TaskbarItemInfo.Overlay プロパティ

定義

タスク バー ボタンのプログラム アイコン上に表示されるイメージを取得または設定します。Gets or sets the image that is displayed over the program icon in the taskbar button.

public:
 property System::Windows::Media::ImageSource ^ Overlay { System::Windows::Media::ImageSource ^ get(); void set(System::Windows::Media::ImageSource ^ value); };
public System.Windows.Media.ImageSource Overlay { get; set; }
member this.Overlay : System.Windows.Media.ImageSource with get, set
Public Property Overlay As ImageSource

プロパティ値

ImageSource

タスク バー ボタンのプログラム アイコン上に表示されるイメージ。The image that is displayed over the program icon in the taskbar button. 既定値は、null です。The default is null.

次の例は、マークアップでを作成し、プロパティを設定する方法を示して TaskbarItemInfo Overlay います。The following example shows how to create a TaskbarItemInfo in markup and set the Overlay property. この例は、クラスに対して提供される大規模な例の一部です TaskbarItemInfoThis example is part of a larger example provided for the TaskbarItemInfo class.

<Window.TaskbarItemInfo>
    <TaskbarItemInfo x:Name="taskBarItemInfo1" 
                     Overlay="{StaticResource ResourceKey=StopImage}"
                     ThumbnailClipMargin="80,0,80,140"
                     Description="Taskbar Item Info Sample">
        <TaskbarItemInfo.ThumbButtonInfos>
            <ThumbButtonInfoCollection>
                <ThumbButtonInfo
                    DismissWhenClicked="False"
                    Command="MediaCommands.Play"
                    CommandTarget="{Binding ElementName=btnPlay}"
                    Description="Play"
                    ImageSource="{StaticResource ResourceKey=PlayImage}"/>
                <ThumbButtonInfo
                    DismissWhenClicked="True"
                    Command="MediaCommands.Stop"
                    CommandTarget="{Binding ElementName=btnStop}"
                    Description="Stop"
                    ImageSource="{StaticResource ResourceKey=StopImage}"/>
            </ThumbButtonInfoCollection>
        </TaskbarItemInfo.ThumbButtonInfos>
    </TaskbarItemInfo>
</Window.TaskbarItemInfo>

次の例は、コードで Overlay プロパティを設定する方法を示しています。The following example shows how to set the Overlay property in code.

this.taskBarItemInfo1.Overlay = (DrawingImage)this.FindResource("StopImage");
Me.taskBarItemInfo1.Overlay = Me.FindResource("StopImage")

注釈

タスクバーボタンのプログラムアイコンに画像を追加して、アプリケーションの状態をユーザーに通知することができます。You can add an image to the program icon in the taskbar button to communicate application status to the user. オーバーレイは、 ImageSource タスクバーボタンのアイコンの右下隅に配置された静的またはアニメーションを使用します。The overlay uses a static or animated ImageSource that is positioned over the bottom-right corner of the icon in the taskbar button. ユーザーがタスクバーに小さいアイコンを表示するように設定している場合、オーバーレイは表示されません。The overlay is not displayed if the user sets the taskbar to show small icons.

タスクバーの右端にある通知領域のプログラムアイコンは、通常、アプリケーションの状態をユーザーに伝えるために使用されます。Program icons in the notification area, which is at the far right of the taskbar, are typically used to communicate application status to a user. Windows 7 では、通知領域のプログラムアイコンが既定で非表示になっているため、ステータスの通信にはあまり役立ちません。In Windows 7, program icons in the notification area are hidden by default, and are therefore, less useful for communicating status. Windows 7 のタスクバーボタンのオーバーレイを使用して、通知領域のアイコンが非表示になっているときに状態を伝えることができます。You can use the taskbar button overlay in Windows 7 to communicate status when the icon in the notification area is hidden. アプリケーションは、Windows のバージョンを検出し、オペレーティングシステムに適した方法で通知を提供できます。Your application can detect the version of Windows and provide notifications in a manner that is appropriate for the operating system.

オーバーレイイメージは適切なサイズで表示されます。Overlay images are rendered at the appropriate size. がを表す場合は、 ImageSource Icon 適切なビット深度も使用されます。If the ImageSource represents an Icon, the appropriate bit depth is also used.

次の図は、タスクバーを示して Overlay います。The following illustration shows the taskbar Overlay.

タスクバー項目情報のサンプルTaskbar Item Info Sample
Windows タスクバーのオーバーレイWindows Taskbar Overlay

適用対象

こちらもご覧ください