JumpTask クラス

定義

Windows 7 タスク バーのジャンプ リストにアプリケーションへのショートカットを表します。Represents a shortcut to an application in the Windows 7 taskbar Jump List.

public ref class JumpTask : System::Windows::Shell::JumpItem
public class JumpTask : System.Windows.Shell.JumpItem
type JumpTask = class
    inherit JumpItem
Public Class JumpTask
Inherits JumpItem
継承
JumpTask

次の例は、マークアップでを宣言する方法を示して JumpTask います。The following example shows how to declare a JumpTask in markup. は、 JumpTask という名前のテキストファイルを readme.txt メモ帳アプリケーションで開きます。The JumpTask opens a text file named readme.txt in the Notepad application.

<JumpTask Title="Read Me" 
          Description="Open readme.txt in Notepad." 
          ApplicationPath="C:\Windows\notepad.exe"
          IconResourcePath="C:\Windows\System32\imageres.dll"
          IconResourceIndex="14"
          WorkingDirectory="C:\Users\Public\Documents"
          Arguments="readme.txt"/>

次の例は、コードでを構成する方法を示して JumpTask います。The following example shows how to configure a JumpTask in code. によって JumpTask 電卓アプリケーションが開きます。The JumpTask opens the Calculator application.

// Configure a new JumpTask.
JumpTask jumpTask1 = new JumpTask();
// Get the path to Calculator and set the JumpTask properties.
jumpTask1.ApplicationPath = Path.Combine(Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.SystemX86), "calc.exe");
jumpTask1.IconResourcePath = Path.Combine(Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.SystemX86), "calc.exe");
jumpTask1.Title = "Calculator";
jumpTask1.Description = "Open Calculator.";
jumpTask1.CustomCategory = "User Added Tasks";

注釈

は、 JumpTask アプリケーションへのショートカットと考えることができます。A JumpTask can be thought of as a shortcut to an application. 実行可能ファイルへのパスを指定するには、プロパティを設定し ApplicationPath ます。You specify the path to the executable file by setting the ApplicationPath property. が設定されていない場合は、 ApplicationPath 現在実行中のプロセスのパスが暗黙的に設定されます。If the ApplicationPath is not set, the path of the current running process is implied. 必要 Arguments に応じて、起動時にアプリケーションに渡すようにを指定できます。You can optionally specify Arguments to pass to the application at startup.

、、などの基本的な表示プロパティを設定して、 Title Description IconResourcePath ジャンプリスト内のタスクの外観を指定できます。You can set basic display properties, such as Title, Description, and IconResourcePath to specify the appearance of the task in the Jump List. で使用されるアイコンは、 JumpTask ネイティブリソースとして使用できる必要があります。An icon used with a JumpTask must be available as a native resource. DLL または実行可能ファイルで複数のアイコンリソースを使用できる場合は、プロパティでオフセットを示すことによって、使用するアイコンリソースを指定し IconResourceIndex ます。If multiple icon resources are available in a DLL or executable file, you specify the one to use by indicating an offset in the IconResourceIndex property.

既定では、は、 JumpTask ジャンプリストの [ タスク ] カテゴリに配置されます。By default, a JumpTask will be placed in the Tasks category of the Jump List. プロパティを設定することにより、タスクのカスタムグループを指定でき CustomCategory ます。You can specify custom grouping of tasks by setting the CustomCategory property.

とが指定されていないを作成することにより、ジャンプリスト内の項目を視覚的に区別でき JumpTask Title CustomCategory ます。You can visually separate items in a Jump List by creating a JumpTask that does not have a Title and CustomCategory specified. この空の JumpTask は、ジャンプリストに水平線として表示されます。This empty JumpTask will be displayed as a horizontal line in the Jump List. この場合、他のプロパティを設定することはできますが、何の効果もありません。In this case, other properties can be set, but they will not have any effect.

コンストラクター

JumpTask()

JumpTask クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the JumpTask class.

プロパティ

ApplicationPath

アプリケーションへのパスを取得または設定します。Gets or sets the path to the application.

Arguments

起動時にアプリケーションに渡される引数を取得または設定します。Gets or sets the arguments passed to the application on startup.

CustomCategory

Windows 7Windows 7 タスク バーのジャンプ リストで JumpItem のグループ化に使用されるカテゴリの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the category the JumpItem is grouped with in the Windows 7Windows 7 taskbar Jump List.

(継承元 JumpItem)
Description

ジャンプ リストのタスクのツールヒントに表示されるテキストを取得または設定します。Gets or sets the text displayed in the tooltip for the task in the Jump List.

IconResourceIndex

リソースに埋め込まれたアイコンの 0 から始まるインデックスを取得または設定します。Gets or sets the zero-based index of an icon embedded in a resource.

IconResourcePath

ジャンプ リストに表示されるアイコンを含むリソースへのパスを取得または設定します。Gets or sets the path to a resource that contains the icon to display in the Jump List.

Title

ジャンプ リストのタスクに表示されるテキストを取得または設定します。Gets or sets the text displayed for the task in the Jump List.

WorkingDirectory

起動時にアプリケーションの作業ディレクトリを取得または設定します。Gets or sets the working directory of the application on startup.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください