Trigger.SourceName プロパティ

定義

関連付けられている setter を適用するプロパティを含むオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the object with the property that causes the associated setters to be applied.

public:
 property System::String ^ SourceName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.Windows.Markup.Ambient]
public string SourceName { get; set; }
public string SourceName { get; set; }
member this.SourceName : string with get, set
Public Property SourceName As String

プロパティ値

既定のプロパティは null です。The default property is null. このプロパティが null の場合、Property プロパティは、このスタイルまたはテンプレートが適用される要素 (スタイルが設定される親またはテンプレートが適用される親) に関して評価されます。If this property is null, then the Property property is evaluated with respect to the element this style or template is being applied to (the styled parent or the templated parent).

属性

例外

Trigger は、使用中には変更できません。After a Trigger is in use, it cannot be modified.

SourceName プロパティを使用する場合の1つのシナリオは、次の例に示すように、対象のプロパティがテンプレート化された親のプロパティではない場合です。One scenario when you would use the SourceName property is when the property of interest is not a property of the templated parent, as in the following example:

<Trigger SourceName="Popup"
         Property="AllowsTransparency"
         Value="True">
  <Setter TargetName="SubmenuBorder"
          Property="CornerRadius"
          Value="0,0,4,4" />
  <Setter TargetName="SubmenuBorder"
          Property="Padding"
          Value="0,0,0,3" />
</Trigger>

注釈

このプロパティは、トリガーコレクション (この Trigger が含まれるコレクション) が適用されるのスコープ内の任意の要素の名前に設定できます。You can set this property to the name of any element within the scope of where the trigger collection (the collection that this Trigger is part of) is applied. これは、通常、この Triggerを含むテンプレート内の名前付き要素です。This is typically a named element that is within the template that contains this Trigger.

オブジェクトには、 X:Name ディレクティブ構文を使用して名前を指定できます。You can name an object using the x:Name Directive syntax.

適用対象