FormatConvertedBitmap.AlphaThreshold FormatConvertedBitmap.AlphaThreshold FormatConvertedBitmap.AlphaThreshold FormatConvertedBitmap.AlphaThreshold Property

定義

アルファ カラーを認識するパレット形式に変換する際に、ビットマップのアルファ チャネルしきい値を取得または設定します。Gets or sets the alpha channel threshold of a bitmap when converting to palletized formats that recognizes an alpha color.

public:
 property double AlphaThreshold { double get(); void set(double value); };
public double AlphaThreshold { get; set; }
member this.AlphaThreshold : double with get, set
Public Property AlphaThreshold As Double

プロパティ値

この FormatConvertedBitmap のアルファ チャネルしきい値。The alpha channel threshold for this FormatConvertedBitmap. 既定値は 0.0 です。The default value is 0.0.

注釈

AlphaThreshold値は、変換された形式で完全に透明な色にマップする不透明度のレベルを決定するために使用されます。The AlphaThreshold value is used to determine what level of opacity will be mapped to the fully transparent color in the converted format. 値9.8 は、アルファ値が25未満のすべてのピクセルが透明色にマップされることを意味します。A value of 9.8 implies that any pixel with an alpha value of less than 25 will be mapped to the transparent color. 値100は、透明色に完全に不透明ではないすべてのピクセルをマップします。A value of 100 maps all pixels which are not fully opaque to the transparent color.

コピー先のパレットは、透明色を提供する必要があります。それ以外の場合は、透明色が0に最も近いもの (多くの場合は黒) になります。The destination palette should provide a transparent color; otherwise, the transparent color will be the one closest to zero, often black.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field AlphaThresholdProperty
メタデータプロパティがに設定されるtrueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象