WindowChrome Class

定義

ウィンドウの非クライアント領域へのカスタマイズ設定を説明するオブジェクトを表します。 Represents an object that describes the customizations to the non-client area of a window.

public class WindowChrome : System.Windows.Freezable
継承

注釈

WindowChromeクラスでは、Windows Presentation Foundation (WPF) コンテンツをオペレーティング システムのウィンドウ マネージャー用に予約された通常のウィンドウの非クライアント領域に拡張することができます。The WindowChrome class enables you to extend Windows Presentation Foundation (WPF) content into the non-client area of a window that is typically reserved for the operating system’s window manager.

標準の WindowsStandard Windows

標準の windows は、2 つの重複する四角形で構成されます。Standard windows are composed of two overlapping rectangles. 外側の四角形は、非クライアント領域と呼ばchromeします。The outer rectangle is the non-client area, which is often referred to as chrome. 描画され、オペレーティング システムのウィンドウ マネージャーによって管理されます。It is drawn and managed by the operating system’s window manager. そのディメンションは、標準のオペレーティング システムの設定によって決まります。Its dimensions are determined by standard operating system settings. クライアント以外のフレームは、標準的なウィンドウの機能と動作を提供します。The non-client frame provides standard window features and behaviors. キャプション ボタン (最小化、最大化ボタン、および閉じる) が含まれますウィンドウの境界線のサイズを変更し、動作、アプリケーション アイコンとタイトル、およびシステム メニューに移動します。These include caption buttons (Minimize, Maximize, and Close), the window border, resize and move behaviors, the application icon and title, and the system menu. 内部の四角形が、クライアント領域します。The inner rectangle is the client area. アプリケーションの内容が含まれていると、描画され、アプリケーションによって管理されます。It contains the contents of your application, and it is drawn and managed by the application. WPF アプリケーションで windows の詳細については、次を参照してください。 WPF Windows 概要します。For more information about windows in WPF applications, see WPF Windows Overview.

次の図は、標準的なウィンドウの部分を示しています。The following illustration shows the parts of a standard window.

ウィンドウ要素Window elements

カスタムの WindowsCustom Windows

ウィンドウの境界線をカスタマイズするには、設定、Window.WindowStyleプロパティをNoneまたはを使用して、WindowChromeクラス。You can customize a window border by setting the Window.WindowStyle property to None or by using the WindowChrome class.

WindowStyle.NoneWindowStyle.None

WPF アプリケーションのウィンドウの外観をカスタマイズする方法の 1 つを設定するのには、Window.WindowStyleプロパティをNoneします。One way to customize the appearance of a WPF application window is to set the Window.WindowStyle property to None. これにより、ウィンドウからクライアント以外のフレームを削除し、領域が離れるのみ、クライアント、するには、カスタム スタイルを適用することができます。This removes the non-client frame from the window and leaves only the client area, to which you can apply a custom style. ただし、クライアント以外のフレームが削除されたときにも失われます、システムの機能とキャプションのボタンやウィンドウ サイズの変更が提供する動作。However, when the non-client frame is removed, you also lose the system features and behaviors that it provides, such as caption buttons and window resizing. 別の副作用としては、最大化されたときに、ウィンドウに、Windows タスク バーがカバーされます。Another side effect is that the window will cover the Windows taskbar when it is maximized. 設定WindowStyle.None完全なカスタム アプリケーションを作成することができますが、標準的なウィンドウの動作をエミュレートするために、アプリケーションでカスタム ロジックを実装する必要もあります。Setting WindowStyle.None enables you to create a completely custom application, but also requires that you implement custom logic in your application to emulate standard window behavior.

WindowChromeWindowChrome

使用することができます、標準的な機能を維持しながらウィンドウをカスタマイズする、WindowChromeクラス。To customize a window while retaining its standard functionality, you can use the WindowChrome class. WindowChromeクラスは、ビジュアルからウィンドウ フレームの機能を分離し、クライアントと、アプリケーション ウィンドウの非クライアント領域の境界を制御することができます。The WindowChrome class separates the functionality of the window frame from the visuals, and lets you control the boundary between the client and non-client areas of your application window. WindowChromeクラスでは、非クライアント領域をカバーする、クライアント領域を拡張することによって WPF ウィンドウ フレームのコンテンツを配置することができます。The WindowChrome class lets you put WPF content in the window frame by extending the client area to cover the non-client area. 同時に、2 つの非表示部分; からシステムの動作が保持されます。境界線のサイズを変更キャプション領域。At the same time, it retains system behaviors through two invisible areas; the resize border and caption areas.

使用してカスタム ウィンドウを作成する 2 つの主要な部分、WindowChromeクラス。There are two main parts to creating a custom window using the WindowChrome class. 最初で公開されているプロパティを設定して、ウィンドウの非クライアントの一部をカスタマイズする、WindowChromeオブジェクト。First, you customize the non-client part of the window by setting properties exposed on the WindowChrome object. ウィンドウが非クライアント領域に拡張するアプリケーションの一部を定義するテンプレートを提供します。公開されるプロパティ、WindowChromeオブジェクトはResizeBorderThicknessCaptionHeightCornerRadius、およびGlassFrameThicknessします。Then you provide a template for the window that defines the part of your application that is extended into the non-client area.The properties exposed on the WindowChrome object are ResizeBorderThickness, CaptionHeight, CornerRadius, and GlassFrameThickness.

ResizeBorderThicknessプロパティを非表示のウィンドウのサイズを変更する をクリック アンド ドラッグでユーザーは、アプリケーション ウィンドウの外側に境界線を指定します。The ResizeBorderThickness property specifies an invisible border around the outside of the application window that the user can click-and-drag to resize the window.

CaptionHeightプロパティは、通常、タイトル バーに関連付けられているシステムの動作をできるウィンドウの上部にある非表示の領域を指定します。The CaptionHeight property specifies an invisible area at the top of the window that enables system behaviors typically associated with the title bar. これらの動作が含まれます。 ウィンドウを最大にをダブルクリックし、右クリックするとシステム メニューを表示する をクリックしてドラッグすると、ウィンドウを移動します。These behaviors include: click and drag to move the window, double-click to maximize the window, and right-click to show the system menu.

サイズ変更境界線とキャプション領域には、任意のビジュアル要素はありません。のみ、応答を入力して、システム指定のウィンドウの標準的な動作を有効にする領域を定義します。The resize border and caption area do not have any visual elements; they only define areas that respond to input and enable standard system-provided window behaviors.

CornerRadiusプロパティ ウィンドウの角が丸められる量を指定します。The CornerRadius property specifies the amount that the corners of the window are rounded. このプロパティには影響はありませんグラス フレームがウィンドウの有効な場合。This property does not have any effect if the glass frame is enabled for a window.

GlassFrameThicknessプロパティ ウィンドウの周囲のグラス フレームの幅を指定します。The GlassFrameThickness property specifies the width of the glass frame around the window. 指定されたシステム値が既定では、使用、WindowNonClientFrameThickness標準ウィンドウの外観をエミュレートするプロパティ。By default, it uses the system value specified by the WindowNonClientFrameThickness property to emulate the appearance of a standard window. グラス フレームを使用する場合の最小化、最大化ボタン、および閉じるキャプション ボタンが表示され、対話型を使用します。When the glass frame is used, the caption buttons for Minimize, Maximize, and Close are visible and interactive. アプリケーションは、アプリケーションのアイコン、キャプションのテキストを表示する責任を負います。The application is responsible for displaying the application icon and caption text. 設定することができます、GlassFrameThicknessプロパティを広げたり、既定値よりも幅の狭いグラス フレームを作成します。You can set the GlassFrameThickness property to make the glass frame wider or narrower than the default.

注意事項

キャプション ボタンのサイズは変更されません、GlassFrameThicknessプロパティを変更します。The size of the caption buttons does not change when the GlassFrameThickness property is changed. グラス風のフレームの上部の高さがキャプション ボタンの高さよりも小さい場合は、キャプションのボタンは完全に表示されません。If the height of the top of the glass frame is less than the height of the caption buttons, the caption buttons will not be completely visible.

グラス フレームがないカスタム ウィンドウをするためには、設定、GlassFrameThicknessプロパティを 0 の統一された値にします。To make a custom window that does not have a glass frame, set the GlassFrameThickness property to a uniform value of 0. 無効にされ、標準のキャプションのボタンを非表示にされます。This will disable and hide the standard caption buttons.

ウィンドウ全体をカバーするグラス フレームを拡張するには、設定、GlassFrameThicknessプロパティを任意の辺を負の値にします。To extend the glass frame to cover the entire window, set the GlassFrameThickness property to a negative value on any side. ときに、GlassFrameThicknessいずれかの端の負の値に設定されて、その資格情報を持つ値が等しくなりますGlassFrameCompleteThicknessします。When the GlassFrameThickness property is set to a negative value for any side, its coerced value will be equal to GlassFrameCompleteThickness.

注意

Aero は、一連のファイルの場所にビジュアルの機能強化および Windows Vista で導入された Windows デスクトップの機能です。Aero is a set of visual enhancements to the look and functionality of the Windows desktop that was introduced in Windows Vista. Aero の視覚的に明瞭な特徴の 1 つは、半透明のガラス ウィンドウの枠です。One of the more visually obvious features of Aero is translucent glass window borders. Windows Aero がデスクトップ ウィンドウ マネージャー (DWM) のデスクトップ コンポジション機能によって有効になっています。Windows Aero is enabled by the desktop composition feature of the Desktop Window Manager (DWM).

Windows Aero のガラス効果は、すべてのオペレーティング システムではサポートされていませんし、サポートされるオペレーティング システムで無効にすることができます。Windows Aero glass effects are not supported on all operating systems, and can be disabled on supported operating systems. Windows Aero が使用できない場合に関係なくガラス フレームは表示されません、GlassFrameThicknessプロパティの値。If Windows Aero is not available, the glass frame will not be displayed regardless of the GlassFrameThickness property value. このプロパティで指定された境界線の領域は、代わりに黒に表示されます。チェック、IsGlassEnabledプロパティを Windows Aero のガラス効果が使用できることを確認します。The border area specified by this property will appear black instead.Check the IsGlassEnabled property to verify that Windows Aero glass effects are available. ガラス効果が使用できない場合は、グラス フレームを使用して、またはウィンドウのスタイルを null に設定して、標準のウィンドウを使用していない別のウィンドウ スタイルを指定する必要があります。If glass effects are not available, you should provide an alternate window style that does not use the glass frame or use the standard window by setting the window style to null.

ウィンドウ フレームに WPF コンテンツを拡張するには、フレームのコンテンツの動作と外観を定義する ControlTemplate を指定します。You extend your WPF content into the window frame by specifying a ControlTemplate that defines the appearance and behavior of the frame content. ControlTemplate の TargetType をカスタマイズしているウィンドウの種類に設定します。You set the TargetType of the ControlTemplate to the type of the window that you are customizing.

<ControlTemplate TargetType="{x:Type local:MainWindow}">  

既定では、各ウィンドウの非クライアント領域内にある任意のビジュアル要素の部分は対話型ではできません。By default, the parts of any visual elements that are within the non-client area of the window are not interactive. 非クライアント領域内の対話型の要素を有効にするには、要素にアタッチされている WindowsChrome.IsHitTestVisibleInChrome プロパティをアタッチし、true に設定します。To enable interactive elements in the non-client area, attach the WindowsChrome.IsHitTestVisibleInChrome attached property to the element and set it to true.

次の XAML マークアップは、WindowChrome クラスを使用してウィンドウをカスタマイズするために必要な主な要素を示しています。The following XAML markup shows the main elements needed to customize a window using the WindowChrome class.

<Style x:Key="StandardStyle" TargetType="{x:Type local:MainWindow}">  
    <Setter Property="shell:WindowChrome.WindowChrome">  
        <Setter.Value>  
            <shell:WindowChrome />  
        </Setter.Value>  
    </Setter>  
    <Setter Property="Template">  
        <Setter.Value>  
            <ControlTemplate TargetType="{x:Type local:MainWindow}">  
                <Grid>  
                    <Border Background="White"  
                            Margin="{Binding Source={x:Static shell:SystemParameters2.Current}, Path=WindowNonClientFrameThickness}">  
                        <ContentPresenter Content="{TemplateBinding Content}" />  
                    </Border>  
                    <TextBlock Text="{Binding RelativeSource={RelativeSource TemplatedParent}, Path=Title}"   
                               VerticalAlignment="Top" HorizontalAlignment="Left"   
                               Margin="36,8,0,0"/>  
                    <Image Source="{Binding RelativeSource={RelativeSource TemplatedParent}, Path=Icon}"  
                           VerticalAlignment="Top" HorizontalAlignment="Left"  
                           Margin="{Binding RelativeSource={RelativeSource TemplatedParent}, Path=(shell:WindowChrome.WindowChrome).ResizeBorderThickness}"   
                           Width="{Binding Source={x:Static shell:SystemParameters2.Current}, Path=SmallIconSize.Width}"  
                           shell:WindowChrome.IsHitTestVisibleInChrome="True"/>  
                </Grid>  
            </ControlTemplate>  
        </Setter.Value>  
    </Setter>  
</Style>  

最初の setter は、ウィンドウに、WindowChrome をアタッチします。The first setter attaches the WindowChrome to the window. 使用されますすべて既定値 WindowChrome プロパティでは、これにより、ウィンドウの標準的なウィンドウのようになります。It uses all default values for the WindowChrome properties, which makes the window look like a standard window.

<Setter Property="shell:WindowChrome.WindowChrome">  
    <Setter.Value>  
        <shell:WindowChrome />  
    </Setter.Value>  
</Setter>  

ウィンドウのテンプレートでは、アプリケーションで指定されたウィンドウの内容を表示するコンテンツ プレゼンターを指定する必要があります。The window template must specify a content presenter to display the contents of the window specified in your application. 既定では、WindowChrome クラスは、非クライアントの境界線をカバーする、クライアント領域を拡張します。By default the WindowChrome class extends the client area to cover the non-client border. グラス フレームを発見するために、ContentPresenter の周囲に余白を指定する必要があります。In order to uncover the glass frame, you need to specify a margin around the ContentPresenter. このマークアップでは、標準的なウィンドウの外観をエミュレートするコンテンツ プレゼンター周辺が白地に罫線を指定します。This markup specifies a border with a white background around the content presenter to emulate the appearance of a standard window. フレームのシステムの既定の幅を取得する、WindowNonClientFrameThickness プロパティにバインドされている余白も指定します。It also specifies a margin that is bound to the WindowNonClientFrameThickness property, which gets the default system width for the frame.

<Border Background="White"  
    Margin="{Binding Source={x:Static shell:SystemParameters2.Current}, Path=WindowNonClientFrameThickness}">  
    <ContentPresenter Content="{TemplateBinding Content}" />  
</Border>  

WindowChrome クラスで、アプリケーション アイコンとタイトルは表示されません。カスタム コンテンツとしての枠線を追加する必要があります。The application icon and title are not displayed by the WindowChrome class; they have to be added to the border as custom content. 次の XAML は、イメージとアイコンとタイトルを表示する textblock に追加します。The following XAML adds an image and a textblock to display the icon and title. 両方の要素は、ウィンドウで、対応するプロパティにバインドされます。Both elements are bound to the corresponding properties on the window. イメージの幅は、アイコンの既定のシステム サイズを取得する SmallIconSize 幅にバインドされます。The image width is bound to the SmallIconSize width, which gets the default system size for the icon. IsHitTestVisibleInChrome 添付プロパティは、マウス イベントを受信できるように、イメージに設定されます。The IsHitTestVisibleInChrome attached property is set on the image so that it can receive mouse events.

<Image Source="{Binding RelativeSource={RelativeSource TemplatedParent}, Path=Icon}"  
       VerticalAlignment="Top" HorizontalAlignment="Left"  
       Margin="{Binding RelativeSource={RelativeSource TemplatedParent}, Path=(shell:WindowChrome.WindowChrome).ResizeBorderThickness}"   
       Width="{Binding Source={x:Static shell:SystemParameters2.Current}, Path=SmallIconSize.Width}"  
       shell:WindowChrome.IsHitTestVisibleInChrome="True"/>  

<TextBlock Text="{Binding RelativeSource={RelativeSource TemplatedParent}, Path=Title}"   
           VerticalAlignment="Top" HorizontalAlignment="Left"   
           Margin="36,8,0,0"/>  

コンストラクター

WindowChrome()

WindowChrome クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the WindowChrome class.

フィールド

CaptionHeightProperty

CaptionHeight 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the CaptionHeight dependency property.

CornerRadiusProperty

CornerRadius 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the CornerRadius dependency property.

GlassFrameThicknessProperty

GlassFrameThickness 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the GlassFrameThickness dependency property.

IsHitTestVisibleInChromeProperty

System.Windows.Shell.WindowChrome.IsHitTestVisibleInChrome 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the System.Windows.Shell.WindowChrome.IsHitTestVisibleInChrome dependency property.

NonClientFrameEdgesProperty

NonClientFrameEdges 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the NonClientFrameEdges dependency property.

ResizeBorderThicknessProperty

ResizeBorderThickness 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the ResizeBorderThickness dependency property.

ResizeGripDirectionProperty

System.Windows.Shell.WindowChrome.ResizeGripDirection 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the System.Windows.Shell.WindowChrome.ResizeGripDirection dependency property.

UseAeroCaptionButtonsProperty

UseAeroCaptionButtons 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the UseAeroCaptionButtons dependency property.

WindowChromeProperty

WindowChrome 依存関係プロパティを識別します。 Identifies the WindowChrome dependency property.

プロパティ

CanFreeze

オブジェクトを変更不可能にできるかどうかを示す値を取得します。 Gets a value that indicates whether the object can be made unmodifiable.

(Inherited from Freezable)
CaptionHeight

ウィンドウ上部のキャプション領域の高さを取得または設定します。 Gets or sets the height of the caption area at the top of a window.

CornerRadius

ウィンドウの角を丸める量を示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates the amount that the corners of a window are rounded.

DependencyObjectType

このインスタンスの CLRCLR 型をラップする DependencyObjectType を取得します。 Gets the DependencyObjectType that wraps the CLRCLR type of this instance.

(Inherited from DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。 Gets the Dispatcher this DispatcherObject is associated with.

(Inherited from DispatcherObject)
GlassFrameCompleteThickness

-1 の均一な厚みを取得します。 Gets a uniform thickness of -1.

GlassFrameThickness

ウィンドウの周囲のグラス境界線の幅を示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates the width of the glass border around a window.

IsFrozen

オブジェクトが変更可能かどうかを示す値を取得します。 Gets a value that indicates whether the object is currently modifiable.

(Inherited from Freezable)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。 Gets a value that indicates whether this instance is currently sealed (read-only).

(Inherited from DependencyObject)
NonClientFrameEdges

ウィンドウ フレームのどの外枠がクライアントによって所有されないかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates which edges of the window frame are not owned by the client.

ResizeBorderThickness

ウィンドウのサイズ変更に使用する境界線の幅を示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates the width of the border that is used to resize a window.

UseAeroCaptionButtons

Windows Aero のキャプション ボタンでヒット テストが有効になっているかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates whether hit-testing is enabled on the Windows Aero caption buttons.

添付プロパティ

WindowChrome

ウィンドウにアタッチされた WindowChrome のインスタンスを取得または設定します。 Gets or sets the instance of WindowChrome that is attached to a window.

方法

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。 Determines whether the calling thread has access to this DispatcherObject.

(Inherited from DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 Clears the local value of a property. クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。 The property to be cleared is specified by a DependencyProperty identifier.

(Inherited from DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 Clears the local value of a read-only property. 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。 The property to be cleared is specified by a DependencyPropertyKey.

(Inherited from DependencyObject)
Clone()

Freezable の変更可能な複製を作成し、オブジェクトの値の詳細コピーを作成します。 Creates a modifiable clone of the Freezable, making deep copies of the object's values. このメソッドは、オブジェクトの依存関係プロパティをコピーするときに式をコピーしますが (コピーされた式は解決されなくなる場合があります)、アニメーションやその現在の値はコピーしません。 When copying the object's dependency properties, this method copies expressions (which might no longer resolve) but not animations or their current values.

(Inherited from Freezable)
CloneCore(Freezable)

基本 (アニメーション化されていない) プロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の複製 (詳細コピー) にします。 Makes the instance a clone (deep copy) of the specified Freezable using base (non-animated) property values.

(Inherited from Freezable)
CloneCurrentValue()

Freezable の現在の値を使用して、変更可能な複製 (詳細コピー) を作成します。 Creates a modifiable clone (deep copy) of the Freezable using its current values.

(Inherited from Freezable)
CloneCurrentValueCore(Freezable)

現在のプロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の変更可能な複製 (詳細コピー) にします。 Makes the instance a modifiable clone (deep copy) of the specified Freezable using current property values.

(Inherited from Freezable)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 Coerces the value of the specified dependency property. これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。 This is accomplished by invoking any CoerceValueCallback function specified in property metadata for the dependency property as it exists on the calling DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
CreateInstance()

Freezable クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the Freezable class.

(Inherited from Freezable)
CreateInstanceCore()

WindowChrome クラスの新しいインスタンスを作成します。 Creates a new instance of the WindowChrome class.

Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。 Determines whether a provided DependencyObject is equivalent to the current DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
Freeze()

現在のオブジェクトを変更不可能な状態にして、その IsFrozen プロパティを true に設定します。 Makes the current object unmodifiable and sets its IsFrozen property to true.

(Inherited from Freezable)
FreezeCore(Boolean)

Freezable オブジェクトを変更不可能な状態にするか、変更不可能な状態にできるかどうかをテストします。 Makes the Freezable object unmodifiable or tests whether it can be made unmodifiable.

(Inherited from Freezable)
GetAsFrozen()

基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、Freezable の 固定されたコピーを作成します。 Creates a frozen copy of the Freezable, using base (non-animated) property values. コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。 Because the copy is frozen, any frozen sub-objects are copied by reference.

(Inherited from Freezable)
GetAsFrozenCore(Freezable)

基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の固定された複製にします。 Makes the instance a frozen clone of the specified Freezable using base (non-animated) property values.

(Inherited from Freezable)
GetCurrentValueAsFrozen()

現在のプロパティ値を使用して、Freezable の固定されたコピーを作成します。 Creates a frozen copy of the Freezable using current property values. コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。 Because the copy is frozen, any frozen sub-objects are copied by reference.

(Inherited from Freezable)
GetCurrentValueAsFrozenCore(Freezable)

現在のインスタンスを、指定した Freezable の固定された複製にします。 Makes the current instance a frozen clone of the specified Freezable. オブジェクトに、アニメーション化された依存関係プロパティが存在する場合、現在アニメーション化されている値がコピーされます。 If the object has animated dependency properties, their current animated values are copied.

(Inherited from Freezable)
GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。 Gets a hash code for this DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
GetIsHitTestVisibleInChrome(IInputElement)

指定した入力要素から System.Windows.Shell.WindowChrome.IsHitTestVisibleInChrome 添付プロパティの値を取得します。 Gets the value of the System.Windows.Shell.WindowChrome.IsHitTestVisibleInChrome attached property from the specified input element.

GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。 Creates a specialized enumerator for determining which dependency properties have locally set values on this DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
GetResizeGripDirection(IInputElement)

指定した入力要素から System.Windows.Shell.WindowChrome.ResizeGripDirection 添付プロパティの値を取得します。 Gets the value of the System.Windows.Shell.WindowChrome.ResizeGripDirection attached property from the specified input element.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。 Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 Returns the current effective value of a dependency property on this instance of a DependencyObject.

(Inherited from DependencyObject)
GetWindowChrome(Window)

指定された WindowChrome から Window 添付プロパティの値を取得します。 Gets the value of the WindowChrome attached property from the specified Window.

InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。 Re-evaluates the effective value for the specified dependency property

(Inherited from DependencyObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
OnChanged()

現在の Freezable オブジェクトが変更されると呼び出されます。 Called when the current Freezable object is modified.

(Inherited from Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject)

設定されたばかりの DependencyObjectType データ メンバーに対して、適切なコンテキスト ポインターが確立されていることを確認します。 Ensures that appropriate context pointers are established for a DependencyObjectType data member that has just been set.

(Inherited from Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject, DependencyProperty)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。 This member supports the Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

(Inherited from Freezable)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)DependencyObject 実装をオーバーライドして、さらに型 Freezable の変化する依存関係プロパティへの応答として任意の Changed ハンドラーも呼び出します。 Overrides the DependencyObject implementation of OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) to also invoke any Changed handlers in response to a changing dependency property of type Freezable.

(Inherited from Freezable)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。 Returns the local value of a dependency property, if it exists.

(Inherited from DependencyObject)
ReadPreamble()

Freezable が有効なスレッドからアクセスされていることを確認します。 Ensures that the Freezable is being accessed from a valid thread. Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーを読み取る任意の APIAPI の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。 Inheritors of Freezable must call this method at the beginning of any APIAPI that reads data members that are not dependency properties.

(Inherited from Freezable)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。 Sets the value of a dependency property without changing its value source.

(Inherited from DependencyObject)
SetIsHitTestVisibleInChrome(IInputElement, Boolean)

指定された入力要素の System.Windows.Shell.WindowChrome.IsHitTestVisibleInChrome 添付プロパティの値を設定します。 Sets the value of the System.Windows.Shell.WindowChrome.IsHitTestVisibleInChrome attached property on the specified input element.

SetResizeGripDirection(IInputElement, ResizeGripDirection)

指定された入力要素の System.Windows.Shell.WindowChrome.ResizeGripDirection 添付プロパティの値を設定します。 Sets the value of the System.Windows.Shell.WindowChrome.ResizeGripDirection attached property on the specified input element.

SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。 Sets the local value of a dependency property, specified by its dependency property identifier.

(Inherited from DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。 Sets the local value of a read-only dependency property, specified by the DependencyPropertyKey identifier of the dependency property.

(Inherited from DependencyObject)
SetWindowChrome(Window, WindowChrome)

指定した WindowChromeWindow 添付プロパティの値を設定します。 Sets the value of the WindowChrome attached property on the specified Window.

ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。 Returns a value that indicates whether serialization processes should serialize the value for the provided dependency property.

(Inherited from DependencyObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。 Enforces that the calling thread has access to this DispatcherObject.

(Inherited from DispatcherObject)
WritePostscript()

ChangedFreezable イベントを発生させ、その OnChanged() メソッドを呼び出します。 Raises the Changed event for the Freezable and invokes its OnChanged() method. Freezable から派生するクラスは、依存関係プロパティとして格納されていないクラス メンバーを変更するすべての API の終了時に、このメソッドを呼び出す必要があります。 Classes that derive from Freezable should call this method at the end of any API that modifies class members that are not stored as dependency properties.

(Inherited from Freezable)
WritePreamble()

Freezable が固定されておらず、有効なスレッド コンテキストからアクセスされていることを確認します。 Verifies that the Freezable is not frozen and that it is being accessed from a valid threading context. Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーに書き込む任意の APIAPI の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。 Freezable inheritors should call this method at the beginning of any APIAPI that writes to data members that are not dependency properties.

(Inherited from Freezable)

イベント

Changed

Freezable、またはこれに含まれているオブジェクトが変更されると発生します。 Occurs when the Freezable or an object it contains is modified.

(Inherited from Freezable)

適用対象