RayHitTestParameters クラス

定義

射線に沿ったヒット テストのパラメーターを指定します。Specifies the parameters of a hit test along a ray.

public ref class RayHitTestParameters sealed : System::Windows::Media::Media3D::HitTestParameters3D
public sealed class RayHitTestParameters : System.Windows.Media.Media3D.HitTestParameters3D
type RayHitTestParameters = class
    inherit HitTestParameters3D
Public NotInheritable Class RayHitTestParameters
Inherits HitTestParameters3D
継承
RayHitTestParameters

注釈

ビジュアル層では、最上位のオブジェクトだけでなく、ポイントまたはジオメトリの下にあるすべてのオブジェクトに対するヒットテストがサポートされていることに注意してください。Note that the visual layer supports hit testing against all objects under a point or geometry, not just the topmost object. 2D ヒットテストでは、指定されたポイントまたはジオメトリの下に3D 結果も直接返されます。A 2D hit test will also return 3D results directly under the specified point or geometry.

コンストラクター

RayHitTestParameters(Point3D, Vector3D)

ヒット テストを行う射線の原点と方向を指定するオブジェクトのインスタンスを作成します。Creates an instance of the object that specifies the origin and direction of the ray along which to hit test.

プロパティ

Direction

ヒット テストを行う射線の方向 (原点からの) を示す Vector3D を取得または設定します。Gets or sets a Vector3D that indicates the direction (from its origin) of the ray along which to hit test.

Origin

ヒット テストを行う射線の原点を取得します。Gets the origin of the ray along which to hit test.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください