TextHidden クラス

定義

非表示文字の範囲を示すために使用される特殊なテキスト ランを定義します。Defines a specialized text run that is used to mark a range of hidden characters.

public ref class TextHidden : System::Windows::Media::TextFormatting::TextRun
public class TextHidden : System.Windows.Media.TextFormatting.TextRun
type TextHidden = class
    inherit TextRun
Public Class TextHidden
Inherits TextRun
継承
TextHidden

コンストラクター

TextHidden(Int32)

文字の長さを指定して、TextHidden クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TextHidden class using a specified character length.

プロパティ

CharacterBufferReference

TextHidden 文字バッファーへの参照を取得します。Gets a reference to the TextHidden character buffer.

Length

TextHidden 文字バッファーの文字の長さを取得します。Gets the character length of the TextHidden character buffer.

Properties

TextHidden 文字バッファーのすべてのテキスト文字が共有するプロパティのセットを取得します。Gets the set of properties shared by every text character of the TextHidden character buffer.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください