PropertyMetadata.PropertyChangedCallback プロパティ

定義

このメタデータに指定されている PropertyChangedCallback 実装への参照を取得または設定します。Gets or sets a reference to a PropertyChangedCallback implementation specified in this metadata.

public:
 property System::Windows::PropertyChangedCallback ^ PropertyChangedCallback { System::Windows::PropertyChangedCallback ^ get(); void set(System::Windows::PropertyChangedCallback ^ value); };
public System.Windows.PropertyChangedCallback PropertyChangedCallback { get; set; }
member this.PropertyChangedCallback : System.Windows.PropertyChangedCallback with get, set
Public Property PropertyChangedCallback As PropertyChangedCallback

プロパティ値

PropertyChangedCallback 実装参照。A PropertyChangedCallback implementation reference.

例外

依存関係プロパティの操作にいったん適用した後は、メタデータのプロパティを設定できません。Cannot set a metadata property once it is applied to a dependency property operation.

注釈

プロパティメタデータ内のコールバックは、通常、定義型のパブリックメンバーではないため、既存の依存関係プロパティのメタデータを使用するだけのほとんどのシナリオでは、このプロパティの値は重要ではありません。The callbacks in property metadata are not typically public members on the defining type, so the value of this property is not important for most scenarios that just consume an existing dependency property's metadata. このプロパティが公開される理由の1つは、基本メタデータとオーバーライド/追加メタデータの両方がを指定してPropertyChangedCallbackいる場合に、メタデータクラスが必要なマージロジックを実行できるようにするためです。One reason this property is exposed is so that metadata classes can perform their desired merge logic if both base metadata and overriding/adding metadata specify a PropertyChangedCallback. の既定のマージロジックでは、テーブルPropertyChangedCallback内のすべての実装を維持し、それぞれを呼び出します。また、最初に階層内の最も深いクラスによって確立されたコールバックを使用します。The default merge logic for is to maintain all PropertyChangedCallback implementations in a table and call each of them, with callbacks established by the deepest class in hierarchy running first.

PropertyChangedCallbackは、オブジェクトモデルで読み取り/書き込み可能として定義されます。PropertyChangedCallback is defined in the object model as read-write. これは、 PropertyChangedCallback PropertyMetadataオブジェクト自体を初期化した後で調整できるようにするためです。This is so PropertyChangedCallback can be adjusted after initialization of the PropertyMetadata object itself. ただし、 RegisterAddOwner、またはOverrideMetadataの呼び出しの一部としてメタデータを使用すると、プロパティシステムによってそのメタデータインスタンスが封印され、プロパティが不変と見なされるようになります。However, once the metadata is consumed as part of a call to Register, AddOwner, or OverrideMetadata, the property system will seal that metadata instance and the properties are now considered immutable. このメタデータPropertyChangedCallbackインスタンスIsSealed trueに1回設定しようとすると、例外が発生します。Attempting to set PropertyChangedCallback once IsSealed is true on this metadata instance will raise an exception.

適用対象