RayHitTestResult クラス

定義

光線に沿ったヒット テストの結果を表します。Represents the result of a hit test along a ray.

public ref class RayHitTestResult abstract : System::Windows::Media::HitTestResult
public abstract class RayHitTestResult : System.Windows.Media.HitTestResult
type RayHitTestResult = class
    inherit HitTestResult
Public MustInherit Class RayHitTestResult
Inherits HitTestResult
継承
RayHitTestResult
派生

注釈

射線が a MeshGeometry3Dをヒットした場合、のRayMeshGeometry3DHitTestResultインスタンスにキャストして、交差に関するより詳細な情報を取得することができます。If a ray hits a MeshGeometry3D, you can cast to an instance of RayMeshGeometry3DHitTestResult to get even more detailed information about the intersection.

プロパティ

DistanceToRayOrigin

ヒット交差とヒット テストを開始した Visual3D の内部座標空間との間の距離を取得します。Gets the distance between the hit intersection and the inner coordinate space of the Visual3D which initiated the hit test.

ModelHit

ヒット テストを実行した際に沿った射線が交差する Model3D を取得します。Gets the Model3D intersected by the ray along which the hit test was performed.

PointHit

ヒット テストを実行した際に沿った射線とヒット オブジェクトの交差部分の Point3D を取得します。Gets the Point3D at the intersection between the ray along which the hit test was performed and the hit object.

VisualHit

ヒット テストを実行した際に沿った射線が交差するビジュアルを取得します。Gets the Visual intersected by the ray along which the hit test was performed.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象