System.Windows.Media 名前空間

Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーション内の描画、テキスト、オーディオ コンテンツ、ビデオ コンテンツなどのリッチ メディアを統合できるようにする型を提供します。

クラス

AdornerHitTestResult

AdornerHitTest(Point) メソッドの呼び出しから返されるデータを表します。

ArcSegment

2 つの点の間の楕円の円弧を表します。

BezierSegment

2 つの点を結ぶ 3 次ベジエ曲線を表します。

BitmapCache

UIElement のビットマップ表現を作成してキャッシュします。

BitmapCacheBrush

領域をキャッシュされたコンテンツで塗りつぶします。

Brush

グラフィカル オブジェクトの塗りつぶしに使用するオブジェクトを定義します。 Brush の派生クラスは、領域を塗りつぶす方法を記述します。

BrushConverter

Brush オブジェクトと別のオブジェクト型の間の変換に使用します。

Brushes

定義済みの SolidColorBrush オブジェクトのセットを実装します。

CacheMode

UIElement をキャッシュするための基本の実装を提供します。

CacheModeConverter

1 つのデータ型から別のデータ型へ CacheMode を変換します。

CharacterMetrics

デバイス フォントで文字をレイアウトするために使用されるメトリックを表します。

CharacterMetricsDictionary

Unicode スカラー値でインデックスが付けられている、デバイス フォントの CharacterMetrics オブジェクトの辞書を表します。

ColorContext

ビットマップ イメージに関連付けられている International Color Consortium (ICC) または Image Color Management (ICM) のカラー プロファイルを表します。

ColorConverter

他の型のインスタンスと Color のインスタンスの間の変換を行います。

Colors

定義済みの色のセットを実装します。

CombinedGeometry

2 つの Geometry オブジェクトの組み合わせで定義された 2-D 幾何学図形を表します。

CompositionTarget

アプリケーションの表示サーフェイスを表します。

ContainerVisual

Visual オブジェクトのコレクションを管理します。

DashStyle

Pen によって適用される破線と空白のシーケンスを表します。

DashStyles

定義済みの DashStyle オブジェクトのセットを実装します。

DisableDpiAwarenessAttribute

WPF アプリケーションですべてのユーザー インターフェイス要素のドット/インチ (dpi) 対応を無効にできるようにします。

DoubleCollection

Double 値の順序付きコレクションを表します。

DoubleCollectionConverter

他の型のインスタンスと DoubleCollection の間の変換を行います。

Drawing

2-D 描画を説明する抽象クラス。 このクラスはコードでは継承できません。

DrawingBrush

Drawing を使用して領域を描画します。対象となるのは、図形、テキスト、ビデオ、イメージ、その他の描画です。

DrawingCollection

Drawing オブジェクトの順序付きコレクションを表します。

DrawingContext

描画、プッシュ、およびポップ コマンドを使用してビジュアル コンテンツを記述します。

DrawingGroup

単一の描画として操作可能な描画のコレクションを表します。

DrawingImage

コンテンツの Drawing を使用する ImageSource

DrawingVisual

DrawingVisual は、画面にベクター グラフィックスをレンダリングするために使用できるビジュアル オブジェクトです。 コンテンツはシステムによって永続化されます。

EllipseGeometry

円または楕円のジオメトリを表します。

ExceptionEventArgs

メディア イベントに対してエラー例外データを提供します。

FamilyTypeface

FontFamily によってサポートされる単一のタイプフェイスの詳細を指定します。

FamilyTypefaceCollection

FamilyTypeface インスタンスのコレクションを表します。

FontEmbeddingManager

物理フォントと複合フォントの埋め込み機能を提供します。

FontFamily

関連するフォントのファミリを表します。

FontFamilyConverter

String 型のインスタンスと FontFamily インスタンスの間の変換を行います。

FontFamilyMap

Unicode コード ポイントとカルチャ固有の言語に関する特定のセットに対して使用する FontFamily を定義します。

FontFamilyMapCollection

FontFamilyMap オブジェクトの順序付きコレクションを表します。

FontFamilyValueSerializer

String のインスタンスと FontFamily のインスタンスを相互に変換します。

Fonts

FontFamily オブジェクトと Typeface オブジェクトに対して列挙のサポートを提供します。

FormattedText

Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションでのテキストの描画に対する低レベルの制御を提供します。

GeneralTransform

点や四角形などのオブジェクトに対する一般化された変換をサポートします。 これは抽象クラスです。

GeneralTransformCollection

GeneralTransform オブジェクトの順序付きコレクションを表します。

GeneralTransformGroup

GeneralTransform 内の変換の複合である GeneralTransformCollection を表します。

Geometry

この抽象基底クラスから派生するクラスは、幾何学図形を定義します。 Geometry オブジェクトは、クリップ、ヒット テスト、2-D グラフィック データのレンダリングに使用できます。

GeometryCollection

Geometry オブジェクトのコレクションを表します。

GeometryConverter

Geometry のインスタンスとその他の型の間で変換します。

GeometryDrawing

指定された BrushPen を使用して、Geometry を描画します。

GeometryGroup

他の Geometry オブジェクトで構成される複合ジオメトリを表します。

GeometryHitTestParameters

Geometry をビジュアル ツリーのヒット テストに使用するパラメーターとして指定します。

GeometryHitTestResult

Geometry をヒット テスト パラメーターとして使用するヒット テストの結果を返します。

GlyphRun

同じ描画スタイルが設定され、サイズ、フォント、およびフォントの書体が同じである一連のグリフを表します。

GlyphRunDrawing

Drawing を描画する GlyphRun オブジェクトを表します。

GlyphTypeface

ディスク上のフォント ファイルに対応する物理的なフォント フェイスを指定します。

GradientBrush

グラデーションの分岐点で構成されるグラデーションを記述する抽象クラス。 GradientBrush から継承するクラスは、グラデーションの分岐点を解釈するさまざまな方法について記述します。

GradientStop

グラデーションの遷移ポイントの位置と色について説明します。

GradientStopCollection

インデックスによって個別にアクセスできる GradientStop オブジェクトのコレクションを表します。

GuidelineSet

描画する図形をデバイス ピクセル グリッドに合わせて調整する場合に利用できるガイド ラインのコレクションを表します。

HitTestParameters

ヒット テストのパラメーターを定義します。 実用的なヒット テストに使用できるこの共通の基底クラスから派生したクラスには、PointHitTestParameters および GeometryHitTestParameters が含まれます。

HitTestResult

ヒット テストの戻り値を表すいくつかの派生クラスの基底クラスを提供します。

HostVisual

親のビジュアル ツリーの任意の場所に接続できる Visual オブジェクトを表します。

ImageBrush

イメージで領域を塗りつぶします。

ImageDrawing

Rect で定義されている領域内にイメージを描画します。

ImageMetadata

イメージング関連 API のすべてのメタデータ操作の基底クラスを定義します。 これは抽象クラスです。

ImageSource

BitmapSourceDrawingImage など幅、高さ、および ImageMetadata を持つオブジェクト型を表します。 これは抽象クラスです。

ImageSourceConverter

ImageSource と他のデータ型間の変換を実行します。

ImageSourceValueSerializer

String のインスタンスと ImageSource のインスタンスを相互に変換します。

Int32Collection

Int32 値のコレクションを表します。

Int32CollectionConverter

Int32Collection オブジェクトと他のデータ型との間の変換を行います。

InvalidWmpVersionException

インストールした Microsoft Windows Media Player のバージョンがサポートされていない場合にスローされる例外。

LanguageSpecificStringDictionary

異なる言語でオブジェクトの名前を表すために使用する文字列の辞書を表します。

LinearGradientBrush

線形グラデーションを使用して領域を塗りつぶします。

LineGeometry

線のジオメトリを表します。

LineSegment

PathFigure 内の 2 点間の線を作成します。

MatrixConverter

他の型のインスタンスと Matrix の間の変換を行います。

MatrixTransform

2-D 平面内のオブジェクトまたは座標系の操作に使用する任意のアフィン行列変換を作成します。

MediaClock

MediaTimeline を使用してメディアのタイミング状態を保持します。

MediaPlayer

描画のためにメディアの再生を提供します。

MediaScriptCommandEventArgs

ScriptCommand イベントおよび ScriptCommand イベントのデータを提供します。

MediaTimeline

メディア コンテンツの Timeline を提供します。

NumberSubstitution

さまざまなカルチャでテキスト内の数字を表示する方法を指定します。

PathFigure

ジオメトリのサブセクションである 1 つに接続された一連の 2 次元幾何学セグメントを表します。

PathFigureCollection

PathGeometry のジオメトリを集合的に構成する PathFigure オブジェクトのコレクションを表します。

PathFigureCollectionConverter

他の型のインスタンスと PathFigureCollection の間の変換を行います。

PathGeometry

円弧、曲線、楕円、線、および四角形で構成できる複雑な図形を表します。

PathSegment

PathFigure オブジェクトのセグメントを表します。

PathSegmentCollection

インデックスによって個別にアクセスできる PathSegment オブジェクトのコレクションを表します。

Pen

図形を中抜きにする方法を説明します。

PixelFormatConverter

PixelFormat と他のデータ型間の変換を実行します。

PixelFormats

サポートされているピクセル形式のコレクションを表します。

PointCollection

インデックスによって個別にアクセスできる Point 値のコレクションを表します。

PointCollectionConverter

他の型のインスタンスと PointCollection の間の変換を行います。

PointHitTestParameters

Point をビジュアル オブジェクトのヒット テストに使用するパラメーターとして指定します。

PointHitTestResult

Point をヒット テスト パラメーターとして使用するヒット テストの結果を表します。

PolyBezierSegment

1 本以上の 3 次ベジエ曲線を表します。

PolyLineSegment

線分の終点を指定する各 PointCollection を使用して、Point によって定義される線分のセットを表します。

PolyQuadraticBezierSegment

一連の 2 次ベジエ セグメントを表します。

QuadraticBezierSegment

PathFigure に含まれる 2 つの点の間の 2 次ベジエ曲線を作成します。

RadialGradientBrush

放射状グラデーションを使用して領域を塗りつぶします。 焦点がグラデーションの始まりを定義し、円がグラデーションの終点を定義します。

RectangleGeometry

2 次元の四角形を記述します。

RenderCapability

WPF アプリケーションで、関連する Dispatcher オブジェクトの現在の描画層の照会、および変更の通知の登録を実行できるようにします。

RenderingEventArgs

Rendering イベントの必須の引数。

RenderOptions

オブジェクトのレンダリング動作を制御するためのオプションを提供します。

RequestCachePolicyConverter

RequestCachePolicy を解析します。

RotateTransform

2-D x-y 座標系の指定された点で、オブジェクトを時計回りに回転させます。

ScaleTransform

2-D x-y 座標系でオブジェクトを拡大します。

SkewTransform

2-D 傾斜を表します。

SolidColorBrush

純色で領域を塗りつぶします。

StreamGeometry

StreamGeometryContext を使用して表現される幾何学図形を定義します。 このジオメトリは、PathGeometry の代替となる軽量なものです。これはデータ バインディング、アニメーション、または変更をサポートしません。

StreamGeometryContext

描画コマンドを使用してジオメトリを記述します。 データ バインディング、アニメーション、変更をサポートしない軽量のジオメトリを作成する場合に、このクラスを StreamGeometry クラスと共に使用します。

TextEffect

テキスト オブジェクトに適用できるテキスト効果を表します。

TextEffectCollection

TextEffect オブジェクトのコレクションに対するコレクション サポートを提供します。

TextOptions

要素内でのテキストの表示方法に影響を与える添付プロパティのセットを定義します。

TileBrush

1 つ以上のタイルを使用して領域を塗りつぶす方法を記述します。

Transform

2-D 平面内の変換を有効にする機能を定義します。 変換には、回転 (RotateTransform)、スケール (ScaleTransform)、傾斜 (SkewTransform)、平行移動 (TranslateTransform) が含まれます。 このクラス階層は、クラスであり、アニメーションと列挙のセマンティクスをサポートする点で Matrix 構造体とは異なります。

TransformCollection

インデックスによって個別にアクセスできる Transform オブジェクトのコレクションを表します。

TransformConverter

Transform オブジェクトと別のオブジェクト型の間の変換を行います。

TransformGroup

他の Transform オブジェクトで構成される複合 Transform を表します。

TranslateTransform

2-D x-y 座標系でオブジェクトを変換 (移動) します。

Typeface

FontFamilyFontWeightFontStyle、および FontStretch の組み合わせを表します。

VectorCollection

Vector 値の順序付きコレクションを表します。

VectorCollectionConverter

他の型のインスタンスと VectorCollection の間の変換を行います。

VideoDrawing

メディア ファイルを再生します。 メディアがビデオ ファイルの場合、VideoDrawing はそのメディアを指定した四角形に描画します。

Visual

WPF でヒット テスト、座標変換、境界ボックス計算などの描画をサポートします。

VisualBrush

Visual で領域を塗りつぶします。

VisualCollection

Visual オブジェクトの順序付きコレクションを表します。

VisualTarget

スレッド境界を越えて 1 つのビジュアル ツリーから別のビジュアル ツリーに接続する機能を提供します。

VisualTreeHelper

ビジュアル ツリー内のノードに関連する一般的なタスクを実行するユーティリティ メソッドを提供します。

構造体

Color

アルファ、赤、緑、および青のチャネルで色を記述します。

DoubleCollection.Enumerator

DoubleCollectionDouble 項目を列挙します。

DrawingCollection.Enumerator

DrawingCollectionDrawing 項目を列挙します。

GeneralTransformCollection.Enumerator

GeneralTransformCollectionGeneralTransform 項目を列挙します。

GeometryCollection.Enumerator

GeometryCollectionGeometry 項目を列挙します。

GradientStopCollection.Enumerator

GradientStopCollectionGradientStop 項目を列挙します。

Int32Collection.Enumerator

Int32CollectionInt32 項目を列挙します。

Matrix

2-D 空間での変換に使用される 3 x 3 アフィン変換行列を表します。

PathFigureCollection.Enumerator

PathFigureCollectionPathFigure 項目を列挙します。

PathSegmentCollection.Enumerator

PathSegmentCollectionに対する単純な繰り返し処理をサポートします。

PixelFormat

画像やピクセル ベースのサーフェイスのピクセル形式を定義します。

PixelFormatChannelMask

特定のピクセル形式のビット マスクとビット シフトを定義します。

PointCollection.Enumerator

PointCollectionPoint 項目を列挙します。

TextEffectCollection.Enumerator

TextEffectCollectionTextEffect 項目を列挙します。

TransformCollection.Enumerator

TransformCollectionに対する単純な繰り返し処理をサポートします。

VectorCollection.Enumerator

VectorCollectionVector 項目を列挙します。

VisualCollection.Enumerator

VisualCollectionVisual 項目を列挙します。

列挙型

AlignmentX

コンテナー内でのコンテンツの横方向の配置方法を記述します。

AlignmentY

コンテナー内でのコンテンツの縦方向の配置方法を記述します。

BitmapScalingMode

ビットマップ イメージのスケーリングに使用するアルゴリズムを指定します。

BrushMappingMode

Brush で使用される座標系を指定します。

CachingHint

並べて表示されたブラシ オブジェクトをキャッシュするかどうかを指定します。

ClearTypeHint

テキストを ClearType でレンダリングできることを示すヒントをレンダリング エンジンに対して指定する列挙体。

ColorInterpolationMode

グラデーションの色の補間方法を決定します。

EdgeMode

テキスト以外の描画プリミティブの端を、どのようにレンダリングするかを決定します。

FillRule

PathFigure に含まれる Geometry オブジェクトの交差する領域をどのように結合して Geometry の領域を作成するかを指定します。

FontEmbeddingRight

OpenType フォント ファイルで指定されている権限を埋め込むフォントを記述します。

GeometryCombineMode

2 つのジオメトリを結合できるさまざまな方法を指定します。

GradientSpreadMethod

グラデーション ブラシのグラデーション ベクター (グラデーション領域) の外側にグラデーションを描画する方法を指定します。

HitTestFilterBehavior

ヒット テスト フィルターのコールバック メソッドでヒット テストの戻り値の動作を指定します。

HitTestResultBehavior

ヒット テスト中に、残りのビジュアル オブジェクトの列挙を続行するかどうかを決定します。

IntersectionDetail

GeometryHitTestParameters のジオメトリとヒットしたビジュアルとの間の交差部分に関する情報を提供します。

NumberCultureSource

テキスト ラン内の数字のカルチャを判断する方法を指定します。

NumberSubstitutionMethod

テキスト ランの数字に対して実行される数字置換の種類を指定する、列挙子クラスを定義します。

PenDashCap

各破線セグメントの終端の形状を記述します。

PenLineCap

直線または線分の終端の形状を記述します。

PenLineJoin

2 つの直線または線分を結合する図形を記述します。

Stretch

割り当てられた領域を埋めるようにコンテンツのサイズを変更する方法を示します。

StyleSimulations

フォントのシミュレーション スタイルを記述する列挙子クラスを定義します。

SweepDirection

楕円の円弧が描画される方向を定義します。

TextFormattingMode

TextFormatter クラスでサポートされている書式設定メソッドを定義します。

TextHintingMode

静的テキストまたはアニメーション化されたテキストの描画動作を定義します。

TextRenderingMode

サポートされるテキストのレンダリング モードを定義します。

TileMode

TileBrush がタイルを出力領域に描画する方法を説明します。

ToleranceType

誤差の許容範囲値を解釈する方法を判断します。

代理人

HitTestFilterCallback

ヒット テスト処理で省略するビジュアル ツリーの一部を指定するコールバック メソッドを表します。

HitTestResultCallback

ヒット テストのカスタマイズに使用されるコールバックを表します。 WPF は HitTestResultCallback を呼び出して、ユーザーにヒット テストの交差部分を報告します。