Visual.TransformToAncestor メソッド

定義

Visual から指定したビジュアル オブジェクトの先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

オーバーロード

TransformToAncestor(Visual3D)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual3D の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

TransformToAncestor(Visual)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

TransformToAncestor(Visual3D)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual3D の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

public:
 System::Windows::Media::Media3D::GeneralTransform2DTo3D ^ TransformToAncestor(System::Windows::Media::Media3D::Visual3D ^ ancestor);
public System.Windows.Media.Media3D.GeneralTransform2DTo3D TransformToAncestor (System.Windows.Media.Media3D.Visual3D ancestor);
member this.TransformToAncestor : System.Windows.Media.Media3D.Visual3D -> System.Windows.Media.Media3D.GeneralTransform2DTo3D
Public Function TransformToAncestor (ancestor As Visual3D) As GeneralTransform2DTo3D

パラメーター

ancestor
Visual3D

座標の変換先となる Visual3D

戻り値

GeneralTransform2DTo3D

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual3D の先祖に座標を変換するために使用できる変換。

適用対象

TransformToAncestor(Visual)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

public:
 System::Windows::Media::GeneralTransform ^ TransformToAncestor(System::Windows::Media::Visual ^ ancestor);
public System.Windows.Media.GeneralTransform TransformToAncestor (System.Windows.Media.Visual ancestor);
member this.TransformToAncestor : System.Windows.Media.Visual -> System.Windows.Media.GeneralTransform
Public Function TransformToAncestor (ancestor As Visual) As GeneralTransform

パラメーター

ancestor
Visual

座標の変換先となる Visual

戻り値

GeneralTransform

GeneralTransform 型の値。

例外

ancestornullです。

ancestor は、ビジュアルの先祖ではありません。

ビジュアル オブジェクトは相対的ではありません。

次のマークアップの例は、2 つの StackPanel オブジェクト内で入れ子になっている TextBlock を示しています。

<Window xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" >
  <StackPanel Margin="16">
    <StackPanel Margin="8">
      <TextBlock Name="myTextBlock" Margin="4" Text="Hello, world" />
    </StackPanel>
  </StackPanel>
</Window>

次のコード例は、TransformToAncestor メソッドを使用して、含まれている Window に対する TextBlock 相対的なオフセットを取得する方法を示しています。 オフセット値は、返されたに格納され GeneralTransform ます。

// Return the general transform for the specified visual object.
GeneralTransform generalTransform1 = myTextBlock.TransformToAncestor(this);

// Retrieve the point value relative to the parent.
Point currentPoint = generalTransform1.Transform(new Point(0, 0));
' Return the general transform for the specified visual object.
Dim generalTransform1 As GeneralTransform = myTextBlock.TransformToAncestor(Me)

' Retrieve the point value relative to the parent.
Dim currentPoint As Point = generalTransform1.Transform(New Point(0, 0))

オフセットでは、オブジェクトが含まれる Window 内のすべてのオブジェクトの Margin 値が考慮されます。 この場合、 X は28で、 Y は28です。

注釈

または、メソッドを使用して、 VisualTreeHelper.GetOffset その親を基準としたビジュアルオブジェクトのオフセットを取得することもできます。 オフセット値は、返された Vector 値内に含まれます。

// Return the offset vector for the TextBlock object.
Vector vector = VisualTreeHelper.GetOffset(myTextBlock);

// Convert the vector to a point value.
Point currentPoint = new Point(vector.X, vector.Y);
' Return the offset vector for the TextBlock object.
Dim vector As Vector = VisualTreeHelper.GetOffset(myTextBlock)

' Convert the vector to a point value.
Dim currentPoint As New Point(vector.X, vector.Y)

適用対象