TextRunTypographyProperties.Variants プロパティ

定義

使用される標準的なタイポグラフィ形式のバリエーションを示す値を取得します。Gets a value that indicates a variation of the standard typographic form to be used.

public:
 abstract property System::Windows::FontVariants Variants { System::Windows::FontVariants get(); };
public abstract System.Windows.FontVariants Variants { get; }
member this.Variants : System.Windows.FontVariants
Public MustOverride ReadOnly Property Variants As FontVariants

プロパティ値

FontVariants 値のいずれか 1 つ。One of the FontVariants values. 既定値は、Normal です。The default is Normal.

注釈

バリアントは、上付き文字または下付き文字のフォント形式に似ています。Variants are similar to superscript or subscript font forms. フォントフォームには、上付き文字と序数形式の間、または添字と粗悪形式の間に異なるグリフセットを含めることができます。It is possible for a font form to contain differing glyph sets between superscript and the ordinal form, or between subscript and inferior forms. Variantsプロパティを使用すると、OpenType フォントの上付き文字と下付き文字の値を設定できます。The Variants property allows you to set superscript and subscript values for an OpenType font.

次のテキストは、Palatino Linotype フォントの上付き文字を示したものです。The following text displays superscripts for the Palatino Linotype font.

OpenType の上付き文字を使用するテキストText using OpenType superscripts
上付き文字の例Example of superscripts

次のテキストは、Linotype フォントの添字を示しています。The following text displays subscripts for the Palatino Linotype font.

OpenType の添字を使用するテキストText using OpenType subscripts
添字の例Example of subscripts

バリアントをサポートしていないフォントでは、フォント形式に対してアルゴリズム近似を行うことができます。Fonts that do not support variants may have an algorithmic approximation of the font form.

適用対象