Trigger.SourceName プロパティ

定義

関連付けられている setter を適用するプロパティを含むオブジェクトの名前を取得または設定します。

public:
 property System::String ^ SourceName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.Windows.Markup.Ambient]
public string SourceName { get; set; }
public string SourceName { get; set; }
[<System.Windows.Markup.Ambient>]
member this.SourceName : string with get, set
member this.SourceName : string with get, set
Public Property SourceName As String

プロパティ値

String

既定のプロパティは null です。 このプロパティが null の場合、Property プロパティは、このスタイルまたはテンプレートが適用される要素 (スタイルが設定される親またはテンプレートが適用される親) に関して評価されます。

属性

例外

Trigger は、使用中には変更できません。

次の例に示すように、プロパティを使用する場合の1つのシナリオは、対象のプロパティが、テンプレート化された SourceName 親のプロパティではない場合です。

<Trigger SourceName="Popup"
         Property="AllowsTransparency"
         Value="True">
  <Setter TargetName="SubmenuBorder"
          Property="CornerRadius"
          Value="0,0,4,4" />
  <Setter TargetName="SubmenuBorder"
          Property="Padding"
          Value="0,0,0,3" />
</Trigger>

注釈

このプロパティは、トリガーコレクション (これが所属するコレクション) が適用されるのスコープ内の任意の要素の名前に設定でき Trigger ます。 これは、通常、このを含むテンプレート内の名前付き要素です Trigger

オブジェクトには、 X:Name ディレクティブ 構文を使用して名前を指定できます。

適用対象