UIElement.Clip UIElement.Clip UIElement.Clip UIElement.Clip Property

定義

要素内容の輪郭の定義に使用するジオメトリを取得または設定します。Gets or sets the geometry used to define the outline of the contents of an element. これは依存関係プロパティです。This is a dependency property.

public:
 property System::Windows::Media::Geometry ^ Clip { System::Windows::Media::Geometry ^ get(); void set(System::Windows::Media::Geometry ^ value); };
public System.Windows.Media.Geometry Clip { get; set; }
member this.Clip : System.Windows.Media.Geometry with get, set
Public Property Clip As Geometry

プロパティ値

クリッピング領域のサイズ設定に使用するジオメトリ。The geometry to be used for clipping area sizing. 既定値は null Geometry です。The default is a null Geometry.

この例は、フレームワーク要素を定義する方法を示しますClipリージョン。This example shows how to define a framework element's Clip region. クリップを定義するには、使用、 Geometry (たとえば、EllipseGeometry要素の設定にClipプロパティ。To define a clip, use a Geometry (for example, an EllipseGeometry to set the element's Clip property. ジオメトリの領域内にある、領域のみが表示されます。Only the area that is within the region of the geometry will be visible.

次の例は、Image要素が定義されているクリップ領域がないです。The following example shows an Image element without a defined clip region. クリップ領域が定義されていないため、イメージ全体が表示されます。Because no clip region is defined, the entire image is displayed.

<Image Source="sampleImages\Waterlilies.jpg" 
  Width="200" Height="150" HorizontalAlignment="Left" />

クリップ領域を適用する前にオブジェクトAn object before applying a clip region
クリップ地域のないイメージImage with No Clip Region

次の例と同一のイメージが作成された、定義済みのクリップ領域がある点が異なります。In the next example, an identical Image is created, except that it has a defined clip region. 領域内にあるイメージの一部のみ、EllipseGeometryが表示されます。Only the part of the image that is within the area the EllipseGeometry will be displayed.

<Image 
  Source="sampleImages\Waterlilies.jpg" 
  Width="200" Height="150" HorizontalAlignment="Left">
  <Image.Clip>
    <EllipseGeometry
      RadiusX="100"
      RadiusY="75"
      Center="100,75"/>
  </Image.Clip>
</Image>

クリップされたオブジェクトA clipped object
楕円のクリップ領域を持つイメージImage with an Elliptical Clip Region

次の例は、フレームワーク要素のアニメーション化する方法を示しています。Clipリージョン。The following example shows how animate a framework element's Clip region. この例で、EllipseGeometry楕円のクリップ領域を定義するために使用するImage要素。In this example, an EllipseGeometry is used to define an elliptical clip region for an Image element. APointAnimation楕円ジオメトリのアニメーション化Centerプロパティから (0, 0) に (200, 150)。A PointAnimation animates the ellipse geometry's Center property from (0, 0) to (200, 150). アニメーションは、イメージが読み込まれると、無期限に繰り返す後に再生を開始します。The animation starts playing after the image is loaded and repeats indefinitely.

<Image
  Source="sampleImages\Waterlilies.jpg" 
  Width="200" Height="150" HorizontalAlignment="Left">
  <Image.Clip>
    <EllipseGeometry x:Name="MyEllipseGeometry1"
      RadiusX="100"
      RadiusY="75"
      Center="100,75"/>
  </Image.Clip>
  <Image.Triggers>
    <EventTrigger RoutedEvent="Image.Loaded">
      <BeginStoryboard>
        <Storyboard>
          <PointAnimation 
            Storyboard.TargetName="MyEllipseGeometry1" 
            Storyboard.TargetProperty="(EllipseGeometry.Center)"
            From="0,0" To="200,150" Duration="0:0:3" RepeatBehavior="Forever" 
            AutoReverse="True" />
          </Storyboard>
      </BeginStoryboard>
    </EventTrigger>
  </Image.Triggers>
</Image> 

完全なサンプルは、次を参照してください。、クリップ領域のサンプルします。For the full sample, see the Clip Region Sample.

注釈

ジオメトリの外の要素は、レンダリングされたレイアウトで視覚的にクリップされます。Elements outside the geometry will be visually clipped in the rendered layout. ジオメトリを四角形にする必要はありません。The geometry does not have to be rectangular.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドです。Identifier field ClipProperty
メタデータのプロパティを設定するには trueMetadata properties set to true なしNone

適用対象

こちらもご覧ください