UIElement.AddToEventRoute(EventRoute, RoutedEventArgs) メソッド

定義

現在の EventRoute イベント ハンドラー コレクションのハンドラーを、指定した UIElement に追加します。Adds handlers to the specified EventRoute for the current UIElement event handler collection.

public:
 void AddToEventRoute(System::Windows::EventRoute ^ route, System::Windows::RoutedEventArgs ^ e);
public void AddToEventRoute (System.Windows.EventRoute route, System.Windows.RoutedEventArgs e);
member this.AddToEventRoute : System.Windows.EventRoute * System.Windows.RoutedEventArgs -> unit
Public Sub AddToEventRoute (route As EventRoute, e As RoutedEventArgs)

パラメーター

route
EventRoute

ハンドラーの追加先のイベント ルート。The event route that handlers are added to.

e
RoutedEventArgs

ハンドラーを追加するために使用されるイベント データ。The event data that is used to add the handlers. このメソッドは、イベント データの RoutedEvent プロパティを使用してハンドラーを作成します。This method uses the RoutedEvent property of the event data to create the handlers.

注釈

このメソッドは、EventRouteに子要素のハンドラーを追加するために、コンテンツホスト要素 (IContentHost を実装する要素またはそれ以外の要素のいずれか) によって使用できます。This method can be used by content host elements (either those that implement IContentHost or those that don't) to add handlers for child elements to the EventRoute. 通常、これは、完了した論理ツリー内のすべての要素に対してハンドラーが自動的に追加されるため、UIElementには必要ありません。Ordinarily, this is not required for UIElement, because handlers are automatically added for all elements found in a completed logical tree. ただし、ContentElementUIElement がテンプレート化されたツリーに混在している場合は、テンプレートからの介在する要素をルートに追加する必要があります。However, in some cases where ContentElement and UIElement are mixed in templated trees, intervening elements that came from the template need to be added to a route. ContentElementUIElement はどちらも、このメソッドのバージョンをサポートしています。Both ContentElement and UIElement support a version of this method.

適用対象