Rect3D.Offset メソッド

定義

Rect3D の位置が変換されるときに使用されるオフセット値を取得または設定します。Gets or sets an offset value by which the location of a Rect3D is translated.

オーバーロード

Offset(Rect3D, Double, Double, Double)

Rect3D の位置が変換されるときに使用されるオフセット値を取得または設定します。Gets or sets an offset value by which the location of a Rect3D is translated.

Offset(Double, Double, Double)

Rect3D の位置が変換されるときに使用されるオフセット値を取得または設定します。Gets or sets an offset value by which the location of a Rect3D is translated.

Offset(Vector3D)

Rect3D のオフセット変換を、Vector3D として指定された値に設定します。Sets the offset translation of the Rect3D to the provided value, specified as a Vector3D.

Offset(Rect3D, Vector3D)

Rect3D の位置が変換されるときに使用されるオフセット値を取得または設定します。Gets or sets an offset value by which the location of a Rect3D is translated.

Offset(Rect3D, Double, Double, Double)

Rect3D の位置が変換されるときに使用されるオフセット値を取得または設定します。Gets or sets an offset value by which the location of a Rect3D is translated.

public:
 static System::Windows::Media::Media3D::Rect3D Offset(System::Windows::Media::Media3D::Rect3D rect, double offsetX, double offsetY, double offsetZ);
public static System.Windows.Media.Media3D.Rect3D Offset (System.Windows.Media.Media3D.Rect3D rect, double offsetX, double offsetY, double offsetZ);
static member Offset : System.Windows.Media.Media3D.Rect3D * double * double * double -> System.Windows.Media.Media3D.Rect3D
Public Shared Function Offset (rect As Rect3D, offsetX As Double, offsetY As Double, offsetZ As Double) As Rect3D

パラメーター

rect
Rect3D

変換対象の Rect3D。Rect3D to be translated.

offsetX
Double

X 軸に沿ったオフセット。Offset along the X axis.

offsetY
Double

Y 軸に沿ったオフセット。Offset along the Y axis.

offsetZ
Double

Z 軸に沿ったオフセット。Offset along the Z axis.

戻り値

オフセットの結果を表す Rect3D 値。A Rect3D value that represents the result of the offset.

注釈

Rect3D は、通常、MeshGeometry3D または Model3D の境界を表すために使用されます。Rect3D is typically used to represent the bounds of a MeshGeometry3D or Model3D.

Offset(Double, Double, Double)

Rect3D の位置が変換されるときに使用されるオフセット値を取得または設定します。Gets or sets an offset value by which the location of a Rect3D is translated.

public:
 void Offset(double offsetX, double offsetY, double offsetZ);
public void Offset (double offsetX, double offsetY, double offsetZ);
member this.Offset : double * double * double -> unit
Public Sub Offset (offsetX As Double, offsetY As Double, offsetZ As Double)

パラメーター

offsetX
Double

X 軸に沿ったオフセット。Offset along the X axis.

offsetY
Double

Y 軸に沿ったオフセット。Offset along the Y axis.

offsetZ
Double

Z 軸に沿ったオフセット。Offset along the Z axis.

注釈

Rect3D は、通常、MeshGeometry3D または Model3D の境界を表すために使用されます。Rect3D is typically used to represent the bounds of a MeshGeometry3D or Model3D.

@No__t-0 メソッドを呼び出すと、XY、および Z の各プロパティを直接変更できる場合にのみ効果が得られることに注意してください。Note that calling the Offset method will only have an effect if you can change the X, Y, and Z properties directly. @No__t-0 は値型であるため、プロパティまたはインデクサーを使用して Rect3D オブジェクトを参照する場合は、オブジェクトへの参照ではなく、オブジェクトのコピーを取得します。Because Rect3D is a value type, if you reference a Rect3D object by using a property or indexer, you get a copy of the object, not a reference to the object. プロパティまたはインデクサー参照で XY、または Z を変更しようとすると、コンパイラエラーが発生します。If you attempt to change X, Y, or Z on a property or indexer reference, a compiler error occurs. 同様に、プロパティまたはインデクサーで Offset を呼び出すと、基になるオブジェクトが変更されません。Similarly, calling Offset on the property or indexer will not change the underlying object. プロパティまたはインデクサーとして参照されている @no__t 0 の値を変更する場合は、新しい Rect3D を作成し、そのフィールドを変更してから、Rect3D をプロパティまたはインデクサーに戻します。If you want to change the value of a Rect3D that is referenced as a property or indexer, create a new Rect3D, modify its fields, and then assign the Rect3D back to the property or indexer.

Offset(Vector3D)

Rect3D のオフセット変換を、Vector3D として指定された値に設定します。Sets the offset translation of the Rect3D to the provided value, specified as a Vector3D.

public:
 void Offset(System::Windows::Media::Media3D::Vector3D offsetVector);
public void Offset (System.Windows.Media.Media3D.Vector3D offsetVector);
member this.Offset : System.Windows.Media.Media3D.Vector3D -> unit
Public Sub Offset (offsetVector As Vector3D)

パラメーター

offsetVector
Vector3D

オフセット変換を指定する Vector3DVector3D that specifies the offset translation.

注釈

Rect3D は、通常、MeshGeometry3D または Model3D の境界を表すために使用されます。Rect3D is typically used to represent the bounds of a MeshGeometry3D or Model3D.

@No__t-0 メソッドを呼び出すと、XY、および Z の各プロパティを直接変更できる場合にのみ効果が得られることに注意してください。Note that calling the Offset method will only have an effect if you can change the X, Y, and Z properties directly. @No__t-0 は値型であるため、プロパティまたはインデクサーを使用して Rect3D オブジェクトを参照する場合は、オブジェクトへの参照ではなく、オブジェクトのコピーを取得します。Because Rect3D is a value type, if you reference a Rect3D object by using a property or indexer, you get a copy of the object, not a reference to the object. プロパティまたはインデクサー参照で XY、または Z を変更しようとすると、コンパイラエラーが発生します。If you attempt to change X, Y, or Z on a property or indexer reference, a compiler error occurs. 同様に、プロパティまたはインデクサーで Offset を呼び出すと、基になるオブジェクトが変更されません。Similarly, calling Offset on the property or indexer will not change the underlying object. プロパティまたはインデクサーとして参照されている @no__t 0 の値を変更する場合は、新しい Rect3D を作成し、そのフィールドを変更してから、Rect3D をプロパティまたはインデクサーに戻します。If you want to change the value of a Rect3D that is referenced as a property or indexer, create a new Rect3D, modify its fields, and then assign the Rect3D back to the property or indexer.

Offset(Rect3D, Vector3D)

Rect3D の位置が変換されるときに使用されるオフセット値を取得または設定します。Gets or sets an offset value by which the location of a Rect3D is translated.

public:
 static System::Windows::Media::Media3D::Rect3D Offset(System::Windows::Media::Media3D::Rect3D rect, System::Windows::Media::Media3D::Vector3D offsetVector);
public static System.Windows.Media.Media3D.Rect3D Offset (System.Windows.Media.Media3D.Rect3D rect, System.Windows.Media.Media3D.Vector3D offsetVector);
static member Offset : System.Windows.Media.Media3D.Rect3D * System.Windows.Media.Media3D.Vector3D -> System.Windows.Media.Media3D.Rect3D
Public Shared Function Offset (rect As Rect3D, offsetVector As Vector3D) As Rect3D

パラメーター

rect
Rect3D

変換対象の Rect3DRect3D to be translated.

offsetVector
Vector3D

オフセット変換を指定する Vector3DVector3D that specifies the offset translation.

戻り値

オフセットの結果を表す Rect3D 値。A Rect3D value that represents the result of the offset.

注釈

Rect3D は、通常、MeshGeometry3D または Model3D の境界を表すために使用されます。Rect3D is typically used to represent the bounds of a MeshGeometry3D or Model3D.

適用対象