RoutedEventArgs.OnSetSource(Object) メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドした場合、インスタンスの Source プロパティの値が変更されるたびに、通知コールバックのエントリ ポイントを提供します。When overridden in a derived class, provides a notification callback entry point whenever the value of the Source property of an instance changes.

protected:
 virtual void OnSetSource(System::Object ^ source);
protected virtual void OnSetSource (object source);
abstract member OnSetSource : obj -> unit
override this.OnSetSource : obj -> unit
Protected Overridable Sub OnSetSource (source As Object)

パラメーター

source
Object

Source に設定する新しい値。The new value that Source is being set to.

注意 (継承者)

報告されたイベントソースをプログラムによって変更すると、イベント内の型固有のデータを更新する必要が生じる可能性があります。Changing the reported source of an event programmatically can potentially require updating the type-specific data within the event. このため、メソッドは OnSetSource(Object) プロテクト仮想であり、のサブクラスによってオーバーライドされることを意図してい RoutedEventArgs ます。For this reason, the OnSetSource(Object) method is protected virtual and is intended to be overridden by subclasses of RoutedEventArgs.

このメソッドには既定の実装がありません。This method has no default implementation.

適用対象

こちらもご覧ください