WindowChrome.CaptionHeight プロパティ

定義

ウィンドウ上部のキャプション領域の高さを取得または設定します。Gets or sets the height of the caption area at the top of a window.

public:
 property double CaptionHeight { double get(); void set(double value); };
public double CaptionHeight { get; set; }
member this.CaptionHeight : double with get, set
Public Property CaptionHeight As Double

プロパティ値

Double

キャプション領域の高さ。The height of the caption area.

注釈

プロパティを設定して、 CaptionHeight タイトルバーに関連付けられているシステム動作を有効にするウィンドウの上部にある領域を指定します。Set the CaptionHeight property to specify the area at the top of the window that enables the system behaviors typically associated with the title bar. これらの動作では、ダブルクリックしてウィンドウを最大化し、右クリックして [システム] メニューを開き、[-] をクリックしてウィンドウを移動します。These behaviors include double-click to maximize the window, right-click to open the system menu, and click-and-drag to move the window. このプロパティは、負でない double 値に設定できます。This property can be set to any non-negative double value.

プロパティによって定義される領域は、 CaptionHeight 上部のサイズ変更境界線の下端から開始し、指定した量だけ下に拡張します。The area defined by the CaptionHeight property starts at the bottom edge of the top resize border and extends downward the specified amount. 右側と左側のサイズ変更境界内のウィンドウの幅にまたがります。It spans the width of the window inside the right and left resize borders. この領域には、ビジュアル要素が関連付けられていません。タイトルバーの動作に応答する領域を定義するためにのみ使用されます。This area does not have any visual elements associated with it; it is only used to define the region that responds to the title bar behaviors. 既定では、ウィンドウのキャプション領域内にあるすべてのビジュアル要素の部分は対話型ではありません。By default, the parts of any visual elements that are within the caption area of the window are not interactive. キャプション領域で対話型要素を有効にするには、 IsHitTestVisibleInChrome 添付プロパティを要素にアタッチし、それをに設定し true ます。To enable interactive elements in the caption area, attach the IsHitTestVisibleInChrome attached property to the element and set it to true.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドIdentifier field CaptionHeightProperty
メタデータプロパティがに設定される trueMetadata properties set to true なしNone

適用対象