Visual.VisualScrollableAreaClip Visual.VisualScrollableAreaClip Visual.VisualScrollableAreaClip Visual.VisualScrollableAreaClip Property

定義

Visual のクリップ対象のスクロール可能な領域を取得または設定します。Gets or sets a clipped scrollable area for the Visual.

public:  property Nullable<System::Windows::Rect> VisualScrollableAreaClip {  protected public:
Nullable<System::Windows::Rect> get(); protected:
 void set(Nullable<System::Windows::Rect> value); };
public Nullable<System.Windows.Rect> VisualScrollableAreaClip { protected internal get; protected set; }
member this.VisualScrollableAreaClip : Nullable<System.Windows.Rect> with get, set
Public Property VisualScrollableAreaClip As Nullable(Of Rect)

プロパティ値

スクロール可能なクリップ領域を表す Rect。クリップ領域が割り当てられていない場合は nullA Rect that represents the scrollable clipping area, or null if no clipping area is assigned.

注釈

設定、VisualScrollableAreaClipプロパティを有効にするのには、ソフトウェアでレンダリングするときにスクロールを高速化します。Set the VisualScrollableAreaClip property to enable accelerated scrolling when rendering in software. これはリモート デスクトップを実行しているか、仮想マシンで実行されているなど、リモートのレンダリングのシナリオで役立ちます。This is useful in remote rendering scenarios, such as running over Remote Desktop or running in a virtual machine. スクロールは子と親要素には、このプロパティを設定します。Set this property on the parent element whose children will be scrolled. 設定、VisualScrollableAreaClipプロパティには効果がないレンダリングがハードウェア高速化します。Setting the VisualScrollableAreaClip property has no effect when rendering is hardware accelerated.

VisualScrollableAreaClipプロパティが、特定の高度なシナリオを実現できます。The VisualScrollableAreaClip property enables specific, advanced scenarios. 次に示しますを使用するときに適用される際の注意点、VisualScrollableAreaClipプロパティ。The following list shows the caveats that apply when you use the VisualScrollableAreaClip property.

  • スクロール領域の背景は不透明である必要があります。 または行われる成果物をスクロールします。The background of the scrolled area must be opaque, or scrolling artifacts will occur.

  • VisualScrollableAreaClipプロパティは、ソフトウェアに WPF がレンダリング時にのみスクロールを高速化します。The VisualScrollableAreaClip property accelerates scrolling only when WPF is rendering in software. たとえば、このような状況は、アプリケーションがリモート デスクトップを実行しているか、仮想マシンでローカルで実行されている場合に発生します。For example, this situation occurs when the application is running over Remote Desktop or running locally in a virtual machine.

  • ハードウェアでレンダリングするときに、スクロールの動作は変更されません。The scrolling behavior is unchanged when rendering in hardware. スクロール動作の違いを防ぐためには、おく必要があります、VisualScrollableAreaClipプロパティをハードウェアとソフトウェアの両方を有効にします。To prevent differences in scrolling behavior, you should keep the VisualScrollableAreaClip property enabled for both hardware and software.

  • 回転と傾斜変換は、高速スクロールを無効にします。Rotate and skew transforms disable accelerated scrolling. スケール変換とスクロール領域上の水平方向または垂直方向の変換は、正常に動作し、スクロールの高速化を無効にしません。Scale transforms and horizontal or vertical translations above the scrolled region work correctly and do not disable scrolling acceleration.

  • サブツリーを変更またはアニメーションを使用して再描画するスクロール可能な領域の部分をトリガーする、期待どおりに動作が再描画領域を高速スクロールの利点が失われます。Changing the subtree or triggering parts of the scrollable area to redraw via animation behave as expected, but lose the benefit of accelerated scrolling for the redrawn area. 同じフレームの間に、スクロール領域を無効にするすべてのアニメーションでスクロールするには、この最適化の利点を除去に発生します。Any animation that invalidates the scrolled area during the same frame in which scrolling occurs eliminates the benefit of this optimization.

  • VisualScrollableAreaClip四角形は内側ピクセルにスナップされます。The VisualScrollableAreaClip rectangle snaps inward to pixels. そのため、スクロールの四角形のスナップのサイズは常に設定したサイズ以下です。Therefore, the snapped size of the scrolling rectangle is always less than or equal to the size you have set.

  • スナップを下のオフセット。Offsets snap downward. つまり、前の相違点のオフセットのスナップ、スナップの現在のオフセットは、ピクセル数を表す整数では常にします。This means that the difference of the previous snapped offset and current snapped offset is always an integer number of pixels.

  • ヒット テストは、最大で 1 ピクセルによってオフができます。Hit tests can be off by up to a pixel.

  • スクロール可能な領域と境界のウィンドウのクライアント領域の端がピクセル境界で正しく整列にスナップされることになりますので、レイアウトの丸め処理を有効する必要があります。Layout rounding should be turned on, because it ensures that the edges of scrollable areas and the boundary window client area are snapped to pixel boundaries, resulting in correct alignment.

  • レイヤード ウィンドウのスクロールの加速は機能しません。Scrolling acceleration does not work on layered windows. つまり、どの AllowTransparency で windows = = true の場合、window.windowstyle = = none、具合です。This means windows in which AllowTransparency == true, window.windowstyle == none, and so on.

  • スクロールの高速化は、完全なウィンドウのレンダリング中には発生しません。Scrolling acceleration does not occur during full-window rendering.

  • 高速化をスクロールしても、ウィンドウは、2 つのモニターをまたぐときに機能しません。Scrolling acceleration does not work when the window straddles two monitors.

  • スクロールの高速化は、スクロールした要素の親チェーン内の中間レンダー ターゲットが存在する場合は機能しません。Scrolling acceleration does not work in the presence of intermediate render targets in the parent chain of the scrolled element. これらのいくつか中間レンダー ターゲットを次に示します。The following list shows some of these intermediate render targets.

    • クリップClips

    • 効果Effects

    • DrawingBrushesDrawingBrushes

    • VisualBrushesVisualBrushes

    • OpacityMasksOpacityMasks

    • OpacityOpacity

  • 1 つだけの高速スクロールは、フレームごとに発生します。Only one accelerated scroll can happen per frame. 複数の高速スクロール領域がありますが、うち 1 つだけが、フレームの間に高速のスクロールを実行できます。There can be multiple accelerated scroll areas, but only one of them can perform an accelerated scroll during a frame. 領域のスクロールは不確定です。Which area is scrolled is indeterminate.

  • スクロールの加速、残りの内容をスクロールされていません (z オーダー) でスクロール可能な領域の上のコンテンツがサポートしています。Scrolling acceleration supports content above the scrolling region (in z-order) that is not scrolled with the rest of the content. 必要なすべてのダーティ領域が計算され、高速のスクロールが完了するが、意図せずにスクロールした部分に移動する、ネットワーク経由で追加のビットマップをいくつかが画面上の正しい位置にバックアップを送信します。The system calculates all necessary dirty regions and completes the accelerated scroll, but it sends several additional bitmaps over the wire to move the unintentionally scrolled portion back to its correct position on screen.

適用対象