UIElement.Arrange(Rect) UIElement.Arrange(Rect) UIElement.Arrange(Rect) UIElement.Arrange(Rect) Method

定義

子要素を配置し、UIElement のサイズを決定します。Positions child elements and determines a size for a UIElement. 親要素はそれぞれの ArrangeCore(Rect) 実装 (または WPF フレームワーク レベルの同等実装) からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。Parent elements call this method from their ArrangeCore(Rect) implementation (or a WPF framework-level equivalent) to form a recursive layout update. このメソッドは、レイアウト更新の 2 番目のパスを構成します。This method constitutes the second pass of a layout update.

public:
 void Arrange(System::Windows::Rect finalRect);
public void Arrange (System.Windows.Rect finalRect);
member this.Arrange : System.Windows.Rect -> unit
Public Sub Arrange (finalRect As Rect)

パラメーター

finalRect
Rect Rect Rect Rect

親が子要素に対して計算する最終的なサイズ。Rect のインスタンスを指定します。The final size that the parent computes for the child element, provided as a Rect instance.

注釈

WPF フレームワークレベルの要素を派生させるシナリオでArrangeは、の動作は必要ありません (シャドウを使用しない場合はできません)。For WPF framework-level element deriving scenarios, behavior for Arrange should not (and cannot, unless you shadow) be changed. 代わりに、クラスのArrangeOverride実装をオーバーライドする必要があります。Instead, you should override the ArrangeOverride implementation in your class. 実装は、既定の WPF Arrangeフレームワークレベルのレイアウト操作の一部として内部的に呼び出されます。 ArrangeOverrideYour ArrangeOverride implementation is called internally by Arrange as part of default WPF framework-level layout operations. 実装では、子ArrangeOverride要素がある場合は、各子要素に対してもを呼び出す必要があります。 ArrangeCoreYour ArrangeCore implementation should also call ArrangeOverride on each child element, if it has child elements.

WPF のコアレベルの要素を派生させるシナリオでArrangeは、の動作は必要ありません (シャドウを使用しない場合はできません)。For WPF core-level element deriving scenarios, the behavior for Arrange should not (and cannot, unless you shadow) be changed. 代わりに、クラスでをArrangeCoreオーバーライドする必要があります。Instead, you should override ArrangeCore in your class. 実装は、既定の WPF Arrangeフレームワークレベルのレイアウト操作の一部として内部的に呼び出されます。 ArrangeCoreYour ArrangeCore implementation is called internally by Arrange as part of default WPF framework-level layout operations. ただし、これは、wpf フレームワークレベルのレイアウトとそのレイアウトシステムを使用していることを前提としています。これは多くの場合、 UIElement基本要素クラスから wpf コアレベルで要素を派生させる場合には当てはまりません。However, this assumes you are using WPF framework-level layout and its layout system, which is often not the case if you are specifically deriving elements at the WPF core-level from the UIElement base element class. 実装では、子Arrange要素がある場合は、各子要素に対してもを呼び出す必要があります。 ArrangeCoreYour ArrangeCore implementation should also call Arrange on each child element, if it has child elements. WPF のコアレベルのシナリオでは、シールFrameworkElement ArrangeCoreされているためFrameworkElement 、派生クラスを使用していないことを意味します。Note that the WPF core-level scenario implies that you are not using a FrameworkElement derived class, because FrameworkElement seals ArrangeCore.

Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)の WPF フレームワークレベルレイアウトの配置の計算はMeasure 、呼び出しとArrange呼び出しで構成されます。Computation of WPF framework-level layout positioning in Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) consists of a Measure call and an Arrange call. 呼び出し時に、指定された (availableSize) 引数を使用して、 Sizeレイアウトシステムによって要素のサイズ要件が決定されます。 MeasureDuring the Measure call, the layout system determines an element's size requirements using a provided Size (availableSize) argument. Arrange呼び出し中に、レイアウトシステムは、要素の境界ボックスのサイズと位置を終了します。During the Arrange call, the layout system finalizes the size and position of an element's bounding box. 詳細については、「Layout」 (レイアウト) を参照してください。For more information, see Layout.

availableSize0から無限大までの任意の数を指定できます。availableSize can be any number from zero to infinity. レイアウトされる要素は、パラメーターをSize availableSize通じて必要な最小値を返します。Elements to be laid out return the minimum Size they require through the availableSize parameter.

レイアウトが最初にインスタンス化されると、そのMeasure前にArrange常に呼び出しが返されます。When a layout is first instantiated, it always receives a Measure call before Arrange. ただし、最初のレイアウトパスのArrange後に、をMeasure指定せずに呼び出しを受け取ることがあります。これはArrange 、にのみ影響を与えるプロパティ (アラインメントなどArrange ) が変更された場合、または親がをMeasure使用せずにを受け取った場合に発生する可能性があります。However, after the first layout pass, it may receive an Arrange call without a Measure; this can happen when a property that affects only Arrange is changed (such as alignment), or when the parent receives an Arrange without a Measure. 呼び出しは自動的にArrange無効になります。 MeasureA Measure call will automatically invalidate an Arrange call.

レイアウトの更新は、通常、(レイアウトシステムによって決定された時間に) 非同期的に行われます。Layout updates generally occur asynchronously (at a time determined by the layout system). 要素には、要素のサイズ変更に影響を与えるプロパティの変更がWidthすぐに反映されない場合があります (など)。An element might not immediately reflect changes to properties that affect element sizing (such as Width).

注意

レイアウトの更新は、 UpdateLayoutメソッドを使用して強制的に行うことができます。ただし、通常は不要であり、パフォーマンスが低下する可能性があるため、この関数を呼び出すことは推奨されません。Layout updates can be forced by using the UpdateLayout method; however, calling this function is not recommended, as it is usually unnecessary and can cause poor performance. 多くの場合、をUpdateLayout呼び出すと、レイアウトシステムは既に更新を処理している可能性があります。In many situations where calling UpdateLayout might be appropriate, the layout system will probably already be processing updates. レイアウトシステムでは、パッケージの一部として必要なすべての更新を最適化できる方法でレイアウトの変更を処理できます。The layout system can process layout changes in a manner that can optimize all necessary updates as part of a package.

レイアウトシステムは、無効なレイアウトの2つの個別のMeasureキューを保持Arrangeします。1つはで、もう1つは用です。The layout system keeps two separate queues of invalid layouts, one for Measure and one for Arrange. レイアウトキューは、ビジュアルツリー内の要素の順序に基づいて並べ替えられます。The layout queue is sorted based upon the order of elements in the visual tree. ツリー内の上位にある要素は、親の繰り返し変更によって発生する冗長レイアウトを回避するために、キューの最上位にあります。Elements higher in the tree are at the top of the queue, in order to avoid redundant layouts caused by repeated changes in parents. 重複するエントリはキューから自動的に削除され、既に有効になっている場合は、要素がキューから自動的に削除されます。Duplicate entries are automatically removed from the queue, and elements are automatically removed from the queue if they are already valid.

レイアウトを更新するとMeasure 、キューは最初に空になりArrange 、その後にキューが続きます。When updating layout, the Measure queue is emptied first, followed by the Arrange queue. キュー内Arrange Measureに要素がある場合、キュー内の要素は配置されません。An element in the Arrange queue will never be arranged if there is an element in the Measure queue.

適用対象