NameScope.FindName(String) NameScope.FindName(String) NameScope.FindName(String) NameScope.FindName(String) Method

定義

この NameScope によって保守され、提供された名前文字列に基づいている XAML 名前スコープの対応するオブジェクトを返します。Returns the corresponding object in the XAML namescope maintained by this NameScope, based on a provided name string.

public:
 virtual System::Object ^ FindName(System::String ^ name);
public object FindName (string name);
abstract member FindName : string -> obj
override this.FindName : string -> obj
Public Function FindName (name As String) As Object

パラメーター

name
String String String String

オブジェクト部分を取得する既存のマッピングの名前部分です。Name portion of an existing mapping to retrieve the object portion for.

戻り値

name でマップされる要求したオブジェクト。The requested object that is mapped with name. namenull または空の文字列として提供された場合、または一致するオブジェクトが見つからなかった場合に、null が返されることがあります。Can return null if name was provided as null or empty string, or if no matching object was found.

実装

注釈

いくつかの基本要素 (FrameworkElementFrameworkElement) も公開、FindNameメソッドが同じ機能を使用します。Several base elements (FrameworkElement, FrameworkElement) also expose a FindName method with identical functionality. 基本要素のバージョンでは、ルート要素に向かって、従来の論理ツリー内の XAML 名前スコープの検索を実行します。The base element versions perform a XAML namescope search within the conventional logical tree, working towards the root element. XAML 名前スコープが決まったら、その XAML 名前スコープが要求された名前のクエリを実行します。Once the XAML namescope is determined, that XAML namescope is queried for the requested name.

適用対象

こちらもご覧ください