RoutedEventArgs.Source RoutedEventArgs.Source RoutedEventArgs.Source RoutedEventArgs.Source Property

定義

イベントを発生させたオブジェクトへの参照を取得または設定します。Gets or sets a reference to the object that raised the event.

public:
 property System::Object ^ Source { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public object Source { get; set; }
member this.Source : obj with get, set
Public Property Source As Object

プロパティ値

イベントを発生させたオブジェクト。The object that raised the event.

注釈

発生元の要素の次のルートを実際に通過したイベントのバブル ルーティングされると、トンネリング ルーティングされていないイベントまだトンネリングの値であることを発生させた要素までのSourceは、の値とは異なりますsenderイベント引数クラスのパラメーター。For any bubbling routed event that has actually traveled the route beyond the element that raised it, and for any tunneling routed event that has not yet tunneled down to the element that raised it, the value of Source will be different than the value of the sender parameter of the event arguments class. 任意の特定のハンドラーで最も重要ではイベントに関連する 2 つの要素の (Source、それを発生させた要素またはsender、処理は、現在の要素) は、ハンドラーは、アプリケーション ロジックに依存アドレスを指定します。Which of the two elements involved in the event is of the most importance in any given handler (Source, the element that raised it, or sender, the element that is currently handling it) is dependent on the application logic that your handler is addressing.

このプロパティの設定は通常ときにのみ実行オーバーライドまたは実装するその他のAPIAPIs場合など、イベント ソースを調整するクラス イベントを処理します。Setting this property is typically only done when overriding or implementing other APIAPIs that adjust event sources, such as when class handling an event. 特に、処理済みとしてハンドラーが、イベントをマークしない場合、インスタンス ハンドラーからイベント ソースのリセットはお勧めしません。Resetting apparent event sources from instance handlers is not recommended, particularly when the handler does not mark the event as handled.

実行をリセットする場合Source、別のイベント ソースをレポートするOriginalSourceとして最初のソース、送信元によって生成されるレポートは引き続きRaiseEventを呼び出します。If you do reset Source to report a different event source, OriginalSource will continue to report the source as first raised by the originating RaiseEvent call.

適用対象

こちらもご覧ください