Visual.GetVisualChild(Int32) メソッド

定義

Visual 内の指定した VisualCollection を返します。

protected:
 virtual System::Windows::Media::Visual ^ GetVisualChild(int index);
protected virtual System.Windows.Media.Visual GetVisualChild (int index);
abstract member GetVisualChild : int -> System.Windows.Media.Visual
override this.GetVisualChild : int -> System.Windows.Media.Visual
Protected Overridable Function GetVisualChild (index As Integer) As Visual

パラメーター

index
Int32

VisualCollection 内のビジュアル オブジェクトのインデックス。

戻り値

Visual

指定した index 値にある VisualCollection 内の子。

次の例では、のオーバーライドされた実装を定義し GetVisualChild ます。

// Provide a required override for the GetVisualChild method.
protected override Visual GetVisualChild(int index)
{
    if (index < 0 || index >= _children.Count)
    {
        throw new ArgumentOutOfRangeException();
    }

    return _children[index];
}
' Provide a required override for the GetVisualChild method.
Protected Overrides Function GetVisualChild(ByVal index As Integer) As Visual
    If index < 0 OrElse index >= _children.Count Then
        Throw New ArgumentOutOfRangeException()
    End If

    Return _children(index)
End Function

注釈

既定では、には Visual 子がありません。 したがって、既定の実装では、常にがスローさ ArgumentOutOfRangeException れます。

注意 (継承者)

から派生するクラスは、 Visual ビジュアルツリーを正しく列挙するために、このメソッドとプロパティもオーバーライドする必要があり VisualChildrenCount ます。

適用対象