ResourceDictionary クラス

定義

WPF アプリケーションのコンポーネントおよびその他の要素によって使用される WPF リソースを格納するハッシュ テーブルまたはディクショナリの実装を提供します。

public ref class ResourceDictionary : System::Collections::IDictionary, System::ComponentModel::ISupportInitialize, System::Windows::Markup::INameScope, System::Windows::Markup::IUriContext
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.Ignore)]
[System.Windows.Markup.Ambient]
[System.Windows.Markup.UsableDuringInitialization(true)]
public class ResourceDictionary : System.Collections.IDictionary, System.ComponentModel.ISupportInitialize, System.Windows.Markup.INameScope, System.Windows.Markup.IUriContext
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.Ignore)]
public class ResourceDictionary : System.Collections.IDictionary, System.ComponentModel.ISupportInitialize, System.Windows.Markup.INameScope, System.Windows.Markup.IUriContext
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.Ignore)>]
[<System.Windows.Markup.Ambient>]
[<System.Windows.Markup.UsableDuringInitialization(true)>]
type ResourceDictionary = class
    interface ICollection
    interface IEnumerable
    interface IDictionary
    interface ISupportInitialize
    interface INameScope
    interface IUriContext
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.Ignore)>]
type ResourceDictionary = class
    interface IDictionary
    interface ICollection
    interface IEnumerable
    interface INameScope
    interface ISupportInitialize
    interface IUriContext
[<System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.Ignore)>]
[<System.Windows.Markup.Ambient>]
[<System.Windows.Markup.UsableDuringInitialization(true)>]
type ResourceDictionary = class
    interface IDictionary
    interface ICollection
    interface IEnumerable
    interface ISupportInitialize
    interface IUriContext
    interface INameScope
Public Class ResourceDictionary
Implements IDictionary, INameScope, ISupportInitialize, IUriContext
継承
ResourceDictionary
派生
属性
実装

注釈

内の項目は、アプリケーション コードが XAML ローダーによって読み込 ResourceDictionary まれるとすぐには処理されません。 代わりに、 はオブジェクトとして保持され、個々の値は特に要求 ResourceDictionary された場合にのみ処理されます。

クラス ResourceDictionary は から派生されません DictionaryBase 。 代わりに、 クラス ResourceDictionary は を実装 IDictionary しますが、内部的には Hashtable に依存します。

クラスExtensible Application Markup Language (XAML) では、通常、 クラスは、プロパティ要素の構文で指定された複数のプロパティのオブジェクト要素値である暗黙的な ResourceDictionary Resources コレクション要素です。 XAML での暗黙的なコレクションの詳細については、「XAML 構文の詳細 」を参照してください。 例外は、マージされたディクショナリを指定する場合です。詳細については、「マージされた リソース ディクショナリ」を参照してください

もう 1 つの XAML 使用法として、リソース ディクショナリを個別の XAML ファイルとして宣言し、実行時にリソースまたは Loose ファイルとして (完全信頼) プロジェクトに読み込むか、または (完全信頼) プロジェクトに含める方法があります。 Load この場合、 は、XAML のルート要素として機能するオブジェクト要素 ResourceDictionary として宣言できます。 ルート要素として使用する場合は、適切な XML 名前空間の値 (WPF 名前空間の場合は既定値、通常は XAML 名前空間の場合) を 要素に x: ResourceDictionary マップする必要があります。 その後、リソースを定義する子要素を追加できます。それぞれに x:Key 値を指定 します。

XAML 暗黙的コレクションの使用

<object>  
  <object.resourcesProperty>  
    oneOrMoreResources  
  </object.resourcesProperty>  
</object>  

XAML 値

resourcesProperty
プロパティ要素を指定するプロパティ。このプロパティの値の型は です ResourceDictionary 。 通常、アプリケーション リソースの場合、これは または の Resources FrameworkElement FrameworkContentElement Application プロパティです。

oneOrMoreResources
オブジェクト要素として指定された 1 つ以上のリソース。 指定する各リソースには 、x:Key ディレクティブが割り当てられている必要 があります。

コンストラクター

ResourceDictionary()

ResourceDictionary クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Count

基本 ResourceDictionary 内のエントリの数を取得します。

DeferrableContent

リソース ディクショナリの遅延可能なコンテンツを取得または設定します。

InvalidatesImplicitDataTemplateResources

ResourceDictionary オブジェクトにより発生した無効化により、ContentPresenter オブジェクトがテンプレートの選択を再評価するかどうかを示す値を取得または設定します。 無効化は、暗黙的なデータ テンプレート リソースが変更されたときに発生します。

IsFixedSize

この ResourceDictionary が固定サイズかどうかを取得します。

IsReadOnly

この ResourceDictionary が読み取り専用かどうかを取得します。

Item[Object]

指定したキーに関連付けられている値を取得または設定します。

Keys

この ResourceDictionary に格納されているすべてのキーのコレクションを取得します。

MergedDictionaries

マージされたディクショナリ内のさまざまなリソース ディクショナリを構成する、ResourceDictionary ディクショナリのコレクションを取得します。

Source

リソースの読み込み元の Uniform Resource Identifier (URI) を取得または設定します。

Values

この ResourceDictionary に格納されているキーに関連付けられているすべての値のコレクションを取得します。

メソッド

Add(Object, Object)

キーによってこの ResourceDictionary にリソースを追加します。

BeginInit()

この ResourceDictionary の初期化フェーズを開始します。

Clear()

基本 ResourceDictionary のキー (および値) をすべて消去します。 この場合、マージされたディクショナリの項目は消去されません。

Contains(Object)

指定したキーの要素が ResourceDictionary に格納されているかどうかを確認します。

CopyTo(DictionaryEntry[], Int32)

1 次元の ResourceDictionary の指定したインデックスに DictionaryEntry の要素をコピーします。

EndInit()

初期化フェーズを終了し、初期化フェーズでキーに対して行った変更がすべて考慮されるように前のツリーを無効にします。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
FindName(String)

このディクショナリの実装ではサポートされていません。

GetEnumerator()

IDictionaryEnumerator を反復処理するために使用できる ResourceDictionary を返します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnGettingValue(Object, Object, Boolean)

ResourceDictionary がリソースの要求を受け取ると発生します。

RegisterName(String, Object)

このディクショナリの実装ではサポートされていません。

Remove(Object)

指定したキーを持つエントリを基本ディクショナリから削除します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
UnregisterName(String)

このディクショナリの実装ではサポートされていません。

明示的なインターフェイスの実装

ICollection.CopyTo(Array, Int32)

このメンバーの詳細については、「CopyTo(Array, Int32)」をご覧ください。

ICollection.IsSynchronized

このメンバーの詳細については、「IsSynchronized」をご覧ください。

ICollection.SyncRoot

このメンバーの詳細については、「SyncRoot」をご覧ください。

IEnumerable.GetEnumerator()

このメンバーの詳細については、「GetEnumerator()」をご覧ください。

IUriContext.BaseUri

このメンバーの詳細については、「BaseUri」をご覧ください。

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

適用対象

こちらもご覧ください