PropertyMetadata クラス

定義

登録時の条件など、特定の種類に適用されるときの依存関係プロパティの動作を定義します。

public ref class PropertyMetadata
public class PropertyMetadata
type PropertyMetadata = class
Public Class PropertyMetadata
継承
PropertyMetadata
派生

注釈

プロパティ メタデータは、 メソッドを呼び出す場合 (または添付プロパティまたは読み取り専用の依存関係プロパティのバリエーション)、またはメソッドの呼び出し時に元の所有者登録の後に、依存関係プロパティの登録中に定義および使用できます。 Register OverrideMetadata AddOwner はプロパティ メタデータも受け取る。

このクラスは、これらの各呼び出しで使用できる具象基本クラスです。 ただし、 などの派生クラスのいずれかを使用してメタデータを指定するのはとても一般的です FrameworkPropertyMetadata 。 これらの派生クラスは、ブール型プロパティ値として格納されるより詳細なメタデータをサポートします。これは、WPF フレームワーク レベルでのみ実装される一部のプロパティ システムおよびレイアウト動作を検出または有効にする場合に役立ちます。

このクラスのいくつかのプロパティは、オブジェクト モデルに対する読み取り/書き込みですが、 や などのプロパティ システム操作でインスタンスが使用される前にのみ書き込 Register まれます OverrideMetadata 。 これらの各プロパティは、コンストラクターによって設定されている可能性がありますが、メソッドの実装で設定できるよう Merge 公開されています。

XAML テキストの使用方法

この型とこの型のメンバーは、通常、XAML では使用されません。

コンストラクター

PropertyMetadata()

PropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PropertyMetadata(Object)

メタデータが適用される依存関係プロパティの指定した既定値を使用して、PropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PropertyMetadata(Object, PropertyChangedCallback)

指定した既定値と PropertyMetadata 実装参照を使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PropertyMetadata(Object, PropertyChangedCallback, CoerceValueCallback)

指定した既定値とコールバックを使用して、PropertyMetadata クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PropertyMetadata(PropertyChangedCallback)

指定した PropertyMetadata 実装参照を使用して、PropertyChangedCallback クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CoerceValueCallback

このメタデータに指定されている CoerceValueCallback 実装への参照を取得または設定します。

DefaultValue

依存関係プロパティの既定値を取得または設定します。

IsSealed

メタデータが何らかの方法でプロパティに適用されていて、該当のメタデータ インスタンスが不変の状態にあるかどうかを判断する値を取得します。

PropertyChangedCallback

このメタデータに指定されている PropertyChangedCallback 実装への参照を取得または設定します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Merge(PropertyMetadata, DependencyProperty)

このメタデータと基本メタデータをマージします。

OnApply(DependencyProperty, Type)

このメタデータがプロパティに適用されたときに呼び出され、メタデータがシールされることを示します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象