TextRunTypographyProperties.CapitalSpacing プロパティ

定義

読みやすくするために、すべてが大文字のテキストのグリフ間隔をグローバルに調整するかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether inter-glyph spacing for all-capital text is globally adjusted to improve readability.

public:
 abstract property bool CapitalSpacing { bool get(); };
public abstract bool CapitalSpacing { get; }
member this.CapitalSpacing : bool
Public MustOverride ReadOnly Property CapitalSpacing As Boolean

プロパティ値

間隔を調整する場合は true。それ以外の場合は falsetrue if spacing is adjusted; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

注釈

大文字スペーシングは、テキストをすべて大文字にする場合に間隔を広くする機能です。Capital spacing is a feature that allows you to provide more spacing when using all capitals in text. 大文字は、通常、小文字で合成するように設計されています。Capital letters are typically designed to blend with lowercase letters. 大文字が使用されている場合は、大文字と小文字の間に空白が表示されることがあります。Spacing that appears attractive between and a capital letter and a lowercase letter may look too tight when all capital letters are used. 次のテキストは、Pescadero フォントの標準と大文字の間隔を示しています。The following text displays normal and capital spacing for the Pescadero font.

OpenType の大文字スペーシングを使用するテキストText using OpenType capital spacing
通常と大文字の間隔の例Example of normal and capital spacing

適用対象

こちらもご覧ください