GlyphRun クラス

定義

同じ描画スタイルが設定され、サイズ、フォント、およびフォントの書体が同じである一連のグリフを表します。

public ref class GlyphRun : System::ComponentModel::ISupportInitialize
public class GlyphRun : System.ComponentModel.ISupportInitialize
type GlyphRun = class
    interface ISupportInitialize
type GlyphRun = class
    interface DUCE.IResource
    interface ISupportInitialize
Public Class GlyphRun
Implements ISupportInitialize
継承
GlyphRun
実装

注釈

オブジェクトには、 GlyphRun グリフインデックスや個々のグリフ位置などのフォントの詳細が含まれます。 また、オブジェクトには、 GlyphRun 実行が生成された元の Unicode コードポイント、文字からグリフへのバッファーオフセットのマッピング情報、および文字数とグリフごとのフラグが含まれています。

要素は、 Glyphs XAML におけるの出力を表し GlyphRun ます。 Glyphs 要素を記述するには、次のマークアップ構文が使用されます。

<!-- The example shows how to use a Glyphs object. -->
<Page
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  >

   <StackPanel Background="PowderBlue">

      <Glyphs
         FontUri             = "C:\WINDOWS\Fonts\TIMES.TTF"
         FontRenderingEmSize = "100"
         StyleSimulations    = "BoldSimulation"
         UnicodeString       = "Hello World!"
         Fill                = "Black"
         OriginX             = "100"
         OriginY             = "200"
      />

   </StackPanel>
</Page>

各グリフでは、他の Glyphs とどのように位置合わせするかを指定するメトリックが定義されています。 次の図では、2 つの異なるグリフ文字のさまざまな印刷用品質を定義しています。

グリフ単位のダイアグラム
2つの異なるグリフ文字のさまざまなタイポグラフィの品質

コンストラクター

GlyphRun()
互換性のために残されています。

GlyphRun クラスの新しいインスタンスを初期化します。

GlyphRun(GlyphTypeface, Int32, Boolean, Double, IList<UInt16>, Point, IList<Double>, IList<Point>, IList<Char>, String, IList<UInt16>, IList<Boolean>, XmlLanguage)
互換性のために残されています。

指定したクラスのプロパティを使用して、GlyphRun クラスの新しいインスタンスを初期化します。

GlyphRun(GlyphTypeface, Int32, Boolean, Double, Single, IList<UInt16>, Point, IList<Double>, IList<Point>, IList<Char>, String, IList<UInt16>, IList<Boolean>, XmlLanguage)

指定したクラスのプロパティを使用して、GlyphRun クラスの新しいインスタンスを初期化します。

GlyphRun(Single)

GlyphRun クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AdvanceWidths

グリフ インデックスに対応するアドバンス幅を表す Double 値の一覧を取得または設定します。

BaselineOrigin

GlyphRun のベースライン原点を取得または設定します。

BidiLevel

GlyphRun の双方向の入れ子レベルを取得または設定します。

CaretStops

GlyphRun を表す Unicode で UTF16 コード ポイント毎にキャレット ストップがあるかどうかを決定する Boolean 値の一覧を取得または設定します。

Characters

GlyphRun の Unicode を表す UTF16 コード ポイントの一覧を取得または設定します。

ClusterMap

GlyphRun の文字をグリフ インデックスにマップする UInt16 値の一覧を取得または設定します。

DeviceFontName

GlyphRun が最適化される対象の、デバイス固有のフォントを取得または設定します。

FontRenderingEmSize

GlyphRun のレンダリングに使用する全角サイズを取得または設定します。

GlyphIndices

描画物理フォントのグリフ インデックスを表す UInt16 値の配列を取得または設定します。

GlyphOffsets

GlyphRun のグリフのオフセットを表す Point 値の配列を取得または設定します。

GlyphTypeface

GlyphTypefaceGlyphRun を取得または設定します。

IsHitTestable

GlyphRun 内に有効なキャレット文字ヒットがあるかどうかを示す値を取得します。

IsSideways

グリフを回転するかどうかを示す値を取得または設定します。

Language

XmlLanguageGlyphRun を取得または設定します。

PixelsPerDip

テキストを表示する PixelsPerDip を取得または設定します。

メソッド

BuildGeometry()

GeometryGlyphRun を取得します。

ComputeAlignmentBox()

GlyphRun の配置ボックスを取得します。

ComputeInkBoundingBox()

GlyphRun のインク境界ボックスを取得します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetCaretCharacterHitFromDistance(Double, Boolean)

CharacterHit のキャレットの文字ヒットを表す GlyphRun 値を取得します。

GetDistanceFromCaretCharacterHit(CharacterHit)

GlyphRun のリーディング エッジから、指定した文字ヒットを含むキャレット位置のリーディング エッジまたはトレーリング エッジまでの、オフセットを取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetNextCaretCharacterHit(CharacterHit)

GlyphRun の論理方向にある、次の有効なキャレット文字ヒットを取得します。

GetPreviousCaretCharacterHit(CharacterHit)

GlyphRun の論理方向にある、前の有効なキャレット文字ヒットを取得します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ISupportInitialize.BeginInit()

このメンバーの詳細については、「BeginInit()」をご覧ください。

ISupportInitialize.EndInit()

このメンバーの詳細については、「EndInit()」をご覧ください。

適用対象