Setter クラス

定義

プロパティ値を適用する setter を表します。

public ref class Setter : System::Windows::SetterBase, System::ComponentModel::ISupportInitialize
public ref class Setter : System::Windows::SetterBase
[System.Windows.Markup.XamlSetMarkupExtension("ReceiveMarkupExtension")]
[System.Windows.Markup.XamlSetTypeConverter("ReceiveTypeConverter")]
public class Setter : System.Windows.SetterBase, System.ComponentModel.ISupportInitialize
public class Setter : System.Windows.SetterBase
[<System.Windows.Markup.XamlSetMarkupExtension("ReceiveMarkupExtension")>]
[<System.Windows.Markup.XamlSetTypeConverter("ReceiveTypeConverter")>]
type Setter = class
    inherit SetterBase
    interface ISupportInitialize
type Setter = class
    inherit SetterBase
Public Class Setter
Inherits SetterBase
Implements ISupportInitialize
Public Class Setter
Inherits SetterBase
継承
属性
実装

次の例では、 Style すべての要素に適用されるを定義し TextBlock ます。 これ Style TextBlock は、を使用して、いくつかのプロパティに値を適用し Setter ます。

<Style TargetType="{x:Type TextBlock}">
  <Setter Property="FontFamily" Value="Segoe Black" />
  <Setter Property="HorizontalAlignment" Value="Center" />
  <Setter Property="FontSize" Value="12pt" />
  <Setter Property="Foreground" Value="#777777" />
</Style>

次の例は、コントロールで使用できるという名前のを示して Style Button います。 は、 Style Trigger Foreground プロパティがの場合に、ボタンのプロパティを変更する要素を定義し IsPressed true ます。

<Style x:Key="Triggers" TargetType="Button">
    <Style.Triggers>
    <Trigger Property="IsPressed" Value="true">
        <Setter Property = "Foreground" Value="Green"/>
    </Trigger>
    </Style.Triggers>
</Style>

注釈

Styleおよびさまざまな種類のトリガー (から継承するクラス) では、を使用して TriggerBase Setter プロパティ値を適用します。

Property Value Setter が意味を持つようにするには、のプロパティとプロパティの両方を指定する必要があることに注意してください Setter 。 一方または両方のプロパティが設定されていない場合は、例外がスローされます。

コンストラクター

Setter()

Setter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Setter(DependencyProperty, Object)

指定したプロパティと値を使用して、Setter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Setter(DependencyProperty, Object, String)

指定したプロパティ、値、およびターゲット名を使用して、Setter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

IsSealed

このオブジェクトが変更できない状態にあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 SetterBase)
Property

Value が適用されるプロパティを取得または設定します。

TargetName

この Setter の対象となるオブジェクトの名前を取得または設定します。

Value

この Setter で指定されたプロパティに適用する値を取得または設定します。

メソッド

CheckSealed()

このオブジェクトが読み取り専用で変更できないかどうかをチェックします。

(継承元 SetterBase)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ReceiveMarkupExtension(Object, XamlSetMarkupExtensionEventArgs)

マークアップ拡張機能によって Setter オブジェクトのプロパティの値が設定された場合の処理を行います。

ReceiveTypeConverter(Object, XamlSetTypeConverterEventArgs)

型コンバーターによって Setter オブジェクトのプロパティの値が設定された場合の処理を行います。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ISupportInitialize.BeginInit()

初期化の開始を通知するシグナルをオブジェクトに送信します。

ISupportInitialize.EndInit()

初期化の完了を通知するシグナルをオブジェクトに送信します。

適用対象

こちらもご覧ください