PropertyPath PropertyPath PropertyPath PropertyPath Class

定義

プロパティを、別のプロパティまたは所有する型の下位のパスとして記述するためのデータ構造を実装します。Implements a data structure for describing a property as a path below another property, or below an owning type. プロパティ パスは、オブジェクトへのデータ バインディングと、アニメーションのストーリーボードおよびタイムラインに使用されます。Property paths are used in data binding to objects, and in storyboards and timelines for animations.

public ref class PropertyPath sealed
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.PropertyPathConverter))]
public sealed class PropertyPath
type PropertyPath = class
Public NotInheritable Class PropertyPath
継承
PropertyPathPropertyPathPropertyPathPropertyPath
属性

注釈

このクラスには、文字列が含まれています。 Path、は依存関係プロパティの一覧と、PathParameters文字列にPathします。This class contains a string Path, and list of dependency properties that are the PathParameters into the string Path.

PropertyPath 動作の 2 つのモードをサポートしています。PropertyPath supports two modes of behavior:

ソース モード他のいくつかの操作のソースとして使用されるプロパティへのパスについて説明します。Source mode describes a path to a property that is used as a source for some other operation. このモードを使って、Bindingデータ バインディングをサポートするクラス。This mode is used by the Binding class to support data binding.

ターゲット モードターゲット プロパティとして設定されるプロパティへのパスについて説明します。Target mode describes a path to a property that will be set as a target property. このモードは、ストーリー ボードおよびタイムラインの setter をサポートするためのアニメーションで使用されます。This mode is used by animation in support of storyboard and timeline setters.

たとえば、Background.Opacityは 2 段階のパスです。For instance, Background.Opacity is a two-step path. このパスは: 最初に、検索、 Background 、オブジェクトのプロパティの get 値オブジェクト、Backgroundプロパティに設定されておりの値を取得し、Opacityそのオブジェクトのプロパティ。This path implies: first, find the Background property of an object, get the value object that the Background property is set to, and then get the value of the Opacity property on that object.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object property="propertyPath" .../>  

XAML 値XAML Values

propertyPathpropertyPath
単純または複雑なプロパティ パスを指定するために評価される文字列。A string that is evaluated to be either a simple or complex property path. 設定の構文をPropertyPathXAMLXAMLは汎用性の高いが、複雑なため、別のトピックに記載されてPropertyPath の XAML 構文します。The syntax for setting a PropertyPath in XAMLXAML is versatile but complex, and is described in the separate topic PropertyPath XAML Syntax.

コンストラクター

PropertyPath(Object) PropertyPath(Object) PropertyPath(Object) PropertyPath(Object)

PropertyPath クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PropertyPath class.

PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[]) PropertyPath(String, Object[])

指定したパスのトークン文字列とパラメーターを使用して、PropertyPath クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PropertyPath class, with the provided pathing token string and parameters.

プロパティ

Path Path Path Path

パスを記述する文字列を取得または設定します。Gets or sets the string that describes the path.

PathParameters PathParameters PathParameters PathParameters

パスがインデックス付きパラメーターを参照するときに使用するパラメーターのリストを取得します。Gets the list of parameters to use when the path refers to indexed parameters.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください