SplashScreen SplashScreen SplashScreen SplashScreen Class

定義

Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションの起動画面を設定します。Provides a startup screen for a Windows Presentation Foundation (WPF) application.

public ref class SplashScreen
[System.Security.SecurityCritical(System.Security.SecurityCriticalScope.Everything)]
public class SplashScreen
type SplashScreen = class
Public Class SplashScreen
継承
SplashScreenSplashScreenSplashScreenSplashScreen
属性

次のコード例を作成しを使用して、スタートアップ ウィンドウを表示する方法を示しています、SplashScreenクラス。The following code example shows how to create and display a startup window by using the SplashScreen class.

SplashScreen splashScreen = new SplashScreen("SplashScreenImage.bmp");
splashScreen.Show(true);

// Run the application.

注釈

使用して、 SplashScreen 、スタートアップ ウィンドウで画像を表示するにはクラスまたはスプラッシュ スクリーンWPF アプリケーションの起動時に、します。Use the SplashScreen class to show an image in a startup window, or splash screen, when a WPF application starts. 呼び出す、Showスプラッシュ画面を表示するメソッド。Call the Show method to display the splash screen. 呼び出す、Closeスプラッシュ スクリーンを閉じます。Call the Close method to close the splash screen. 使用するイメージを指定して、SplashScreenコンス トラクター。Specify the image to use in the SplashScreen constructor.

SplashScreenクラスは、Windows Imaging Component (WIC) ではサポートされている任意のイメージ形式を表示できます。The SplashScreen class can display any image format that is supported by the Windows Imaging Component (WIC). たとえば、BMP、GIF、JPEG、PNG、または TIFF の形式を使用することができます。For example, you can use the BMP, GIF, JPEG, PNG, or TIFF format. 場合は、イメージは PNG ファイル、アルファ チャネルが含まれています、アルファ チャネルで定義されている、透明度を使用して、イメージが表示されます。If the image is a PNG file and it includes an alpha channel, the image is rendered using the transparency defined in the alpha channel.

後で、コードで追加されるスプラッシュ スクリーンでは、プレース ホルダー テキストを含めることはできません。You cannot include placeholder text in the splash screen that is later added by your code. スプラッシュ スクリーンにテキストを含める場合は、イメージ ファイルに追加する必要があります。If you want to include text in the splash screen, you must add it to the image file.

注意

スプラッシュ画面を表示するコードを記述する必要はありません。It is not necessary to write any code to display a splash screen. 以降ではVisual Studio 2008Visual Studio 2008SP1 をすばやく構成するスプラッシュ スクリーンと既定の設定。Starting in Visual Studio 2008Visual Studio 2008 SP1, you can quickly configure a splash screen with default settings. 詳細については、「方法 :スプラッシュ スクリーンを WPF アプリケーションに追加します。For more information, see How to: Add a Splash Screen to a WPF Application.

SplashScreenクラスが表示されます、スプラッシュ スクリーン、できるだけ早くアプリケーションを起動します。The SplashScreen class displays the splash screen as soon as possible after the application is started. WPF アプリケーションのインスタンスを作成する前に、ネイティブ コードを使用して、スプラッシュ スクリーンが表示されます。The splash screen is displayed by using native code, before the WPF application instance is created. スプラッシュ スクリーンは、画面の中央に表示されます。The splash screen is displayed in the center of the screen. アプリケーションが読み込まれるときに、スプラッシュ スクリーンはフェードアウトします。When the application is loaded, the splash screen fades.

アプリケーションをコンパイルすると、イメージは、アセンブリでマネージ リソースとして埋め込まれます。When your application is compiled, the image is embedded as a managed resource in the assembly. アプリケーションがローカライズされている場合は、ローカライズされたサテライト DLL に画像が埋め込まれます。If the application is localized, the image is embedded in the localized satellite DLL.

注意

SplashScreenクラスは部分信頼で使用できません。The SplashScreen class is not available in partial trust.

注意

SplashScreenクラスは、異なるスタートアップ アーキテクチャを使用するための XAML ブラウザー アプリケーション (Xbap) で使用できません。The SplashScreen class cannot be used in XAML Browser Applications (XBAPs), because they use a different startup architecture.

コンストラクター

SplashScreen(Assembly, String) SplashScreen(Assembly, String) SplashScreen(Assembly, String) SplashScreen(Assembly, String)

SplashScreen クラスの新しいインスタンスを、指定したリソース アセンブリで初期化します。Initializes a new instance of the SplashScreen class with the specified resource assembly.

SplashScreen(String) SplashScreen(String) SplashScreen(String) SplashScreen(String)

SplashScreen クラスの新しいインスタンスを、指定したリソースで初期化します。Initializes a new instance of the SplashScreen class with the specified resource.

メソッド

Close(TimeSpan) Close(TimeSpan) Close(TimeSpan) Close(TimeSpan)

スプラッシュ スクリーンを閉じます。Closes the splash screen.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
Show(Boolean) Show(Boolean) Show(Boolean) Show(Boolean)

スプラッシュ スクリーンを表示します。Displays the splash screen.

Show(Boolean, Boolean) Show(Boolean, Boolean) Show(Boolean, Boolean) Show(Boolean, Boolean)

スプラッシュ スクリーンを表示します。Displays the splash screen.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

セキュリティ

SecurityPermission
アンマネージ リソースにアクセスします。for access to unmanaged resources. セキュリティ アクション:LinkDemandします。Security action: LinkDemand. 関連付けられた列挙体。 AllWindowsAssociated enumeration: AllWindows

適用対象

こちらもご覧ください