Viewport2DVisual3D クラス

定義

指定された 3-D ビューポート境界内にある 2-D の子をレンダリングします。

public ref class Viewport2DVisual3D sealed : System::Windows::Media::Media3D::Visual3D
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Visual")]
public sealed class Viewport2DVisual3D : System.Windows.Media.Media3D.Visual3D
[<System.Windows.Markup.ContentProperty("Visual")>]
type Viewport2DVisual3D = class
    inherit Visual3D
Public NotInheritable Class Viewport2DVisual3D
Inherits Visual3D
継承
属性

次の例では、3-d オブジェクトに、2-d オブジェクトというボタンを配置する方法を示します。 IsVisualHostMaterial2-d ビジュアルを配置する素材の添付プロパティを設定する必要があることに注意してください。

<Viewport3D>
    <Viewport3D.Camera>
        <PerspectiveCamera Position="0, 0, 4"/>
    </Viewport3D.Camera>
    
    <!-- Button on 3D -->
    <Viewport2DVisual3D>
        <!-- Give the plane a slight rotation -->
        <Viewport2DVisual3D.Transform>
            <RotateTransform3D>
                <RotateTransform3D.Rotation>
                    <AxisAngleRotation3D Angle="40" Axis="0, 1, 0" />
                </RotateTransform3D.Rotation>
            </RotateTransform3D>
        </Viewport2DVisual3D.Transform>
        
        <!-- The Geometry, Material, and Visual for the Viewport2DVisual3D -->
        <Viewport2DVisual3D.Geometry>
            <MeshGeometry3D Positions="-1,1,0 -1,-1,0 1,-1,0 1,1,0"
                            TextureCoordinates="0,0 0,1 1,1 1,0" TriangleIndices="0 1 2 0 2 3"/>
        </Viewport2DVisual3D.Geometry>

        <Viewport2DVisual3D.Material>
            <DiffuseMaterial Viewport2DVisual3D.IsVisualHostMaterial="True" Brush="White"/>
        </Viewport2DVisual3D.Material>                               
        
        <Button>Hello, 3D</Button>
    </Viewport2DVisual3D>
    
    <!-- Lights -->
    <ModelVisual3D>
        <ModelVisual3D.Content>
            <DirectionalLight Color="#FFFFFFFF" Direction="0,0,-1"/>
        </ModelVisual3D.Content>
    </ModelVisual3D>
</Viewport3D>

注釈

Viewport2DVisual3D 3d オブジェクトに対話型の2-d コンテンツを配置できるようにします。 対応するクラスは、3d の Viewport3DVisual 子を持つ2-d ビジュアルです。

Viewport2DVisual3D は .NET Framework バージョン3.5 で導入されました。

コンストラクター

Viewport2DVisual3D()

Viewport2DVisual3D クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

CacheModeProperty

CacheMode 依存関係プロパティを識別します。

GeometryProperty

Geometry 依存関係プロパティを識別します。

IsVisualHostMaterialProperty

IsVisualHostMaterial 添付プロパティを識別します。

MaterialProperty

Material 依存関係プロパティを識別します。

VisualProperty

Visual 依存関係プロパティを識別します。

プロパティ

CacheMode

Viewport2DVisual3D のキャッシュされた表現を取得または設定します。

DependencyObjectType

このインスタンス DependencyObjectType の CLR 型をラップする を取得します。

(継承元 DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
Geometry

この Viewport2DVisual3D に対する 3-D ジオメトリを取得または設定します。

HasAnimatedProperties

この Visual3D にアニメーション化されたプロパティかあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Visual3D)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
Material

3-D オブジェクトの外観を説明するマテリアルを取得または設定します。

Transform

3-D オブジェクトに適用される変換を取得または設定します。

(継承元 Visual3D)
Visual

3-D オブジェクト上に配置される 2-D ビジュアルを取得または設定します。

Visual3DChildrenCount

Visual3D オブジェクトの子要素の数を取得します。

(継承元 Visual3D)
Visual3DModel

描画される Model3D オブジェクトを取得または設定します。

(継承元 Visual3D)

添付プロパティ

IsVisualHostMaterial

マテリアルを対話形式にする必要があるかどうかを指定する値を取得または設定します。

メソッド

AddVisual3DChild(Visual3D)

2 つの 3-D ビジュアル間の親子リレーションシップを定義します。

(継承元 Visual3D)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

指定された AnimationClock の効果を、指定された依存関係プロパティに適用します。

(継承元 Visual3D)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

指定された AnimationClock の効果を、指定された依存関係プロパティに適用します。 現在のアニメーションに対する新しい AnimationClock の効果は、handoffBehavior パラメーターの値によって決まります。

(継承元 Visual3D)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

指定した AnimationTimeline に基づいて、DependencyProperty オブジェクトの一連のアニメーションを開始します。

(継承元 Visual3D)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

指定した DependencyPropertyAnimationTimeline の両方に基づいて、HandoffBehavior オブジェクトの一連のアニメーションを開始します。

(継承元 Visual3D)
CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。

(継承元 DependencyObject)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。

(継承元 DependencyObject)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。

(継承元 DependencyObject)
FindCommonVisualAncestor(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトおよびそれ以外の指定したビジュアル オブジェクトに共通の先祖を返します。

(継承元 Visual3D)
GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

指定した DependencyProperty オブジェクトの基本値を取得します。

(継承元 Visual3D)
GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。

(継承元 DependencyObject)
GetIsVisualHostMaterial(Material)

指定した UIElementIsVisualHostMaterial 添付プロパティの値を取得します。

GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。

(継承元 DependencyObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。

(継承元 DependencyObject)
GetVisual3DChild(Int32)

Visual3D 内の指定した Visual3DCollection を返します。

(継承元 Visual3D)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。

(継承元 DependencyObject)
IsAncestorOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが、指定した子孫ビジュアル オブジェクトの先祖かどうかを判定します。

(継承元 Visual3D)
IsDescendantOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが、指定した先祖ビジュアル オブジェクトの子孫かどうかを判定します。

(継承元 Visual3D)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この DependencyObject の依存関係プロパティの有効値が更新された場合に必ず呼び出されます。 変更された特定の依存関係プロパティは、イベント データで報告されます。

(継承元 DependencyObject)
OnVisualChildrenChanged(DependencyObject, DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトの Visual3DCollection が変更されると呼び出されます。

(継承元 Visual3D)
OnVisualParentChanged(DependencyObject)

3-D ビジュアル オブジェクトの親が変更されると呼び出されます。

(継承元 Visual3D)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。

(継承元 DependencyObject)
RemoveVisual3DChild(Visual3D)

2 つの 3-D ビジュアル間の親子リレーションシップを削除します。

(継承元 Visual3D)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetIsVisualHostMaterial(Material, Boolean)

指定した要素に IsVisualHostMaterial 添付プロパティの値を設定します。

SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 DependencyObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TransformToAncestor(Visual)

この Visual3D オブジェクトから、オブジェクトの指定した Visual の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual3D)
TransformToAncestor(Visual3D)

この Visual3D オブジェクトから、オブジェクトの指定した Visual3D の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual3D)
TransformToDescendant(Visual3D)

この Visual3D オブジェクトから指定した Visual3D 降下オブジェクトへの座標変換に使用できる変換を返します。

(継承元 Visual3D)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)

適用対象