Visual.VisualYSnappingGuidelines プロパティ

定義

y 座標 (水平) ガイドライン コレクションを取得または設定します。Gets or sets the y-coordinate (horizontal) guideline collection.

public:  property System::Windows::Media::DoubleCollection ^ VisualYSnappingGuidelines {  protected public:
System::Windows::Media::DoubleCollection ^ get(); protected:
 void set(System::Windows::Media::DoubleCollection ^ value); };
public System.Windows.Media.DoubleCollection VisualYSnappingGuidelines { protected internal get; protected set; }
member this.VisualYSnappingGuidelines : System.Windows.Media.DoubleCollection with get, set
Public Property VisualYSnappingGuidelines As DoubleCollection

プロパティ値

ビジュアルの y 座標ガイドライン コレクション。The y-coordinate guideline collection of the visual.

注釈

ピクセルスナップとは、オブジェクトの端がデバイス固有のピクセルにレンダリングされるように、コンテンツレイアウトが固定されるプロセスです。Pixel snapping is the process in which content layout is fixed so that object edges are rendered on device-specific pixels. WPFWPF グラフィックス システムでは、デバイスに依存しない単位を使用して、解像度とデバイスの独立性を可能にします。The WPFWPF graphics system uses device-independent units to enable resolution and device independence. デバイスに依存しない各ピクセルは、システムドット/インチ (dpi)dots per inch (dpi)の設定に合わせて自動的にスケーリングされます。Each device independent pixel automatically scales with the system's ドット/インチ (dpi)dots per inch (dpi) setting. これにより、異なる dpidpi 設定に対して WPFWPF アプリケーションに適切なスケーリングを提供し、アプリケーションを自動的に dpidpi 対応にします。This provides WPFWPF applications proper scaling for different dpidpi settings and makes the application automatically dpidpi-aware.

ただし、このdpidpi独立によって、アンチエイリアシングによって不規則なエッジレンダリングが作成される可能性があります。However, this dpidpi independence can create irregular edge rendering due to anti-aliasing. これらの成果物は、一般にぼやけた、つまり "ソフトな" エッジとして表示されます。エッジの位置がデバイスピクセル間ではなく、デバイスピクセルの途中にある場合に発生する可能性があります。These artifacts, commonly seen as blurry, or "soft" edges, can occur when the location of an edge falls in the middle of a device pixel rather than between device pixels. この問題に対処するWPFWPFため、では、ビジュアルツリー内のオブジェクトの端をデバイスピクセルに "スナップ" する方法を提供しています。これにより、アンチエイリアシングによって生成されるソフトエッジが除去されます。To address this issue, WPFWPF provides a way for object edges in a visual tree to "snap" to device pixels, eliminating the soft edges produced by anti-aliasing.

適用対象

こちらもご覧ください