JumpPath クラス

定義

Windows 7 タスク バーのジャンプ リストに表示されるファイルへのリンクを表します。Represents a link to a file that is displayed in a Windows 7 taskbar Jump List.

public ref class JumpPath : System::Windows::Shell::JumpItem
public class JumpPath : System.Windows.Shell.JumpItem
type JumpPath = class
    inherit JumpItem
Public Class JumpPath
Inherits JumpItem
継承
JumpPath

注釈

は、 JumpPath タスクバーのジャンプリストから開くことのできるファイルへの参照です Windows 7Windows 7A JumpPath is a reference to a file that can be opened from a Windows 7Windows 7 taskbar Jump List. アプリケーションがアイテムのファイルの種類を処理するように登録されていない場合、ジャンプリストにファイルは表示されません。If your application is not registered to handle the file type of the item, the file will not appear in the Jump List. たとえば、を .txt ファイルに追加する場合、 JumpPath .txt ファイルを処理するためにアプリケーションを登録する必要があります。For example, if you add a JumpPath to a .txt file, your application must be registered to handle .txt files.

コンストラクター

JumpPath()

JumpPath クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the JumpPath class.

プロパティ

CustomCategory

Windows 7Windows 7 タスク バーのジャンプ リストで JumpItem のグループ化に使用されるカテゴリの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the category the JumpItem is grouped with in the Windows 7Windows 7 taskbar Jump List.

(継承元 JumpItem)
Path

ジャンプ リストに含めるファイルへのパスを取得または設定します。Gets or sets the path to the file to be included in the Jump List.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください