TileBrush.Viewport プロパティ

定義

TileBrush の基本タイルの位置とサイズを取得または設定します。Gets or sets the position and dimensions of the base tile for a TileBrush.

public:
 property System::Windows::Rect Viewport { System::Windows::Rect get(); void set(System::Windows::Rect value); };
public System.Windows.Rect Viewport { get; set; }
member this.Viewport : System.Windows.Rect with get, set
Public Property Viewport As Rect

プロパティ値

TileBrush の基本タイルの位置とサイズ。The position and dimensions of the base tile for a TileBrush. 既定値は、TopLeft が (0,0)、Width および Height が 1 に設定された四角形 (Rect) です。The default value is a rectangle (Rect) with a TopLeft of (0,0) and a Width and Height of 1.

注釈

@No__t-0 を使用して領域を塗りつぶす場合は、コンテンツ、タイル、および出力領域の3つのコンポーネントを使用します。When you paint an area by using a TileBrush, you use three components: content, tiles, and the output area. 次の図は、これら3つの TileBrush コンポーネントが相互にどのように関連しているかを示しています。The following illustration shows how these three TileBrush components relate to each other.

TileBrush コンポーネントTileBrush components
1つのタイルを持つタイルブラシのコンポーネントComponents of a TileBrush with a single tile

タイル表示された TileBrush のコンポーネントComponents of a tiled TileBrush
Tile の TileMode を使用する TileBrush のコンポーネントComponents of a TileBrush with a TileMode of Tile

@No__t-0 プロパティは、TileBrush のタイルのサイズと位置を決定します。The Viewport property determines the size and position of the tiles in a TileBrush. 既定では、@no__t 0 には、出力領域全体を埋める1つのタイルがあります。By default, a TileBrush has a single tile that fills the whole output area. @No__t-0 プロパティは、TileBrush コンテンツがそのタイルにどのように適合するかを制御します。The Stretch property controls how the TileBrush content fits into that tile. この既定の動作をオーバーライドし、Viewport プロパティを使用してタイルサイズを指定できます。You can override this default behavior and specify the tile size by using the Viewport property.

@No__t-0 プロパティを使用して、Viewport が絶対座標と相対座標のどちらを使用するかを指定します。Use the ViewportUnits property to specify whether the Viewport uses absolute or relative coordinates. 座標が相対的な場合、座標は出力領域のサイズに対して相対的になります。If the coordinates are relative, they are relative to the size of the output area. ポイント (0, 0) は出力領域の左上隅を表し、(1, 1) は出力領域の右下隅を表します。The point (0,0) represents the upper-left corner of the output area, and (1,1) represents the lower-right corner of the output area. @No__t-0 プロパティで絶対座標を使用するように指定するには、ViewportUnits プロパティを Absolute に設定します。To specify that the Viewport property uses absolute coordinates, set the ViewportUnits property to Absolute.

次の図は、TileBrushViewportUnits プロパティを相対または絶対に設定した場合の出力の違いを示しています。The following illustration shows the difference in output when you set the ViewportUnits property of a TileBrush to either relative or absolute.

絶対ビューポートと相対ビューポートの単位Absolute and Relative Viewport Units
相対と絶対ビューRelative and absolute ViewportUnits

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field ViewportProperty
メタデータプロパティが @no__t に設定される-0Metadata properties set to true なしNone

適用対象

こちらもご覧ください