PropertyPath PropertyPath PropertyPath PropertyPath Constructors

定義

オーバーロード

PropertyPath(Object) PropertyPath(Object) PropertyPath(Object) PropertyPath(Object)

PropertyPath クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PropertyPath class.

PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[])

指定したパスのトークン文字列とパラメーターを使用して、PropertyPath クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PropertyPath class, with the provided pathing token string and parameters.

PropertyPath(Object) PropertyPath(Object) PropertyPath(Object) PropertyPath(Object)

PropertyPath クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PropertyPath class.

public:
 PropertyPath(System::Object ^ parameter);
public PropertyPath (object parameter);
new System.Windows.PropertyPath : obj -> System.Windows.PropertyPath
Public Sub New (parameter As Object)

パラメーター

parameter
Object Object Object Object

共通言語ランタイム (CLR)common language runtime (CLR) プロパティまたは単一の依存関係プロパティへのパスを記述するプロパティ パス。A property path that either describes a path to a 共通言語ランタイム (CLR)common language runtime (CLR) property, or a single dependency property.

注釈

このコンストラクターは、バインディングのソースモードプロパティパスとして使用されているか、またはストーリーボードターゲットのターゲットモードのシングルステッププロパティパスで使用されているかによって、まったく異なる2つの使用方法を持ちます。This constructor has two completely different usages depending on whether it is being used for a source-mode property path for a binding, or for a target-mode single-step property path for a storyboard target.

バインディングのソースPropertyPathモードでこのを使用する場合parameter 、はプロパティ名を表す文字列であるか、またはソースとして使用されているオブジェクトのCLRCLRオブジェクトモデルのプロパティへの "ステップスルー" パスを記述する文字列にすることができます。バインディングの場合。If using this PropertyPath in source mode for a binding, parameter is a string representing a property name, or can be a string that describes a "step-through" path to the property in the CLRCLR object model of the object that is being used as the source for a binding. バインドプロパティのパスの場合、"step" を識別する文字はドット (.) です。For a binding property path, the character that identifies a "step" is a dot (.). インデクサー参照 (複数のインデクサーと型の区別も含む) もサポートされています。Indexer references (including multiple indexers, and type differentiation) are also supported. Bindingオブジェクトによって明示的に使用される文字列の構文の詳細についBinding.Pathては、「」を参照してください。For more details on the syntax of the string as specifically used by the Binding object, see Binding.Path. バインディングソースとして使用されるプロパティは、依存関係プロパティである必要はありません。A property used as a binding source need not be a dependency property. バインディングが双方向に更新される場合、参照されるプロパティは読み取り/書き込み可能である必要があります。If the binding updates two-way, the property referenced must be read-write. また、バインディングターゲットは依存関係プロパティである必要があることにも注意してください。Also note that the binding target does have to be a dependency property. 詳細については、「データバインディングの概要」を参照してください。For details, see Data Binding Overview.

ストーリーボードターゲットPropertyPathのシングルステップパスに対してターゲットモードでこれを使用するparameter場合、は通常、 DependencyProperty型として提供されます。If using this PropertyPath in target mode for a single-step path for a storyboard target, parameter is generally provided as type DependencyProperty. また、 Nameである文字列を指定することもできます。You can also specify a string that is the Name. これらはいずれも、内部的に文字列として格納されるため、同じ結果に評価されます。Either of these evaluate to the same result, because it is stored internally as a string. 指定さDependencyPropertyれたは、を使用DependencyPropertyConverterして文字列に変換されます。A provided DependencyProperty is converted to a string through DependencyPropertyConverter. DependencyPropertyConverter依存関係プロパティの修飾された名前付け形式をサポートしているため、 typeNameを指定できます。propertyName修飾依存関係プロパティ名文字列をPropertyPath.PropertyPathコード内のコンストラクターに指定します。The DependencyPropertyConverter supports a qualified naming format for dependency properties, so you can specify a typeName.propertyName qualified dependency property name string to the PropertyPath.PropertyPath constructor in code. 依存関係プロパティの識別子への修飾パスは、複雑なパスとは異なる概念です。The qualified path to the dependency property identifier is a different concept than a complex path. 代わりに、 PropertyPath.PropertyPathコンストラクターをPropertyPath使用して複雑なパスを作成する必要があります。A complex-path PropertyPath should instead be created with the PropertyPath.PropertyPath constructor.

こちらもご覧ください

PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[])

指定したパスのトークン文字列とパラメーターを使用して、PropertyPath クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PropertyPath class, with the provided pathing token string and parameters.

public:
 PropertyPath(System::String ^ path, ... cli::array <System::Object ^> ^ pathParameters);
public PropertyPath (string path, params object[] pathParameters);
new System.Windows.PropertyPath : string * obj[] -> System.Windows.PropertyPath
Public Sub New (path As String, ParamArray pathParameters As Object())

パラメーター

path
String String String String

Path をトークン化された形式で指定する文字列。A string that specifies the Path, in a tokenized format.

pathParameters
Object[]

PathParameters を設定するオブジェクトの配列。An array of objects that sets the PathParameters.

注釈

この署名は、通常、複雑なパスをPropertyPath持つターゲットモードの使用にのみ使用されます。This signature is generally only used for target-mode PropertyPath usages with complex paths.

このコンストラクターはparamspathParametersコンストラクター引数に対してをサポートします。This constructor supports params for the pathParameters constructor argument. そのため、配列の次元をpathParameters設定してからpathParameters項目を設定するのではなく、配列を設定する一連のコンマ区切りのコンストラクター引数としての内容を指定できます。Therefore you can specify the contents of pathParameters as a series of comma-separated constructor arguments that populate the array, rather than needing to dimension an array and then populate it with the pathParameters items. 指定する各項目はDependencyProperty、、 PropertyInfoPropertyDescriptorのいずれかの型である必要があります。Each item you specify must be one of the following types: DependencyProperty, PropertyInfo, PropertyDescriptor.

パラメーターの要件の詳細については、「 PathPathParametersおよび「」を参照してください。For more information on the requirements of the parameters, see Path and PathParameters.

適用対象