。Determines whether the specified Point is contained in the stroke produced by applying the specified Pen to the geometry, given the specified margin of error.

public:
 bool StrokeContains(System::Windows::Media::Pen ^ pen, System::Windows::Point hitPoint, double tolerance, System::Windows::Media::ToleranceType type);
public bool StrokeContains (System.Windows.Media.Pen pen, System.Windows.Point hitPoint, double tolerance, System.Windows.Media.ToleranceType type);
member this.StrokeContains : System.Windows.Media.Pen * System.Windows.Point * double * System.Windows.Media.ToleranceType -> bool
Public Function StrokeContains (pen As Pen, hitPoint As Point, tolerance As Double, type As ToleranceType) As Boolean

パラメーター

pen
Pen

ジオメトリのストロークを定義するオブジェクト。An object that defines the stroke of a geometry.

hitPoint
Point

コンテインメントのテスト対象の点。The point to test for containment.

tolerance
Double

ジオメトリの多角形近似における点と点の間の距離の上限。The maximum bounds on the distance between points in the polygonal approximation of the geometry. 値が小さいほど、生成される結果の精度は高まりますが、実行速度が低下します。Smaller values produce more accurate results but cause slower execution. tolerance が .000001 より小さい場合、.000001 が代わりに使用されます。If tolerance is less than .000001, .000001 is used instead.

type
ToleranceType

許容範囲の要素が絶対値か、またはこのジオメトリの領域に対して相対的かを指定する、ToleranceType 値の 1 つ。One of the ToleranceType values that specifies whether the tolerance factor is an absolute value or relative to the area of the geometry.

戻り値

指定した許容範囲の要素を前提として、特定の true をジオメトリに適用することにより作成されるストローク内に、指定した点が含まれている場合は Pen。それ以外の場合は falsetrue if the stroke created by applying the specified Pen to the geometry contains the specified point, given the specified tolerance factor; otherwise, false.

注釈

一部の Geometry メソッド (StrokeContainsなど) では、ジオメトリの多角形近似が生成または使用されます。Some Geometry methods (such as StrokeContains) produce or use a polygonal approximation of the geometry. 許容要素は、この多角形近似の点の間の最大距離を指定します。The tolerance factor specifies the maximum distance between points in this polygonal approximation. 許容範囲の値を小さくすると、近似が向上しますが、大きな許容範囲を持つ近似よりも多くの処理が必要になります。Smaller tolerance values produce better approximations, but require more processing than an approximation with a large tolerance factor.

適用対象